仕事がつまらないときもあるもの、策を講じて先に向かい進んでいく術



人生を過ごしていると、仕事がつまらないときもあるもの。今の仕事が面白くないとかやり甲斐を感じられないなど、毎日出勤するのが辛いという人もいます。

仕事がつまらない時はどうしたらいいですかという声も多くありますが、こうした理由で転職するのは不安が募り、踏み出す勇気が出ないということにもなりかねません。

もちろん新人でまだ仕事に慣れていないとかスキルが追いついていないなどの理由もあり、面白さを感じる余裕がないということもあります。

但し、ある程度の年月を務めても仕事がつまらないので辞めたいという声があるのも、一方では事実ということにもなりかねません。

人間は物事に意味を追い求めてしまうところがあり、仕事がつまらないと感じたらストレスが溜まることになり注意が必要です。

ここでは、仕事がつまらないときもあるもの、策を講じて先に向かい進んでいく術を紹介しています。

 

 

 


仕事がつまらないときもあるもの、策を講じて先に向かい進んでいく術


 

| 1.何をつまらないと思うのか理解する必要性があるという

先ずは自己の分析をするといったこと。仕事がつまらないときから抜け出すためには、先ずは己自身が何を楽しいと感じていて、何をつまらないと思うのか理解する必要性があるというもの。

自己分析というと大袈裟に感じるところですが、己自身が楽しいことだったりつまらないことを、順番にリスト化するようにします。

頭の中では理解しているつもりでも、文字に書き起せば新しい発見に繋がる、策を講じて先に向かい進んでいく術の一つ。

 

| 2.掲げ過ぎてしまうと、達成もできず自信喪失に陥る危険性

先ずは小さな目標設定するといったこと。結果を残そうとする時は目標設定が重要で、余りにも大きな目標を掲げ過ぎてしまうと、達成もできず自信喪失に陥る危険性があるもの。

はじめは、少し努力すればすぐに達成できそうな小さな目標設定が良く、できる限り短期的に成果計測でき、かつ数値で把握することができるものがポイントです。

小さな目標を順次達成していけば自信も抱けるようになり、更に大きな目標達成の意欲が湧いてくる、策を講じて先に向かい進んでいく術の一つ。

 

| 3.湧き起これば、周囲にいる同僚との距離も遠くなるという

競争ができるライバルを見つけるといったこと。仕事がつまらないときにネガティブな感情が湧き起これば、周囲にいる同僚との距離も遠くなるというもの。

それを解消する方法の一つが競争ができるライバルを見つけることで、良い意味のライバルは仕事への意欲を高めてくれる、策を講じて先に向かい進んでいく術の一つ。

負けたくないと思える相手がいれば、行っている仕事を観察するのが良く、己自身のスキルだったり能力を高めていく切っ掛けにもなります。

 

| 4.感じている人は、異常にプライドが高いところがあると

プライドを捨てて分からないことは順次尋ねるといったこと。仕事がつまらないときや楽しくないなど、そんな具合に感じている人は、異常にプライドが高いところがあるというもの。

己自身に合った仕事内容ではないと思っている人は、心の中で今している仕事を見下しながら、実際はこなすスキルや能力を持っていないこともあります。

そうした時は、己自身のプライドを捨て去り、謙虚になって知らないことは何でも尋ねるのが、策を講じて先に向かい進んでいく術の一つ。

 

| 5.関係あるものに捉えると、意欲を回復できる可能性もある

仕事を他人事にはしないといったこと。仕事がつまらないときを感じるケースでは、仕事を他人事にはせず己自身に関係あるものに捉えると、意欲を回復できる可能性もあるもの。

具体的には、勤務先の業界だったり業種での立ち位置や社会的意義などを調べて、己自身が就いている仕事を客観的に見るのが、策を講じて先に向かい進んでいく術の一つ。

そうすると、仕事の意味はもちろんのこと己なりの貢献法を見つけることができ、仕事へのモチベーションを向上させることができるかも知れません。

 

 

 


仕事がつまらない時は対処法が欲しくなるもの、覚えておきたい原因面


 

| 1.言えるのが、日常の生活を支えていくことにあるという

給料が低くて昇給もないといったこと。仕事をすることでの最大目的とも言えるのが、日常の生活を支えていくことにあるというもの。

給料が余りに低いというのは、生存の危機と言い替えれることで、仕事がつまらない時や職場が楽しくないと考える以前の問題にもなりかねません。

但し、給与水準がいくら低くても、その場での評価が非常に高かったり在職期間が長くなるなど、少しでもアップをすることがあれば、少しは意欲が湧き上がるかも知れません。

 

| 2.合う合わないなど人間関係の問題も必ず出て来てしまう

人間関係での問題があるといったこと。人間が集まるといったことは、合う合わないなど人間関係の問題も必ず出て来てしまうというもの。

仕事ともなれば学生の頃のみたいな人間関係から、組織というヒエラルキーが根本にある縦型の対人関係へと移ります。

特に問題となるのが上司との関係で、良好なら公正平等な評価も期待できますが、合わないときにはそれが逆転することも少なくありません。

 

| 3.個々の負担も増加して、残業や休日出勤などが多くなる

仕事量が多くて労働時間が長いといったこと。職場が人手不足のケースでは、個々の負担も増加して、残業や休日出勤などが多くなるというもの。

仕事が多過ぎれば生産性も低下するので、段々と気力や体力を奪われて、仕事がつまらないときといった状況が生まれることに繋がりかねません。

人間はロボットではないので仕事量に限界もあり、上手く人材の確保ができなければ、ブラック企業化することに繋がりかねません。

 

| 4.周りの人たちに認められることへ意味や価値を求めると

成長できる環境がないといったこと。人間には向上心があって現在よりも成長し、周りの人たちに認められることへ意味や価値を求めるというもの。

他の動物と違って承認欲求を持つ人間は、己自身の成長が感じられない環境下では、精神的にも大きなマイナス要因を覚えることにもなりかねません。

成長を感じることもできなければ、仕事がつまらないときや職場が楽しくないということに繋がりかねません。

 

 

 


仕事がつまらないときは様々な理由がある、注意しておきたい心理状態


 

| 1.当たり前に成果も残し難くなり評価も下がるというもの

自己肯定感が下がっているといった心理状態。仕事がつまらないときや楽しくないという気持ちを抱いたままでは、当たり前に成果も残し難くなり評価も下がるというもの。

仕事は生活の一部で人生の全でないと言っても、多くの時間を過ごしている職場の評価が下がることによって、自己肯定感が低くなり己自身を否定することに繋がりかねません。

 

| 2.距離を置くことになり、同僚との仲間意識も薄れていく

同僚との仲間意識が薄くなるといった心理状態。仕事に対してネガティブな感情を抱いているケースでは、職場の人たちと距離を置くことになり、同僚との仲間意識も薄れていくというもの。

そうなると、同僚に対しての仕事関連の言葉もどこか他人事にもなりかねず、仕事の熱意の薄い人物といったイメージが広がりかねません。

 

| 3.スキル等も身に付かず、なかなか人間的に成長ができない

スキルが身に付かないといった心理状態。仕事がつまらないときの感情を引き摺ったままでは、必要なスキル等も身に付かず、なかなか人間的に成長ができないというもの。

スキルを身に付てけ新しいことにチャレンジしたいといった向上心も持てず、必要最低限の仕事をするだけで毎日を過ごすということに繋がりかねません。

 

 

 

まとめ

出勤するのが辛いという人々もいます。ここでは、仕事がつまらないときもあるもの、策を講じて先に向かい進んでいく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。