現実と向き合って考えるもの、歩み寄り方が分からない人の対処方法


日常生活を送っていると、歩み寄りをしなければいけないこともあります。理想や目標に向かって突き進んでいくのは大事なことですが、ときには他の人との折り合いをつけていかなくてはなりません。

もちろん仕事にしても恋愛にしてもそうですが、例え夫婦の間柄であっても互いの意見が衝突した時に必要なのは、落とし所を上手に見つけ歩み寄ること。

自らが努力をして実現可能なことなら、妥協しないで初志貫徹を貫けばいいですが、どんなに頑張っても届かない事柄なら、目標を変え歩み寄るのも大切なこと。人間関係も同様で、歩み寄ることで好転することも珍しくありません。

ただ安易に妥協するのは考えもので、どうしても譲れないことは手放さないようにすることがポイントです。ここでは、現実と向き合って考えるもの、歩み寄り方が分からない人の対処方法を紹介しています。

 

 

 


妥協点を見つけるのが不得手なもの、歩み寄りができない人の特徴面


 

| 1.引き受けた事は絶対に失敗できない、そんな意識になる

責任感が強く、妥協点が探れないタイプ。責任感が強過ぎる人も、歩み寄りができない人の一つの特徴です。

責任感が強いのは大事なことですが、引き受けた事は絶対に失敗できない、そんな意識になると自らが疲れるだけでなく、周りにも妥協を許しません。

 

| 2.求められる以上の要点を追加し、称賛されようとする傾向

高い理想を持っているタイプ。初めから満点のものを出そうとしたり、求められる以上の要点を追加し、称賛されようとする傾向が見られるもの。

高く目標を掲げ努力する、向上心と生真面目さは評価されるものですが、歩み寄るところがないほど頑張り過ぎるのは考えものです。

 

| 3.失敗を必要以上に怖がり慎重になり過ぎると、機会を失う

失敗することを恐れているというタイプ。与えられた役目で失敗することを怖がり過ぎる人も、歩み寄りができない人というもの。

人間は誰しも、成功と失敗を繰り返して成長します。なのに、失敗を必要以上に怖がり慎重になり過ぎると、成長の機会を失うことになります。

 

| 4.他者の評価ばかり気にし過ぎて、歩み寄りもできない状態

自意識過剰で、他者の評価が常に気になるタイプ。周囲からどう評価されているか気になるのは、多かれ少なかれ誰しもが感じるもの。

ただ、これがエスカレートし、他者の評価ばかり気にし過ぎて、歩み寄りもできない状態になると心身に良いとは言えません。

 

| 5.役目を完璧にこなす自分自身、奮闘する自分が好きなもの

自己愛が強いというタイプ。自己愛が強い人物は、役目を完璧にこなす自分自身や、そのために奮闘する自分が好きなもの。

自意識過剰というのは他者の目を気にするタイプですが、自己愛が強い人というのは自ら自己観察し、完璧に仕上がっている自分に酔うタイプ。

 

 

 


歩み寄りたいのとは裏腹な態度も多くなる、夫婦間に見る際立つところ


 

| 1.誕生日など色々ある中で、忘れられる多くが結婚記念日

結婚記念日を尋ねられても瞬時に答えられないということ。日々忙しいと家庭内の細いことを忘れてしまうことがあるもの。相手の誕生日など色々ある中で、忘れられる多くのものが結婚記念日です。

特に女性のケースでは、自ら大切にされていないと感じて、歩み寄れなくなってしまうので注意したいところ。

 

| 2.奥さんが褒められた際、旦那の方がそんなことないですよ

周りの人たちがパートナーを褒めても、本気になって否定するということ。夫婦であれば照れ臭いのか、周りの人が言ったことに異議を唱える傾向があるもの。

特に、奥さんが褒められた際、旦那の方がそんなことないですよと言ってしまうパターン。照れ隠しのことが多いようですが、奥さんからすると悲しいもので、自分が必要とされていないと感じ、歩み寄れなくなることに。

 

| 3.一緒に暮らしているだけの人となってしまい注意が必要

家庭で一緒にいても、ほとんど会話がないということ。自分のことばかりを考えていると、相手に対してコミュニケーションが疎かになるもの。

コミュニケーションが減り会話がなくなると、特段楽しいこともなく夫婦関係は白けたものになります。相手に興味を抱くことがほとんどなくなり、歩み寄れずただ一緒に暮らしているだけの人となってしまうので注意が必要。

 

| 4.結果として歩み寄れず、最悪の結末になってしまうこと

周りの人にパートナーを見下すような発言をするということ。特に旦那側の場合、自身が家庭の中心に居たいと思いから、高圧的な態度をとるもの。一緒に歩いている時でさえ、周り対しパートナーを見下すような発言をしたりしています。

奥さんにしてみれば否定され続けると、心を閉ざしてしまいたくなります。結果として歩み寄れず、最悪の結末になってしまうので注意が必要。

 

| 5.お互い家に帰らないで遊んでばかり、夫婦仲は最悪の展開

常日頃から夫婦喧嘩が絶えないということ。日々喧嘩を繰り返してしてしまうと、相応のストレスが蓄積してしまうもの。段々と家に帰るのが嫌になり、毎日のように寄り道をしてしまうことも。

お互い家に帰らないで遊んでばかりいると、夫婦仲は最悪の展開に。パートナーより相性の良い相手に出会うこともあり、近くにいなくても良いと感じ、歩み寄れず心が離れてしまいます。

 

 

 


妥協点を見出すことも大事、人との付き合い方に見る歩み寄りの姿勢


 

| 1.人間関係、長い付き合いの間には違和感を感じたりもする

人間関係における歩み寄り。自らの心でさえ思い通りに制御できないので、他の人の心や行動を思うように制御するのは絶対に不可能。

当初は気の合う相手と思っていても、長い付き合いの間には違和感を感じたりもするもの。人間関係には歩み寄りが大切なこと。

 

| 2.現実ではない、恋愛は理想通りにいかないと歩み寄ること

恋愛における歩み寄り。まだ恋愛経験がない10代前半の頃は、お伽噺に出てくる白馬に乗った王子様に憧れる女性も多いもの。

でも、現実に男性との付き合いが始まると、思い描いていた理想は現実ではないと気づき、恋愛は理想通りにいかないと歩み寄る人がほとんど。

 

| 3.結局は条件的なものを下げ、歩み寄って結婚相手を探す

結婚における歩み寄り。理想的な結婚相手が目の前に現れることは嬉しいものの、現実的にはなかなかそうは問屋が卸さないもの。

理想通りの相手に出会うことも難しく、結局は条件的なものを下げ、歩み寄って結婚相手を探す人も多くいます。

 

| 4.結婚生活が長期間に、子供が生まれたりすると関係は変化

家族との関係における歩み寄り。本の中に登場する、いつも幸せで互いに愛し合っている、理想的な家族像を実現するのは非常に難しいこと。

新婚当初は愛し合う夫婦でも、結婚生活が長期間に渡ったり、子供が生まれたりすると関係は変化します。家族の関係はいつも上手くいくとは限らないと歩み寄ることで、よりよい家族になれるというもの。

 

| 5.自身が産んだ子でも、全てを制御することはできません

子供に関する歩み寄り。子供に関して妥協はつきもので、自身が産んだ子であっても、全てを制御することはできません。

育児をするなかで、自分の思い通りに子供がならず、ストレスを溜めたり、感情的になったりと歩み寄りながら生活をします。

 

 

 


妥協点を探ることも人生には重要なこと、自分自身への歩み寄りの方法


 

| 1.理想を追い求めるに際して歩み寄りはしなければならない

理想の追及における歩み寄り。思い描く理想がロマンチックであればあるほど、現世でそれを完璧に実現するのは不可能。

幼い頃から抱いていた理想が実現できないことに気づくと一時的に衝撃をうけますが、理想を追い求めるに際しても歩み寄りはしなければならないもの。

 

| 2.現実に就職活動を始めてみると思いのほかハードルが高く

就活における歩み寄り。就職活動を始めるまでは、新卒でも高収入を貰える大手企業しか就職したくないと思いがちなもの。

現実に就職活動を始めてみると思いのほかハードルが高く、本命企業から不採用通知ばかり届き、自らを採用してくれる企業優先と歩み寄ることに。

 

| 3.希望するような仕事はさせてもらえず、思うことと違うと

仕事における歩み寄り。例えこの職種で働きたいという職業に就けたとしても、楽しいことばかりがある訳ではありません。

当初は自身の希望するような仕事はさせてもらえず、思うことと違うと感じるもの。そんな現実に向き合いながら、生活のためにと歩み寄ることに。

 

| 4.より現実味を帯びた安定した生活など、安全な選択肢を

人生の岐路における歩み寄り。例えば誰といつ結婚するのかや、海外赴任の話を受諾するかどうかなどが、一般的な人生の岐路として考えられるもの。

理想を追求してリアリティに欠けた選択肢を選ぶより、より現実味を帯びた安定した生活など、安全な選択肢を歩み寄って選ぶ人も多いはず。

 

| 5.完璧な自己実現はできないと悟り、できる範囲内となる

自己実現に関する歩み寄り。自己実現というのは、こんな自分自身になりたいという、自らの夢や目標を実現すること。

若い頃は将来に色々な夢を描いていた人でも、社会で多くの経験を積み、完璧な自己実現はできないと悟り、できる範囲内と歩み寄ることになります。

引き寄せの法則で歩み寄る。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

意見が衝突した時に必要なのは落とし所。ここでは、現実と向き合って考えるもの、歩み寄り方が分からない人の対処方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。