焦燥感に駆られるのはどんなとき、人生にゆとりを持つための対処法


日常生活のなかで何もかもが上手くいかず、焦燥感に駆られることもあるもの。焦燥感の読み方はしょうそうかんで、焦って苛立っている状態を表します。文字通り思うままの結果を得られず、落ち着かない状態の焦ると、苛立つという意味の燥を合わせた言葉です。

この焦燥感にかられるていると、自分に余裕がないので大切なことが見えず、大きな失敗に繋がることもあるもの。更に焦りは不安を伴い、物事になかなか踏み出せなかったり、何かにつけ八つ当たりしたりということにもなります。

焦燥感に苛まれることが続けば、うつの症状が出ることもあり注意が必要。ここでは、焦燥感に駆られるのはどんなとき、人生にゆとりを持つための対処法を紹介しています。

 

 

 


周りの人にも注意を払いたい、焦燥感に駆られたときに見られる状態面


 

| 1.義務がすべて自身にのしかかり、焦燥感に駆られるシーン

集中力が低下するという状態。焦燥感に駆られると集中する力が低下してしまい、無駄に過ごす時間が増えてしまうもの。責任が重い仕事をしている人のケースでは、その義務がすべて自身にのしかかり、焦燥感に駆られるシーンが多くみられます。

焦りや苛立ちを感じると、そのことで頭が一杯になってしまい、仕事面に悪影響を及ぼしてしまいます。新しい仕事が出来たとしてもクオリティが低くなりがちで、やり直すことになりかねません。

 

| 2.焦ってしまい適当な判断で済ませてしまうことも良くある

冷静な判断ができないという状態。焦燥感に駆られると、落ち着いて物事を考えることができなくなるのも見られることの一つ。仕事の期限が迫っているプレッシャーを感じる状況では、焦ってしまい適当な判断で済ませてしまうことも良くあること。

焦った状況で正しい判断ができないまま、無理やりに推し進めてしまうと、大幅なやり直しなどが生じることがあります。そうなると無駄な時間を過ごしてしまう原因にもなるので、注意深い対応が必要になります。

 

| 3.些細な言動が気になったり、傷つけるような言葉を言う

怒りっぽくなるという状態。焦燥感に駆られたときの様子のの一つに、短気で怒りっぽくなることが挙げられます。不安や焦りを感じるとゆとりがなくなり、他の人の些細な言動が気になったり、傷つけるような言葉を言うこともあるもの。

そういったことは、人間関係に対して大きな悪影響を及ぼす可能性があります。自分自身が現在どういう風な気持ちなのかを、客観的に見る癖をつけることが大切。

 

 

 


精神面に大きな影響があるのを知っておく、焦燥感に駆られる原因面


 

| 1.時間不足を感じてしまい、自然に自らを追い込んでしまう

時間的余裕がないということ。焦燥感に駆られる原因面の一つにあるのが、時間に追われているというもの。

特に色々な期限が迫っている場合に感じやすく、頑張っているのに思うような結果が出ないと更に焦ってしまいます。すべきことが沢山あると時間不足を感じてしまい、自然に自らを追い込んでしまうことに。

 

| 2.周囲がそうしているからと、自身の行動を同じようにする

同年代などの他人と比較しがちということ。他者と比べてしまうことで、劣等感から不安や焦りを感じてしまうもの。

周囲がそうしているからと、自身の行動を同じようにすることは、最終的に自らのためにもなりません。自分を嫌いになるより他の人を意識する際は、自らがどうしたいのかを考えることが大切。

 

| 3.いつまでも自身の仕事に満足できず、更に焦燥感が募る

完全主義過ぎるということ。物事を完璧にする努力は目覚ましいものですが、完全主義過ぎると自らを追い込んで焦燥感に繋がります。

この程度で充分という判断ができないので、いつまでも自身の仕事に満足できず、更に焦燥感が募ってしまうことに。

また、完全を追求する人は、取り組む以前にあれこれ頭の中で考えてしまい、結果的として動けなかったということにもなりがち。

 

| 4.気持ちに余裕がない場合は、他者の些細な言動が気になる

心にゆとりを持てないということ。自分の心に余裕がないということも、焦燥感に駆られる原因の一つになるもの。自分自身のことで頭が一杯になっていると、家族や恋人と過ごす時間を後回しにしてしまうことに。

心にゆとりがあれば受け流すことができていても、気持ちに余裕がない場合は、他者の些細な言動が気になります。

 

| 5.裏側には不安障害など精神疾患が隠れているかも知れない

激しい不安感が襲うということ。あまりに焦燥感が強いときは、うつ病である可能性も高いとされています。

長期間イライラが続いていたり、嫌なことを思い続けていたり、そんな裏側には不安障害など精神疾患が隠れているかも知れません。休養をとっても不安症状から逃れらないときは、専門医を訪れ相談してみます。

 

 

 


不安や気懸かりは避けられないもの、焦燥感を緩和するための対処法


 

| 1.焦燥感に駆られないためには余裕を持って行動すること

ゆとりを持って行動するということ。当たり前と言えば当然のことですが、焦燥感に駆られないためには余裕を持って行動することが大切。

例を挙げると、期日が設けられている仕事は、数日前に自身の期限を決め進めることで、ゆとりができ焦ることも少なくなります。また何処かへ出掛ける際は、目的地までのルートなどを事前に調べておくと焦ることはありません。

 

| 2.軽減するためには他者ではなく、自らを中心に考えること

他者と比べないということ。他人と比較することで、自分自身との差を感じ焦燥感に駆られてしまうもの。

ただ他者と競り合っても自分の状況は変わらないので、すべきことに没頭すれば焦る必要もなくなります。焦燥感を軽減するためには他者ではなく、自らを中心に考えることがポイント。

 

| 3.オンとオフをきちんと切り替え、仕事の効率を向上させる

休日には仕事のことを考えないということ。焦燥感に駆られた状態が続くと、体に支障が生じることもあるので、休日は仕事のことを忘れリフレッシュ。

好きなことに打ち込んだり、友人や恋人との時間を楽しんだりすると、焦っていた事柄が気にならなくなるもの。なので、オンとオフをきちんと切り替えると、結果的として仕事の効率を向上させる効果もあります。

 

| 4.感じるほど、冷静になり落ち着ける時間を持つ工夫が大切

自分自身のために時間を使うということ。焦燥感を感じたときには、美味しいものを食べたり、読書をしたりと自身の好きなことをしてみます。

追い詰められた状況では、良い成果を出すことはできないので、自らの時間を意識的に持つと仕事もはかどります。焦燥感を強く感じれば感じるほど、冷静になり落ち着ける時間を持つ工夫が大切。

 

| 5.焦燥感に駆られた際、生活習慣を再検討した方が吉とでる

生活習慣を見直すということ。焦燥感に駆られた際は、生活習慣を再検討した方が多くの場合とでるもの。深夜まで起きていることが多ければ、睡眠不足になっていたり、好きなものだけ食べるような生活は、身体だけでなく心にも悪影響が出ます。

日々のサイクルをきちんとして生活の質を向上させると、体調にも良くストレスも減り焦りや苛立ちも解消されます。

 

引き寄せで焦燥感を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

文字通り思うままの結果を得られないこともあるもの。ここでは、焦燥感に駆られるのはどんなとき、人生にゆとりを持つための対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。