移り気な人とは何かをしっかり把握する、心理や特徴を踏まえた対処法


周りを見渡してみると、移り気な人もいるもの。自分自身のことだけを見て欲しいのに、いつの間にか他の人のことを気にしている男性や女性。振り回されるのは嫌ですが、何となく気に掛かってしまうタイプです。

そんな移り気な男性や女性ですが、思いのほか異性にモテる場合が多く、途切れることなく恋人がいる印象。移り気の意味といえば、興味の対象をいとも簡単に別のものに向けることです。こういった性質が、浮気者や薄情者といったネガティブなイメージ。

いざ付き合っている場合でも、そういった移り気な性格の人はトラブルを起こしがち。それが嫌で別れたいと思っても、やっぱり彼や彼女を前にすると魅力的に見え、好きならやはり別れられないことに。

ここでは、移り気な人とは何かをしっかり把握する、心理や特徴を踏まえた対処法を紹介しています。

 

 

 


ある意味の依存傾向も見られるところ、移り気な男性や女性の心理面


 

| 1.嫌がられる可能性も、危険を避けて複数の人にコンタクト

労を惜しまないという心理。特定の異性だけではなく、好きなひとは幅広く全般に渡っています。なので特定の異性以外にも好意をもち、自身がさみしがり屋のため労を惜しまず連絡をします。

一人の相手だけでは嫌がられる可能性も高いので、移り気なタイプは危険を避けて複数の人にコンタクト。

 

| 2.移り気な人の気持ちは、相手の生き様や人生観をも肯定

人間が好きという心理。目の前に10人の異性がいた場合、その中の7人とは上手くやっていけるという自信を持っています。

なので、いがみ合うことも少なく、実際に好きな人とは上手く付き合えます。こんな移り気な人の心情は、すぐに相手の生き様や人生観をも肯定することに。

 

| 3.複数の異性に対して、上手く依存を振り分けている状態

異性と一緒にいたいという心理。寂しがり屋が基本なので、ある意味では依存傾向も見られるところです。

自分自身も何となくそのことに気付いているので、複数の異性に対して上手く依存を振り分けている状態。寂しがりな部分を絶対的な安心感を持つ人が現れると、状態は落ち着いたものになるかも知れません。

 

 

 


純粋に異性と過ごすことが楽しいもの、移り気な男性や女性の特徴面


 

| 1.その幸せを感じるため恋をし続け、移り気になっていく

いつも誰かにをしているということ。移り気な男性や女性は、いわゆる恋愛に陥りやすい体質であるといえます。誰かに対して恋心を抱き、醒めたら次の人に恋をする、そんな状態になっているというもの。

恋をしてる状態が基本となっていて、その幸せを感じるため恋をし続け、移り気になっていきます。

 

| 2.人の長所を探す能力は、褒め上手ということにも繋がる

人の長所を見つけるのが得意ということ。恋愛に陥りやすい体質は、他人の良いところを見つける能力に長けているということも。

相手の良いところを見つけ好きになる、こんな状態を繰り返すので移り気になります。この人の長所を探す能力は、褒め上手ということにも繋がります。こんなところにも魅力の一端が。

 

| 3.失恋の後に別の異性と連絡を取れるような状況を維持して

失恋した後の立ち直りが早いということ。失恋をした際には、急激な悲しみや寂しさに襲われるもの。移り気な人は、その寂しさに対抗できるよう、普段からほかの異性とも遊び気持ちを紛らわせています。

つまり、失恋の後に別の異性と連絡を取れるような状況を維持しているので、失恋からの立ち直りも早くなることに。

 

 

 


心穏やかな付き合い方がしたいもの、移り気な恋人がいた場合の対処法


 

| 1.割り切った感情を始めから、精神的な疲れもあまりない

すべてを受け入れるということ。移り気な人の気が多い体質は、どう頑張ってみてもある程度は現れるもの。

なので、こんな人物なので仕方がないと、割り切った感情を始めから持っておく方が、精神的な疲れもあまりありません。そうしておけば、いくらか移り気な面が出たとしても、心穏やかに過ごせるもの。

 

| 2.手出しは許さないという雰囲気を盛り上げるのが効果的

堂々とした交際をするということ。付き合い方を堂々とすることで、周囲の警告にも繋がり、合わせて移り気な恋人の安心感にもなるもの。

また移り気な人に好意を持つ人も多いので、仲良くしたいと思う人が多いのも事実です。堂々とした交際で恋人への誘惑をシャットアウトし、手出しは許さないという雰囲気を盛り上げるのが効果的。

 

| 3.求愛の感情はストレートに出すと安定した交際ができます

愛情表現を多めにするということ。移り気な人は関心を持ってもらいたいというところがあるので、多めの愛情表現で恋人の気分を向上させます。

移り気なタイプは恋人に振られる恐怖や不安から、恋人以外の人に保険として意識を向けているのも事実。恋人の愛情表現が薄いと感じると不安が増すので、求愛の感情はストレートに出すと安定した交際ができます。

 

| 4.フォローする意味合いで、些細なことでも恋人を褒める

沢山褒めてあげるということ。人間として自信がないタイプに多いのが、移り気な人の特徴の一つ。そんな自信のないところをフォローする意味合いで、些細なことであっても恋人を褒めてあげること。

移り気な人は自分に自信がない分、より多くの依存先に安心感を得ようとするので、愛情表現だけではなく魅力的な部分を褒めるように意識。

 

| 5.恋人同士の過ごす時間が、濃密なものになること請け合い

恋人の趣味に興味を持つということ。移り気な人はできるだけ共感をしたり、一緒に楽しめる相手には好意を持ちやすいもの。特に自分の趣味に興味を抱いてくれる相手には、一層の好奇心と好意を持ちます。

移り気な人であっても、無趣味という人はそう多くないので、恋人同士の過ごす時間がより濃密なものになること請け合い。

 

 

 


自らを移り気な性格と自覚したとき、これからの将来に向け直す方法


 

| 1.不安感が生じやすいのも、自身の信頼感を信じ難いから

自らを信じるということ。自分自身を信じられない人間は、他人を信じることができないもの。周囲の人たちや恋人から、見捨てられるかもという不安感が生じやすいのも、相手が寄せている自身の信頼感を信じ難いから。

移り気な性格は悪いところばかりでなく、高いコミュニケーション能力は魅力的なので、人が寄ってきてくれると自身を持つようにします。

 

| 2.自信のなさを乗り越えて、移り気体質もある程度良くなる

コンプレックスに向き合い克服するということ。自信のなさに打ち勝っていけば、移り気体質もある程度良くなるとされています。

なので自身が抱え込んでいるコンプレックスを見つめ直し、克服していくのも効き目のある方法の一つ。移り気な人の場合、コンプレックスが克服できれば自信が持て、他人への依存度も改善されます。

 

| 3.映画鑑賞など、一人の時間を楽しめる趣味を見つけること

一人の時間を楽しむ努力をするということ。いつも誰かにかまって欲しいという気持ちがあるので、移り気になっているのは事実。

これを改善するためにも、読書や映画鑑賞など、一人の時間を楽しめる趣味を見つけることが大切です。一人の時間を楽しんで過ごせるようになれば、他の人に頼る必要性はそこまで感じなくなるもの。

 

| 4.リスク管理できれば、移り気な性格でも後悔は格段に減る

何事も未来をイメージしてから行動するということ。移り気な人は、段取りが悪い行動していることが多いもの。後先を考えないで興味を持つので、結果的に信頼関係が構築できなかったり、自らを大事に思ってくれる相手から見捨てられたりもします。

そうならない為にも、何事も未来をイメージしてから行動するようにします。リスク管理がちゃんとできれば、移り気な性格でも後悔は格段に減るもの。

移り気な心も引き寄せる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

いつの間にか他の人のことを気にして。ここでは、移り気な人とは何かをしっかり把握する、心理や特徴を踏まえた対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。