共感してくれる人は嬉しいもの、気持ちを掴んで意気投合していく術



身の回りを見渡すと、共感してくれる人がいるもの。相手に自然に寄り添うことができ、気分を害したり嫌な気持ちにさせるような行動はしません。

もちろん共感しすぎる人や共感しかしない人もいますが、何かにつけ共感してくれない人と比べれば数段マシとも言えます。

何かの意見を述べた時、その気持ちわかると同調してくれると、相手に対して好意を持つことに繋がります。

共感できない人もいますが、共感力が高ければ他人とのコミュニケーションもスムーズにいき、社会生活で人間関係が良好にいくのに疑いありません。

職場などでも協力者を得やすく、生きていく上で大きなメリットにもなります。

ここでは、共感してくれる人は嬉しいもの、気持ちを掴んで意気投合していく術を紹介しています。

 

 


共感してくれる人は嬉しいもの、気持ちを掴んで意気投合していく術


 

| 1.現在どんな感情でいるのか、そんなことを意識するという

相手の立場になり換わり話を聞くということ。共感してくれる人になるには、相手が現在どんな感情でいるのか、そんなことを意識するというもの。

会話をしている最中も話を聞いているだけではなく、想像力を働かせ相手の立場になり換わるのが、気持ちを掴んで意気投合していく術の一つ。

相手に起こった事柄をまるで自分のことのようにイメージできれば、共感力が高まるので気持ちに寄り添うことができるようになります。

 

| 2.リアクションを取れば、相手はより共感されてると実感

テンションに合わせリアクションを取るということ。テンションに似合うリアクションを取れば、相手はより共感されてると実感できるというもの。

但し、大きめのリアクションの聞き手には、話す方は共感をしてくれてると感じますが、どんな会話内容でも大袈裟にすれば良い訳ではありません。

深刻な話でのオーバーリアクションは引かれてしまいかねず、相手のテンションをきちんと理解していくのが、気持ちを掴んで意気投合していく術の一つ。

 

| 3.会話を進めることができ、一層理解を深めることができる

相手の話しを反復するということ。相手の発するた言葉を繰り返すことにより、相手中心に会話を進めることができ、一層理解を深めることができるというもの。

仕事がきついと言われた場合、仕事がきついと繰り返せば、相手は更に仕事の中で何がきついのか、そんな風に話を発展させやすくなります。

相手が自分の話を続けてくれれば、こちらも気持ちを理解しやすくなり共感する点をを見つけやすくなる、気持ちを掴んで意気投合していく術の一つ。

 

| 4.イメージしやすくなり、共感力もいつの間にか上がると

数多くのの映画や小説に触れるということ。想像力が高められると、話を聞きながら相手側の感情をイメージしやすくなり、共感力もいつの間にか上がるというもの。

映画だったり小説は、まるで自らが主人公のような気分になることができ、感情が揺さぶられ感情移入がしやすくなります。

登場人物の感情をイメージする癖がつけば、実際に相対している相手にも共感することができる、気持ちを掴んで意気投合していく術の一つ。

 

| 5.自分以外の人が考えていることは分からないというもの

人間観察を詳しくするということ。共感力が低い人は、相手の気持ちなどを感じとることが苦手なので、自分以外の人が考えていることは分からないというもの。

周囲の人たちが感じていることを、自分なりに詳しく想像して観察力を高めることにより、対面している相手の感情に対しても共感しやすくなります。

その人が今何を感じているのかを想像することにより、気持ちを感じ取るトレーニングにもなる、気持ちを掴んで意気投合していく術の一つ。

 

 

 


共感したがる人も世の中にはいるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.意見を、相手に向かって押し通そうとは思わないという

相手の話を否定しないということ。共感力が高い人は、自分自身の考え方だったり意見を、相手に向かって押し通そうとは思わないというもの。

相手の意見と自分の主張が合わないと感じていても、自分の立場ではなくて相手の立場になり替わり考えることができます。

なので、違う視点で考えればそう思うのかもと、相手がどうやってそう考えたのかを探し出すことができます。

 

| 2.向かってきちんと相対して、耳を傾けているところがある

聞き手に回れるということ。共感力が高い人は、常に相手の話しに向かってきちんと相対して、耳を傾けているところがあるもの。

共感をしながら話を聞くので、相手の考え方だったり気持ちを理解できるので、そのためとても質問上手なところがあります。

ただ話を流して聞いているのでなく、共感しながら聞いているので、的確な質問ができて真剣味を感じさせます。

 

| 3.他の人の話を聞いてきちんと理解できるというものです

リアクションが豊かということ。共感力の高い人に見られるのが、他の人の話を聞いてきちんと理解できるというもの。

話の理解能力が非常に高いので、相手の話の内容に入り込みやすく、楽しそうなリアクションも豊富に反応します。

相手の話のテーマに応じて反応ができ、豊富なリアクションを取れるのは、相手の心情に寄り添える共感力があるからこそです。

 

| 4.共感力の高い人は観察力が人並外れて高いというものです

他人との共通点を見つけられるということ。誰でも時に人に共感できないことがあり、共感力の高い人は観察力が人並外れて高いというもの。

共感力が高い人は、相手の話を聞きながら同じような気持ちになり、共通点を見つけることがとても上手です。

単に話を聞くだけでなく、相手をきちんと観察しているので、共感する部分を見つけることができます。

 

 

 


共感してくれる人には様ざまな点が見られる、知っておきたい心理状況


 

| 1.他の人の話でもまるで我がことのように想像して聞ける

興味を持って話を聞けるという心理状況。共感力の高い人に見られるのが、他の人の話でもまるで我がことのように想像して聞けるというもの。

他人に対する関心が非常に高いので、恋愛話などでも好奇心一杯に胸を躍らせて聞くことができます。

本心から興味を持ち話を聞いているので、最後まで飽きることなく真剣に人の話を聞き続けることができます。

 

| 2.自分自身の意見は求められなければ言わないというもの

求められない限りアドバイスはしないという心理状況。共感してくれる人は、相手の考えを尊重していて、自分自身の意見は求められなければ言わないというもの。

職場でも共感力が高い上司は、話を聞いて相手の立場を理解する、そういったことに重点を置きます。

話しは明確にを理解できているので、アドバイスを相手から求められた時は、問題解決に繋がる的確な回答ができます。

 

| 3.他の人の気持ちに寄り添ってきちんと向き合えるという

心に響く言葉が選択できるという心理状況。共感力の高い人に見られるのが、他の人の気持ちに寄り添ってきちんと向き合えるというもの。

何かを失敗をした場合でも、ただ叱責をするのではなく、相手を励ますような言葉を選ぶことができます。

人の心に響くような言葉を言えるのは、気持ちに寄り添えるからで、他人の考え方を心の奥底で深く理解できからです。

 

 

 

まとめ

生きていく上で大きなメリットにもなる。ここでは、共感してくれる人は嬉しいもの、気持ちを掴んで意気投合していく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。