充実感がないのは残念なもの、思考を変化させる事で満足感を得る方法


日々の暮らしの中で、充実感を覚えることも少ないもの。充実感とは心が満たされている状態ともされ、自ら楽しみを見つけ出したり、目標を掲げたりと行動することで得られます。

興味を抱いたりする物事や熱中できるものがない、受け身の状態になると充実感を得ることは困難になります。なので、充実感がないと悩む人々にとっては、少々面倒臭く感じるようなアクションをしている人が、充実感を得ているというもの。

また充実感を感じるのは目的や結果ではなく、それを追求する過程によって、より多く認識するものとも言われています。そして、充実感を感じないという人は、結果的にやりたいことに巡り合えてないので、当然のようにプロセスを味わう機会も失くしてしまうことに。

ここでは、充実感がないのは残念なもの、思考を変化させる事で満足感を得る方法を紹介しています。

 

 

 


こうはなりたくないところ、充実感を得られない人の心理面と特徴面


 

| 1.忙しいから後でのように、行動しない理由を持ち出す癖が

行動しない理由を探すということ。充実感というものは、何事か新しい行動を起こした未来に得られるもの。面倒臭いとか今は忙しいから後でのように、行動しない理由を持ち出すがある人は、新しい行動も起こせず充実した生活が遠のきます。

 

| 2.努力することが格好悪いという風に斜に構えている人も

自意識過剰ということ。充実感が得られない人の中には、懸命に努力することが格好悪いという風に斜に構えている人もいるもの。意識高い系にはなりたくないなど、こちらも人からどう見られるかを気にして、行動しない理由を探しているパターン。

 

| 3.休み明けになっても気持ちの切り替えができないことも

休日はただ寝るだけになっているということ。充実感を感じられない人は、趣味を持っていないという人が多いもの。なので休日にする事がないので寝て過ごし、上手くリフレッシュできず、休み明けになっても気持ちの切り替えができないことも。

 

| 4.段々と自信を失くし、充実感を得る生活とは真逆になる

変化することが嫌ということ。変化することが不得手なタイプは、日々詰まらないと感じつつ変化を避けていると、いつまでも行動に移せないもの。これは変わりたいのに変われない、そんな風に段々と自信を失くし、充実感を得る生活とは真逆になってしまうことに。

 

 

 


こちらは是非とも目指したいところ、充実感を得る人の心理面と特徴面


 

| 1.失敗を恐れず挑戦、やり甲斐を感じることを発見できる

ポジティブ思考だということ。何事か新しいことにも、先ず試してみようという風に思える、積極的なタイプの人は充実感を得やすいもの。何故かといえば、新しいことに失敗を恐れず挑戦することで、やり甲斐を感じることを発見できる可能性が高まるから。

 

| 2.自然と周りに人が集まってくる、そんな魅力を持っている

周りに人が集まってくるということ。充実感を感じている人ほど、自然と周りに人が集まってくる、そんな魅力を持っているもの。人々が集まることで刺激を貰えたり、更に楽しい時間を過ごせたりと、日々が充実することに。

 

| 3.苦境に打ち勝たなくてはいけないシーンにも出会うもの

柔軟な考え方をしていて、ストレス耐性があるということ。人間は誰しも、苦境に打ち勝たなくてはいけないシーンにも出会うもの。そんななかでも充実感を感じている人は、物事を柔軟に考えられ、ストレスに対する耐性を持っている人と言えます。

 

| 4.新しい挑戦ができたり自身の時間が作れ、充実感に繋がる

ゆとりがあるということ。時間的なものや精神的ゆとりがあると、新しい挑戦ができたり自身の時間が作れ、充実感に繋がる行動がしやすくなるもの。オンとオフをきちんと切り替え、勤務日は業務に集中、休日になると趣味などで自分自身をリフレッシュしています。

 

 

 


毎日の行動から変えたいもの、充実感を得るための実効性のある対処法


 

| 1.自宅でできる趣味も数多くあるので、自分に合うものを

熱中できる趣味を探すということ。趣味といっても無理に外に出て、アクティブに過ごす必要があるものでなくて構いません。自宅でできる趣味も数多くあるので、自分に合うものを見つけるようにします。なるたけ嵌まり込める趣味を探すよう心掛けます。

 

| 2.目標に向かって努力するときは、充実感を得やすいもの

目標を設定するということ。先ずはどんな事でもいいので、目標設定することが大切。それに向かって努力するときは、充実感を得やすいもの。

例を挙げると、いつもよりも10分早く起床するなど簡単なもので良いので、目標を設定し継続することが自信に繋がります。

 

| 3.感覚に敏感になり、先ずやってみるという習慣をつける

良いと思ったらすぐ行動に移すということ。何だか楽しそうという感覚に敏感になり、先ずやってみるという習慣をつけるというもの。現実に行動を起こすことで、感覚が鋭敏になり面白いという気持ちが沸き起こることがあります。

 

| 4.自らのためにゆったり時間を使うことで、充実感を覚える

連休を作るということ。充実感が感じられないのは、充分な休みが取れずリフレッシュ出来ていないからかも知れません。特に1日しか休日が取れない仕事のケースでは、有給取得することで連休を設定します。自らのためにゆったり時間を使うことで、充実感を覚えることに。

 

| 5.会社と自宅との往復のみに、そんなことも良くあるもの

新しいコミュニティーに参加するということ。行動範囲が会社と自宅との往復のみになっている、そんなことも良くあるもの。新しい習い事を始めてみるなど、思い切ってほかのコミュニティーに参加してみると、違う角度からの充足感に繋がります。

 

 

 


要点は忘れずに覚えておきたい、思考を変えるだけで充実感を得る方法


 

| 1.歳が気になり行動できないのであれば、現在が1番若い

固定概念を捨て去るということ。自分には無理かもというような固定概念も、行動を躊躇する要因の一つになるもの。ほかにも、こんな年齢になり新しい事を始めるなど、周囲の目が気になるというようなこと。

自身の歳が気になり行動できないのであれば、現在が1番若いという風に考え行動を起こします。あの時こうすればと、後悔は先に立ちません。

 

| 2.自らを褒めるポイントを探し出し、1日の終わりに褒める

自分を褒めるポイントを見つけるということ。いつもの日々と同じことの繰り返し、行動できない自分は駄目人間、そんな風に1日が終わるもの。そんな何気ない毎日の中でも、自分自身で頑張ったポイントはきっとあります。

そんな自らを褒めるポイントを探し出し、1日の終わりに褒める習慣をつけます。継続することで自己肯定感が高められ、充実感に繋がります。

 

| 3.面倒臭いことの延長線上に充実感はあると考えるのが大切

面倒臭いと考えないということ。普段の生活で無意識のうちに、何事も面倒臭いで済ませていることがあるもの。

面倒臭いと考えるのが癖になっていると、新しい行動に対して気が引ける要因の一つになります。思考を変えるだけで充実感を得るには、面倒臭いことの延長線上に充実感はあると考えるのが大切。

 

| 4.楽しいなと思うことや良いなと思うことをリストアップ

好きなことに鋭敏になるということ。日常生活の中で、楽しいなと思うことや良いなと思うことをリストアップ。休日にする趣味が見つからないと悩んでいる場合にも、日々を充実させるアイデアが見つかるかも知れません。

人に言える趣味にこだわる必要はなく、ただ自身の好きなことをして、休日を充実させる方法もあるもの。

引き寄せの法則で充実感を手に入れる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

追求する過程により多く認識するもの。ここでは、充実感がないのは残念なもの、思考を変化させる事で満足感を得る方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。