過去を引きずる人には傾向があるもの、注意深く克服していく対処策



身近なところにも、過去を引きずる人がいるもの。仕事だったりや恋愛面での小さな失敗を引きずりがち、そういった癖があるような人。

そんな過去を引きずる男がいたり過去を引きずる女がいたりしますが、その原因とされるのが自分に対する自信のなさと言われています。

もちろん自分自身に自信があれば、心の中で気持ちの整理ができるので、いつまでも過去を引きずるようなことはなく前を向き進んでいけるようになります。

こうした過去を引きずる性格を直したいという声も多々ありますが、生まれた時から過去を引き摺っている人など誰1人としていません。

そうした傾向は後天的に身に染み付いてしまったものなので、そんな悩みを解決できる道は必ずあります。

ここでは、過去を引きずる人には傾向があるもの、注意深く克服していく対処策を紹介しています。

 

 

 


過去を引きずる人には傾向があるもの、注意深く克服していく対処策


 

| 1.引きずっている気持ちを、実際に声に出すことが大切と

自らの気持ちを声に出すということ。人間は声に出すことで物事を事実認識しているところがあり、引きずっている気持ちを、実際に声に出すことが大切というもの。

更に人間は頭の中で思いを巡らせるほど、物事をネガティブに捉えるとされているので、実際に声に出すことで過去を引きずる気持ちも気付くことができます。

現実に自分自身の気持ちを声に出すことは、過去を引きずらないようにする上で不可欠とも言える、注意深く克服していく対処策の一つ。

 

| 2.自分の心の奥底に向かって問い掛けてみるというものです

本当はどうしたかったかを問い掛けるということ。気持ちを声に出した後は、本当はどうしたかったかと、自分の心の奥底に向かって問い掛けてみるというもの。

過去に起こった出来事は変えることはできませんが、引き摺っているのは感情で本当はどうしたかったかと問い掛けることで、受け止められるようになります。

どうしたかったかの主語は自分自身で、過去を引きずっている時ほど問いかけが大事になる、注意深く克服していく対処策の一つ。

 

| 3.これからやってくる未来に対して意識を向けていくという

これからどうしたいかを問い掛けるということ。自分自身の気持ちを振り返った後は、これからやってくる未来に対して意識を向けていくというもの。

どうしたかったかと問いかけた後は、これからどうしたいかをと問いかけることが重要で、主語を自分にすることで本当に望む選択をすることができます。

過去を引きずっている状態は文字通り意識が向いているということで、捉われていては現実は変わることはありません。

これからどうしたいかという問いかけは、過去を引きずることなく生きる上で不可欠となる、注意深く克服していく対処策の一つ。

 

| 4.自分と他の人との間にきちんと境界線線を引くというもの

自分は自分と考えるということ。この世の中には様ざまな価値観を持った人がいるので、自分と他の人との間にきちんと境界線線を引くというもの。

それぞれの価値観に、それは良いとか良くないなどと反応していれば、判断の渦に飲み込まれ執着することにもなりかねません。

他人の価値観は肯定や否定をしないで、そういう考え方もあると理解だけを示すのが過去を引きずることを避ける、注意深く克服していく対処策の一つ。

 

| 5.否定された気持ちになる、そういったことも日常生活では

素直になるということ。何かを他の人から言われた場合、否定された気持ちになる、そういったことも日常生活では良くあるもの。

そういった気持ちが湧き起こるのは自分の正しさに執着しているからで、過去を引きずってしまうことにもなりかねません。

自分が思う正しさは妄想かもしれず、素直になれば引き摺ることなく人生が楽になる、注意深く克服していく対処策の一つ。

 

 

 


過去を引きずる人には様ざまな点が見られるもの、注意したい特徴面


 

| 1.行動してしまい、後悔の気持ちを抱きやすいというもの

人に流されて行動しているということ。過去を引きずる人に多々見られるのが、周囲に流されて行動してしまい、後悔の気持ちを抱きやすいというもの。

その場では楽な気持ちで行動ができていても、後になってあの時こうすれば良かったと後悔することにもなりかねません。

小さなことであれ大きなことであれ、その場の雰囲気に流されるということは、過去を引きずりやすくなることにもなりかねません。

 

| 2.責める癖があり、そういった傾向になりやすいと言うもの

自分を責めがちということ。過去を引きずる人に見られるのが、自分で自分を責める癖があり、そういった傾向になりやすいと言うもの。

どうしてこんなことをしたとか全然自分は駄目など、自分自身を責めることが増えるほど、過去の行動を後悔することにもなりかねません。

こういった自分を責める癖を持つ人は、どうしても過去を引き摺ってしまうことにもなりかねません。

 

| 3.見られるのが、非常に思い込みが強いところがあるという

思い込みが強いということ。妄想とも言い換えられますが、過去を引きずる人に見られるのが、非常に思い込みが強いところがあるというもの。

その思い込みから下した判断が間違いだったなど、自虐だったり低評価など、自分で作り出しているということにもなりかねません。

無駄に思い込みから判断することで、執着を生み出してしまうことになり、過去を引きずってしまうことにもなりかねません。

 

| 4.上手くいかなかったらなど、失敗を恐れているというもの

失敗を恐れているということ。過去を引きずる人に良く見られるのが、間違えたらどうしようとか上手くいかなかったらなど、失敗を恐れているというもの。

こんな風に失敗を恐れていれば、自分自身が望む行動が取れなくなってしまうことにもなりかねません。

そうなれば、何もしないで現状維持を続けたり、周囲の人たちに流されかねず、失敗を恐れるほど後悔することにもなりかねません。

 

 

 


過去を引きずるのには原因があるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.自分自身の気持ちをどうしても押さえ込む様になるという

周囲の人の目を気にしているという心理状況。周囲の人たちにどう思われるかを気にすれば、自分自身の気持ちをどうしても押さえ込む様になるというもの。

無理して周りの人たちに合わせてしまったりと、良い人を演じてしまうことにもなりかねず、自分の気持ちに素直には行動できません。

そうした行動を続けていれば、その分だけ後悔の念が生まれやすくなり、過去を引きずりやすくなることにもなりかねません。

 

| 2.偽っている場合、過去を引きずりやすくなってしまうと

自らの気持ちを偽っているという心理状況。普段から自分自身の気持ちを偽っている場合、過去を引きずりやすくなってしまうというもの。

本当はこうしたかったなどと、自らの気持ちを偽ってしまえば後悔することが多くなることにもなりかねません。

仕事にしてもプライベートにしても、自分の気持ちを偽り続けていては良いことなど一つもありません。

 

| 3.ミスは許されないなど、完璧主義的なところがあるという

完璧主義という心理状況。過去を引きずる人に見られるのが、常にミスは許されないなど、完璧主義的なところがあるというもの。

完璧であれば善でそうでなければ悪という風に白黒で判断するので、後になって過去を引き摺ることにもなりかねません。

 

 

まとめ

その悩みを解決できる道は必ずあります。ここでは、過去を引きずる人には傾向があるもの、注意深く克服していく対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。