変化は回避できないということ、未来に向けて苦境を乗り越える方法


日常生活を過ごしていると、苦境にたたされることもあるもの。自分自身が病気になることをはじめ、愛しい人が病いになったり、伴侶との別れを経験したりと苦境にあえぐことがあります。

人間には未来を常時予測することはできず、往々にして大地が揺れ動くような大きな変化を体験し、安定を再び見つけることは出来ないと感じることもあります。

ただ人生に二つの絶対的な真実と呼べるものがあるとすれば、一つ目は変化は避けられないということ。そして二つ目は、その変化に対する対応法が、そこからの回復に生活のクオリティを左右するということです。

苦境の類義語には逆境という言葉もある様に、ピンチは困難を乗り越えられる人物の元に、神様から贈られるともされるもの。ここでは、変化は回避できないということ、未来に向けて苦境を乗り越える方法を紹介しています。

 

 

 


覚えておきたいことの一つ、苦境に立つという意味から探るその好影響


 

| 1.どういう風に変化させていくかを考える良い機会になる

自らを見つめ直せるということ。苦境に直面すると、自身がどのくらい精神的や身体的に耐性があるのかが試されるもの。自分自身の弱い部分と向き合い、どういう風に変化させていくかを考える良い機会になります。

 

| 2.その原因の多くが日々の習慣に関連していることがある

生活習慣を再検討できるということ。苦境に直面すると、その原因が何処にあるのかを考える切っ掛けになるもの。そして、その原因の多くが日々の習慣に関連していることがあり、日常の生活習慣を見直す良い機会に繋がります。

 

| 3.独力で全てを解決することは困難ということに気付くもの

他人の有難みを感じられるということ。苦境に直面すると、独力で全てを解決することは困難ということに気付くもの。なので、自らが出来ないことは他者に協力を求めることに。他人に頼ることにより、有難みをいつもより感じるのも好影響の一つ。

 

 

 


知っておきたいことの一つ、苦境に陥るという意味から探るその悪影響


 

| 1.本来はポジティブな事柄でも、ネガティブな視点で見る

すべての物事をネガティブに捕えてしまうということ。苦境の中で一旦ネガティブ思考になると、周りの事態が否定的に見えるもの。元々はポジティブな事柄でも、悲観的な観点で見てしまい、否定的に捉える悪影響が出てしまいます。

 

| 2.チャレンジしようと思うことも、自身は無理だと思い込む

自らに自信を失くし、可能性を断念してしまうこと。都合よくいかないことがあると、自身に対して悲観的になってしまうもの。本来であればチャレンジしようと思うことも、自身には無理だと思い込むことで、挑戦しなくなるかも知れません。

 

| 3.何もしたくないという心情は、自宅でずっとのらりくらり

やる気を失くすということ。期待通りにいかないことが続くと、どんな人物でもモチベーションは下がってしまうもの。他のことにも悪影響がでて、何もしたくないという心情は、自宅でずっとのらりくらりしていたい、そんな心理状況になってしまうかも知れません。

 

 

 


チェックしておくと将来に役立つもの、苦境を乗り越えるためのヒント


 

| 1.将来に渡って希望があると思えば、気持ちが少し楽になる

苦境には意味があるとしること。必ず苦しい事には意味があるもので、それが発見できれば希望となり、苦境を乗り越える突破口になるもの。こうした考え方で将来に渡って希望があると思えば、気持ちが少し楽になります。

 

| 2.誰かがこれまでにも味わったことのある苦境というもの

苦境は過去において、誰かが乗り越えているということ。自分が味わっている苦しみは、誰かがこれまでにも味わったことのある苦境というもの。そしてそれは必ず誰かが乗り越えています。そした観点から見れば、自分だけじゃないと発破を掛けることにも繋がります。

 

| 3.客観的にチェックすること、新たな発見や解決策に繋がる

苦境の中で思っていることをリストアップするということ。頭の中だけで取り留めもなく思いを巡らしていると、返って混乱を招くもの。

そういう時は、箇条書きでもいいのでリストアップしてみます。客観的にチェックすることで、新たな発見や解決策に繋がります。

 

| 4.描けば描くほど、これから先に対する原動力が沸いてくる

苦境を乗り越えた後の自分自身をイメージするということ。行き詰まった際は、乗り切った後の良いイメージを思い浮かべるのも一つの方法。具体的に現実的なイメージを描けば描くほど、これから先に対する原動力が沸いてくるもの。

 

| 5.助け合ってくれる味方が側に、気持ちに余裕が生まれる

誰かに胸の内を話をしてみるということ。自分一人で手が負えない場合、現在の気持ちを親友や家族に話してみるというもの。

自らにとり大切な人なら、相手も手助けしたいと感じています。助け合ってくれる味方が側にいれば、気持ちに余裕が生まれることに。

 

| 6.普段とは違う場所に出掛ける、気分転換にもなり一石二鳥

パワースポットで苦難を浄化するということ。どうしようもない時は、神秘の力にご利益を得て、元気を貰うというもの。目に見えない力はあるもので、神頼みなど普段とは違う場所に出掛けることで、気分転換にもなり一石二鳥。

 

 

 


苦しい時こそ成長するチャンスともいえるもの、苦境に打ち勝つ対処法


 

| 1.自らにとり最も大切なことを洗い出し優先して対処します

大事なことに集中するということ。危機的状況や苦境に見舞われている時は、自身のケアをはじめ、家族や友人に仕事など、優先事項に集中することが重要。

ほとんどの人たちは、自ら問題をで作り上げ、起きるかどうかの問題や他者と比べてどうかなどを心配するもの。基盤となるものが崩れた際、誰もが持っているのは現在だけなので、自らにとり最も大切なことを洗い出し優先して対処します。

 

| 2.時間が経てば良くなることを知ることが重要、本当に回復

忍耐力を持つということ。苦境をとそれを克服する過程には、決まった時間枠というものが存在しません。自らを含め誰にも、自分自身が回復するスケジュールを決めさせないで、その過程には必要なだけ時間を割くようにします。

苦境にあえいでいても、時間が経てば良くなることを知ることが重要で、本当に回復はするもの。

 

| 3.気持ちを整理して、次なるステップへと早々に目を向ける

気持ちを切り替える力を育むということ。切り替えが上手なタイプは、落ち込むようなことがあった時も、暗澹たる気持ちを長引かせることがありません。

そういう人物は、自身の気持ちを整理して、次なるステップへと早々に目を向け、立ち直ることができます。失敗しても反省したところで気持ちを切り替えます。過去の後悔に、時間を使い続けることはしないもの。

 

| 4.敢えて全力投球はしないで日々1歩ずつ進むことが重要

毎日1歩前進するということ。大小は関係なく、1日に達成したことをリストアップ。そうしておくと、それは簡単に活用できるものに。

トラウマ的な出来事から苦境に陥っている時や回復中のときは、敢えて全力投球はしないで日々1歩ずつ進むことが重要。一つの目標を現実に達成できたことが理解できれば、その瞬間を追求し称えることができるもの。

 

| 5.助けて欲しいことリストを作って共有することがポイント

他の人と支援し合うということ。苦境を独力で乗り越えようとせず、他の人に助けを求め負担の一部を、一緒に持って貰うというもの。

助けを求めるのに躊躇しないことが大切で、助けたいと思っている人でも、どうすれば良いのか判らないことが多いことから。なので支援の助け舟を出されたときは、助けて欲しいことのリストを作って共有することがポイント。

引き寄せの法則で苦境を乗り越える。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

人間には未来を予測することはできない。ここでは、変化は回避できないということ、未来に向けて苦境を乗り越える方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。