痛々しい人は照れくさいもの、言われないように心掛けていく対処策



身近なところにも、痛々しい人がいるもの。周囲の人たちに痛い人と囁かれてしまう、そんな痛々しい女性や男性がいます。

ここでの痛々しいとは、もちろん物理的なものではなく、心理的に居ても立ってもいられない心の痛さを表します。

その痛い言動は、多くの場合本人は気付いておらず、周りの人たちが引いているのが困っってしまうということにもなりかねません。

痛々しい芸能人と呼ばれる人もいますが、多くの場合は自分が大好きなナルシスト傾向があり、空気をまったく読まない発言をする人を指します。

なので、痛々しいと言われることのないよう注意する、そうしたことが先々必要になることにもなりかねません。

ここでは、痛々しい人は照れくさいもの、言われないように心掛けていく対処策を紹介しています。

 

 

 


痛々しい人は照れくさいもの、言われないように心掛けていく対処策


 

| 1.先ず最初に気を付けたいのが、周りの人たちの視線という

周りの人たちにどう見られているかを気に掛けるといったこと。痛々しい人と恥ずかしい思いをしないよう、先ず最初に気を付けたいのが、周りの人たちの視線というもの。

悪気などは無いとしても、何かに集中している最中だったり結果を急ぐ際は、つい周りの人たちを蔑ろにしてしまう態度に繋がりかねません。

己では大したことはないと思っていても、一旦落ちた評判は簡単には変わらず、自己中心的でないか考えて行動するのが、言われないように心掛けていく対処策の一つ。

 

| 2.知らないうちに本来の己自身を見失ってしまうことがある

謙虚な姿勢は忘れないといったこと。仕事に慣れてきたり昇進して部下ができたりすることにより、知らないうちに本来の己自身を見失ってしまうことがあるというもの。

横柄な態度を他の人に向けて取ったり、自慢話を繰り返してしまうなど、痛々しい人と恥ずかしい思いをすることもあるかも知れません。

そういった時にこそ、謙虚な姿勢は忘れないようにして、相手をリスペクトする気持ちを持つのが、言われないように心掛けていく対処策の一つ。

 

| 3.価値観を持つ人たちと交流し、学びを得ることも大事と

多様な人たちとコミュニケーションを取るといったこと。痛々しい人と恥ずかしい思いをしない、そうしていくためには多様な価値観を持つ人たちと交流し、学びを得ることも大事というもの。

こういうところは参考にしようという感じで、周りの人たちを良く観察するようにし、ファッションだったり動作など常識を身に付けるようにします。

痛々しい人と判断されてしまう原因は内面だけでなく、ファッションやヘアスタイルに持ち物など外観も重要な、言われないように心掛けていく対処策の一つ。

 

| 4.客観視できなくなれば、痛々しい人になってしまうという

常に己自身を客観視する癖をつけるといったこと。自慢話ばかりしていないかなど、己自身を客観視できなくなれば、痛々しい人になってしまうというもの。

他者と話すときは、己自身の話したい内容ばかりでなく、相手の反応をよく伺い話題を選ぶのが、言われないように心掛けていく対処策の一つ。

周りの人たちに痛々しい人と思われないよう、己自身の発言を客観的に振り返るのは無論のこと、視点を切り換える癖を付けるよう心掛けます。

 

| 5.1人くらいは痛々しい男や痛々しい女と呼ばれる人がいる

周囲にいる痛々しい人を反面教師にするといったこと。職場などの身の回りには、必ず1人くらいは痛々しい男や痛々しい女と呼ばれる人がいるもの。

その人たちのどういう部分が痛々しいと言われているのかなど、詳しくチェックし思い返してみるのも、言われないように心掛けていく対処策の一つ。

ファッションや言動をはじめSNSでの内容かも知れず、よく分析して同じ過ちはしないよう心に刻んでいきます。

 

 

 


痛々しい人には様々な点が見られるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.客観視することができず、認定されてしまうこともある

主観的に物事を見がちといったこと。痛々しい人に良く見られるのが、己自身を客観視することができず、認定されてしまうこともあるというもの。

痛々しい人とされるのは、他人からの評価ということなので、本人は自覚をしていない状態が通常の姿ということになりかねません。

物事を主観で判断する傾向があるので、場にそぐわない行動をしたり、独善的な発言をし嫌われることに繋がりかねません。

 

| 2.過去の栄光など、見せつけるようにアピールをするという

自分語りが多いといったこと。痛々しい人で恥ずかしい思いになるのが、己自身の自慢話や過去の栄光など、見せつけるようにアピールをするというもの。

話題の提供をするため己自身のことを話したり、互いを良く知るために過去の思い出話を出すことは悪い訳ではありません。

但し、これ見よがしに自慢を繰り返したり、いつまでも過去の栄光に縋る人は、痛々しい人に思われてしまうことになりかねません。

 

| 3.年齢に相応しくない言動をする、そんなことが頻繁にある

苦労した経験を持たないといったこと。痛々しい人に多く見られるのが、年齢に相応しくない言動をする、そんなことが頻繁にあるというもの。

挫折を体験した人や難局を乗り越えてきた人は、それなりに精神的に成熟していて広い視野を得ています。

但し、逆境に立ち向かったこともなく苦労を避けてきた人は、怠け癖などが根付いてしまっていることに疑いはありません。

 

| 4.年齢は非常に若く、結果として相応しくないファッション

年齢に相応しくないようなファッションをするといったこと。痛々しい人は精神年齢が低い傾向にあり、己自身が設定している見た目年齢は非常に若く、結果として相応しくないファッションというもの。

周りの人たちの反応などは全く気にしないので、己自身が若い頃に流行ったような時代遅れの服を着て、意気揚々と外に出掛けたりします

 

 

 


痛々しいと言われたこともあるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.その場の空気などを全然考えないで主義主張を貫こうと

場の空気を読まないといった心理状態。痛々しい人に見られる典型的パターンが、その場の空気などを全然考えないで主義主張を貫こうというもの。

それが筋が通った主張なら良いのですが、痛々しい人は己自身のことしか考えないので、都合良いように主張することがほとんどです。

相手が帰ろうとしても延々と話し続けたり、皆が急いでいる時に己自身の用事をするマイペース行動も目立ちます。

 

| 2.投稿したりと、己自身が目立つような行動が大好きという

目立ちたがりといった心理状態。痛々しい人は人前に出たりとか頻繁にsnsに投稿したりと、己自身が目立つような行動が大好きというもの。

それだけなら良いのですが、己以外の人に注目が集まれば、不機嫌さを露わにしてしまうことにもなりかねません。

どういう手を使っても目立とうとする傾向があり、周りの人たちも気を遣って痛々しい人と煙たがられることに繋がりかねません。

 

| 3.被害者アピールをやたらとしてしまえば、痛々しい人に

被害者アピールをするといった心理状態。本当に己自身が被害者でも、被害者アピールをやたらとしてしまえば、痛々しい人になるというもの。

痛々しい人のこれ見よがしの行動の裏には、周囲の人たちにどうして欲しいか、そんな意図が隠れているということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

またそんな痛々しい女性や男性がいます。ここでは、痛々しい人は照れくさいもの、言われないように心掛けていく対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。