欲求不満とは何かを診断結果から知ること、耐性と解消法へ繋げる方法



日常生活を送っていると欲求不満が溜まり、募るイライラに困ることもあるもの。欲求不満とはそもそも何かというと、あれが欲しいというのをはじめ、これをしたいとかああ成りたいといった、何らかの欲求が満たされない状況を指しています。

また一方でフラストレーションと呼ばれることもありますが、こちらは欲求不満よりも幅広い意味合いを持ち、精神的ストレスがある状態。

こうした欲求不満がにまで出てくる状態は、誰しも不快な気持ちを覚えますが、苛立ってしまう人もいれば、割合に平静でいられる人もいます。その要因としてはさまざまなものがあり、欲求不満からくる振り回され方には個人差もあるもの。

ここでは、欲求不満とは何かを診断結果から知ること、耐性解消法へ繋げる方法を紹介しています。

 

 

 


振り回されていることを知っておく、欲求不満に陥っている心理テスト


 

| 1.「Yes」or「No」で回答!判らないときは直感で!

 

①頻繁に自分の人生をリセットしたくなる
②辛い状況を耐忍んだり、我慢するのは不得手
③一旦欲しい物があると、頭から離れない
④したい事が果たせないで、イライラすることが多い
⑤希望が早く叶えられないと嫌だ
⑥今現在の生き方への不満が多い
⑦気持ちの切り替えや気分転換が苦手
⑧他の人の生活を見て、羨ましく思うことが多い
⑨小さな出来事にも不満を感じやすい
⑩決めた通りに物事が進まないと苛立つ

 

「Yes」の数が6つ以上の人は、かなり欲求不満が蓄積していることになります。後述している欲求不満に嵌まり込んでしまう要因や、感情にある5つの法則をチェック。欲求不満耐性を手に入れるためのコツや、コントロールして欲求不満を解消する方法へと繋げます。

 

 


詳しくチェックすることが大事、欲求不満に嵌まり込んでしまう要因


 

| 1.相手との関係が上手くいかなくなると、欲求不満になる

性的欲求が満たされていないということ。欲求不満で典型的に見られるのが、性的な欲求が満ち足りていない場合。

恋人がいるケースでは、相手との関係が上手くいかなくなると、欲求を発散するところがなくなり欲求不満に落ち込んでしまいます。更にパートナーが居ない人は、性的な欲求を満足させるのは困難な状態です。

 

| 2.仕事が忙し過ぎる、心身ともに負担が掛かってしまうもの

仕事が多忙でストレスが溜まっているということ。仕事が忙し過ぎると、心身ともに負担が掛かってしまうもの。身体が疲れるだけでなく、精神的にもストレスが蓄積してしまうため、欲求不満に陥ってしまいます。

仕事が多忙だと、欲求不満を解消するのに時間を設けるのが困難で、何時までも欲求不満を解消できません。気がつくと負のスパイラルに陥ることも。

 

| 3.発散させる対処法が判らない、どんどんとストレスが蓄積

ストレスを発散するような趣味がないということ。欲求不満に嵌まり込まないためには、日々のストレスを上手く発散させることが大切。ただ、そのストレスを発散させる対処法が判らない場合、どんどんとストレスが蓄積されてしまうことになります。

夢中になる趣味などがないときは、上手くストレスを発散させるのが困難で、欲求不満に嵌まり込んでしまう要因になる可能性が大。

 

| 4.身体に変化があるだけでなく、精神的影響を受けるもの

ホルモンバランスが崩れているということ。女性に多く見られるのが、ホルモンバランスにより身体に変化があるだけでなく、精神的影響を受けるというもの。

ホルモンバランスの乱れは、自らの意思とは関係なく苛立ったり、性的欲求が減退するなど、欲求不満の要因となることも。不規則な生活リズムによりバランスが崩れるので、規則正しい日常生活を心掛けることが大切。

 

 

 


こちらも覚えておきたいもの、欲求不満を形作る感情にある5つの法則


従前から高い評価を受けているものに、森田療法があります。自然論に基づいていますが、合理的思考をしていて、教育を始めビジネス関連など、医療を飛び越えてさまざまな分野で取り入れられています。

その森田療法の概念の一つに、5つの感情の法則があります。これは欲求不満にも大きく関わるので覚えておきたいもの。

 

| 1.山形を形取り一旦湧き上がるが、いずれは鎮静化していく

感情はそのまま放っておいたり、また自然に発生のままに従えば、経過は山形の曲線になり、一旦上がった後下がってきて、ついには消失する。これは感情は山形を形取り一旦湧き上がるが、いずれは鎮静化してなくなるというもの。

 

| 2.沸き起こったときの衝動が腑に落ちると、感情が静まる

感情というのはその衝動が満足感を得ると、急に静まり返り消失するもの。感情が沸き起こったときの衝動が腑に落ちると、感情が静まってなくなっていくということ。その一方で自己嫌悪や後悔が生まれることも。

 

| 3.沸き起こった感情に慣れる、鈍感になり何も感じなくなる

感情は同様の感覚に慣れていくに従って鈍くなり、視野に入らなくなるというもの。これは沸き起こった感情に慣れてしまうと、鈍感になっていき何も感じなくなるということ。

 

| 4.感情の刺激を続けたり気にしたりしている場合、強まる

感情は刺激が続いて起こるときと、これに注意をして集中するとき、ますます強くなるというもの。これは感情の刺激を続けたり、気にしたりしている場合、ますます強まって感じられるということ。

 

| 5.新鮮な感情、繰り返されることでますます強くなること

感情というのは新しい経験によりこれを獲得し、その反復によりますます養成されるもの。感情は新しい経験に伴って生じ、新鮮な感情が育まれ、繰り返されることでますます強くなるということ。

 

 

 


欲求不満耐性が身に付くと将来に役立つもの、手に入れるためのコツ


 

| 1.意識的に行えるようになると、欲求不満耐性が身に付く

感情が高ぶった際、試したいのが呼吸法。不安やイライラが募ったときは、先ず大きく息を吐いてみるというもの。大きく息を吐けば、不愉快な感情に伴う緊張感も一緒に吐き出されます。そして、息を大きく吐けば、息を大きく吸うことができます。

欲求不満を感じたときこの呼吸法を繰り返すと、冷静な自身に戻ることができ、意識的にできるようになると、欲求不満耐性が身に付くことに。

 

| 2.積み重ねとも言われますが、幾つからでも意識次第で強く

不快な感情を一旦抑えるということ。欲求不満耐性は幼少時からの積み重ねとも言われていますが、幾つからでも意識次第で強くできます。

なので嫌な感情が沸き起こった際は、一旦抑え込むようにします。もちろん最初はなかなか上手くいかないものですが、意識的に繰り返すことでコントロールできるもの。

 

| 3.一旦感情を抱えること、思考を整理してから話すのが大切

ナチュラルな感情を受け容れるということ。イライラや不安が募って、物事を冷静に見られなくなる局面もあるもの。そうした際、その感情をあるがまま受容すると、感情が落ち着く上、物事に対し冷静に考えを巡らせることができます。

たった今、話しを聞いて貰っても、欲求不満耐性は強くはなりません。一旦感情を抱えることで、思考を整理してから話すことが大切。

 

| 4.夢中になり、その間は問題について考えないことで耐性が

気分転換をするということ。これは一見簡単そうに見えて、実行するのは存外と難しいもの。例を挙げると、職務上のことで欲求不満が溜まっているとき、映画や美術館、舞台などを鑑賞し、非現実に思いっ切り浸ってみるというもの。

欲求不満の根本原因とは全然関係のないことに夢中になり、その間は問題について考えないことで耐性がつきます。

 

| 5.種類がありますが、傾聴を基本にしたカウンセラーを選ぶ

話を聴いてくれるくプロに相談するということ。これはいわゆる心理コンサルテーションや、カウンセリングを活用するというもの。

このカウンセリングにもさまざまな種類がありますが、傾聴を基本にしたカウンセラーを選ぶのがよりベター。これは自分自身の感情を、そのままの状態で受け止めてもらう体験が重要なことになります。

 

 

 


感情は変えられないもの、コントロールして欲求不満を解消する方法


 

| 1.運動の最中は、ひと時でも欲求不満であることを忘れ去る

ジョギングや筋トレなどで身体を動かすということ。運動をして汗を流すと、良い気分転換にもなるもの。
運動をしている最中は、ひと時でも欲求不満であることを忘れ去ることができます。

更に、運動で身体を動かすと肉体的に疲労を感じ、その日に快適な睡眠がもたらされるという一石二鳥の効果があります。

 

| 2.身体をほぐすだけでなく、心にも癒やしをもたらします

マッサージ施術でリラックスするということ。欲求不満でストレスがあると、自然と体にも力が入り、全身が固まってしまうことも少なくありません。

サロンなどに行きマッサージをして貰うことで、身体をほぐすだけでなく、にも癒やしをもたらします。人間には触れられることで、欲求不満が減少するということあり、エステやマッサージなどでリラックスできる時間を持つことは効果大。

 

| 3.趣味に夢中になれれば、欲求不満の解消にとっても効果的

夢中になれる趣味を見つけるということ。時間を忘れてしまえるほど、趣味に没頭するのも欲求不満の解消法の一つ。

一人旅をはじめ、アーティストのライブやカフェ巡りなど、どういった事でもいいので、一人でできる熱中できそうな趣味を見つけます。満たされない心を忘れるため、趣味に夢中になれれば、欲求不満の解消にとっても効果的。

 

| 4.食欲を満たすことは、他の欲求を解消するのにも効果的

好きな物を食べ幸せな気分になるということ。食欲を満たすことは、他の欲求を解消するのにも効果的なもの。自分の好きな食べ物やスイーツなど食べると、とても幸せな気分になります。

ただ、欲求不満が昂っている時は、食べ過ぎてしまうことも考えられるので、少し注意しておくとよりベターです。

 

| 5.何もかも忘れて充分に眠る、溜め込んでいた欲求を解消

充分に睡眠をとるということ。睡眠は心身共にリフレッシュするために、効果的な方法の一つ。欲求不満の原因の三大欲求の中にも睡眠欲が含まれ、何もかも忘れて充分に眠ることで、溜め込んでいた欲求を解消できることもあります。

気持ち良く目覚めれば、満たされない気持ちも何処かにいき、心も身体も爽快になること請け合い。

引き寄せの法則で欲求不満も解消。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

募るイライラに困ることもあるもの。ここでは、欲求不満とは何かを診断結果から知ること、耐性と解消法へ繋げる方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。