良い生活リズムを維持したいもの、原因を把握し悪循環を断ち切る方法


日々の生活を送っていると、悪循環に陥ってしまうこともあるもの。せっかく好循環の安定したリズムで過ごしていても、ほんの少しの外的要因により簡単に崩れさります。

例を挙げると、忙しい時期にさしかかり仕事量が急に増えたり、突発的な予定が入り寝るのが遅くなって、寝不足のまま仕事にいくなど。悪循環要因はあちこちで陥る危険があり、たやすく負のスパイラルともいうべき状態に巻き込まれてしまうことになります。

一旦悪循環に嵌まってしまうと抜け出すことは困難で、夜更かしをはじめ長時間残業や疲労蓄積、睡眠不足などまるで下りエスカレーターに乗っているような状態に。

問題となるのは始めから乱れないように構えるのではなく、現状に振り回されないよう乱れた際すぐに立ち直れるかで、結果的に全く違ったものになります。

ここでは、良い生活リズムを維持したいもの、原因を把握し悪循環を断ち切る方法を紹介しています。

 

 

 


足りないものに意識が向きがち、知っておきたい悪循環に陥る原因面


 

| 1.何日も落ち込んだり寝るまで考え込んでりする、悪循環に

仕事上での問題ということ。仕事が上手くいかない場合、日常生活でも支障が生じることがあります。会社で思うように通らない企画があったり、結果に繋がらないことがあったり、大きな失敗をするなど、さまざまな問題があるもの。

割り切れない気持ちを切り替えることができないで、何日も落ち込んだり寝るまで考え込んでしまったりすると、悪循環に陥る可能性が大。

 

| 2.上手くいきそうにないと感じたらやり方を変更したりする

軌道修正ができないということ。悪循環に陥る一途になった時は、適切に軌道修正をしなくてはならないもの。上手くいきそうにないと感じたらやり方を変更したり、後に影響しそうなミスを発見した際はその場でリカバーしたりします。

問題が小さなときから微調整などをしないままにしておくと、事態が後の祭りとなり手に負えない悪循環が完成ということに。

 

| 3.関わりたくないなど、マイナス感情が芽生え悪循環に陥る

人間関係の悪化ということ。人間が生きていく中で、切っても切れないものが人間関係ということになるもの。周りの人たちとの関係が良好なときは、自身が必要とされていると感じ多幸感に包まれます。

反対に、人と上手く付き合えず悪化した場合、あの人物と関わりたくないなど、マイナス感情が芽生え悪循環に陥りやすくなります。

 

| 4.マニュアル通りで柔軟な対応ができず事態を悪化させる

完璧に固執してしまうということ。悪循環に陥りがちな人物というのは、完璧主義的で拘り過ぎるので、抜け出せなくなるもの。本来であれば当初予定を変更した方が良いような状況でも、どうにか計画を押し通そうとしたり、マニュアル通りで柔軟な対応ができず事態を悪化させます。

ほかにも意地でも周りの助けを借りずに一人で解決しようとしたり、生真面目な性格ほど悪循環に陥ってしまうことがあります。

 

| 5.収入のために無理に残業を増やした末、ストレスで身体が

金銭面での不安ということ。人間というものは金銭的な余裕がないと、同じ様に心のゆとりも失くしてしまうもの。出費が多かったり、収入が少なかったりと金銭面に不安がある場合、負のスパイラルに陥りやすくなります。

収入のために無理に残業を増やした末、ストレスや疲労で身体が擦り切れて、最後は働くことができなくなり、収入が減るという悪循環に陥ることも。

 

| 6.勇気ある決断がない、悪循環から脱出することは出来ない

変革に踏み切れないということ。悪循環が生じつつあるという場合、取り掛かっていることを切り捨てたり、思い切った改革が必要なことがあるもの。

しかし、消極的な性格が邪魔をして、変革に踏み切れず事態の悪化を止めることができなくなることに。方針や方法の転換は迷走の原因にもなりますが、勇気ある決断がなければ悪循環から脱出することは出来ません。

 

 

 

 

 


今日からできる対策としても良いもの、早々に悪循環から抜け出す方法


 

| 1.自身を異なる視点から再確認することができ、早々に脱出

新しいことを始めてみるということ。目新しいことを始めると、いつもとは違う新鮮な気持ちや、心踊る気分になるもの。普段と違う道を通ってみたり、これまでと違う趣味を見付けたりするなど、些細なことで大丈夫です。

変化を行動に付けることで、新しい感じ方があったり、自身を異なる視点から再確認することができ、早々に悪循環から脱出できます。

 

| 2.掃除をすると、沈みがちな気持ちを明るくする効き目が

身の廻りの整理をするということ。日々過ごしている自室が散らかっていれば、気持ちも沈んでしまうもの。掃除をすると胸がすっとするだけでなく、沈みがちな気持ちを明るくする効き目があります。

悪循環を抜け出るためには、自身の心の整理も大切ですが、身の廻りの整理をするのが気分転換にもなり良い対応策の一つ。

 

| 3.ないものでなく自身が持っているものに着眼点を変える

良い事柄にだけ意識を向けるということ。人間は良い物事よりも悪い物事に、意識を向けてしまう傾向があるもの。悪循環から免れるためには、マイナスな事柄よりもプラスの事柄を意識しながら生活することがポイント。

これはして貰えなかったことでなく相手がしてくれたこと、ないものでなく自身が持っているものに着眼点を変えるだけ。要は小さな幸せを発見するをつけること。

 

| 4.気持ちも沈みがち、生活も締りのないだらしないものに

有酸素運動をして、ストレスを発散するということ。悪循環に陥っていることを察知したら、体を動かしストレス発散するのが大切。運動不足などで身体が重く感じると、気持ちも沈みがちになり、毎日の生活も締りのないだらしないものに。

運動に対して苦手意識がある人は、カラオケにいき思いっきり叫んだりと、普段の鬱憤を発散させます。

 

| 5.一人暮らしで自由がきけば、心機一転して引っ越しする

自らの環境を変えるということ。人間関係を整理したり、転職したりと身の周りの環境を変えることは、これまでのストレスから開放される切っ掛けになるもの。

部屋を模様替えするのもリフレッシュできますし、一人暮らしで自由がきけば、心機一転して引っ越しするのも方法の一つ。悪循環の原因が人間関係や仕事なら、その環境を丸ごと変えてしまうのも考えたいところ。

 

| 6.立ち直れないほどの失敗も、自らの人生ではプラスになる

過去にあった失敗から学び、次に活かすということ。失敗は誰にでもありますが、大事なのは同じ失敗を繰り返さないように、原因と対策を考えること。

過去の失敗経験を活かして行動できれば、立ち直れないほどの失敗も、自らの人生ではプラスになるもの。こんな風にポジティブ思考ができれば、自身の成長にも繋がりますし、悪循環も断ち切れることになります。

 

 

 


自己否定しがちな人はぜひ試してみたい、具体的な悪循環からの脱出法


 

一門の人物になりたいけど、成れていない自分があるもの。これは本気を出していないだけと続きます。でも、それが本当は言い訳なのは判っているのも自分自身。そしてこんな自分が嫌いだと自己否定の悪循環に陥ってしまうことに。

これには、自らの短所を整理することで、上手く付き合えるようになる方法が存在します。それは、以下の通りで後述に例題を上げて説明します。

 

①ワンフレーズで短所をリストアップ
②その短所のどこの部分が、最も自己否定してしまう要点なのか掘り下げる
③その短所の良いところを無理やりに探し出す
④その良いところをワンフレーズにまとめる
⑤そてを踏まえた上で、②の自己否定をしなくなるには何をすれば良いかまとめる

 

| 1.視野が広いこと、正しいかどうかは死ぬ時まで分からない

 

いい加減ということ
②優柔不断で決めることが出来ず、何もできないところ
③胸の内に沢山の選択肢が浮かぶ
視野が広いということ
⑤5選択が正しいかどうかは、死ぬ時まで分からないと割り切って、期日を設けすることを選ぶ

 

| 2.気配りが上手、アクシデントが発生した時は他の人を優先

 

神経質ということ
②寛容になれないず、心が狭いところ
③小さな細かいところまで気が付く
気配りが上手ということ
⑤アクシデントが発生した時など、そんなことより大丈夫ですかと他の人を優先する

 

| 3.凄く伸びしろがある、成果自体を心の支えにしないこと

 

自分がないということ
②焦燥感に駆られてしまうところ
③自分は自由で、真っ白の状態
④凄く伸びしろがあるということ
⑤成果自体を心の支えにしないで、自分自身だけの心の拠り所を持つ

引き寄せで悪循環を断ち切る。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

悪循環に嵌まると抜け出すことは困難。ここでは、良い生活リズムを維持したいもの、原因を把握し悪循環を断ち切る方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。