負け組人生は不愉快な事、勝ち負けの外にでることで自由に生きる方法


世の中では勝ち組や負け組ということがよく言われるもの。この勝ち組と負け組の判断基準には、明確な定義づけというものはありません。大雑把な意味の負け組は、雇用環境がとても悪く年収が低い状態で仕事に就いている人を言うことがあります。

もちろん自ら負け組であると認識すれば、それが答えであるとも言えます。更に、自分自身が負け組であると思っていないくても、周囲から見て負け組に見える要素が強ければ、負け組に組み込まれる時も。

この様に厳密な定義まで指摘するのは非常に困難ですが、一旦負け組になったら元の状態に戻るのかなり難しいもの。ただ、これも最終的には自ら負け組かどうか考えることが大事で、要は自分自身の感じ方次第でいくらでも解決できる問題です。

この記事では、負け組人生は不愉快な事、勝ち負けの外にでることで自由に生きる方法を紹介しています。

 

 

 


負け組の女と呼ばれるのは悔しいもの、何故か陥ってしまう心理的特徴


 

| 1.後回しにしたり先送りしても、いつかは向き合わなければ

嫌な事柄から逃げてしまうということ。勤務でクレーム処理をしなくてはいけないのに、後回しにしてしまったりというもの。誰しも嫌な事を最優先にするというのは困難な事ですが、後回しにしたり先送りしても、必ずいつかは向き合わなければならないことに。

 

| 2.思い当たる出来事が多いと、打たれ弱い性格かも知れない

打たれ弱いということ。仕事上の失敗で叱責されると、翌日の朝は起きられなかったりというもの。悩みの種が尽きないことは人間誰しもあることですが、思い当たる出来事が多ければ、打たれ弱い性格かも知れません。

 

| 3.何となく普段通り無難に日々を過ごしている人は要注意

向上心がないということ。最近努力したことはと考えても、何も思い浮かばないタイプの人は、向上心が足りないのかも知れません。現在の自分自身に満足していませんが、何となく普段通り無難に日々を過ごしている人は要注意。

 

| 4.思いがけないアクシデントに対応できず、フリーズ状態に

予想外の出来事に弱いということ。思いがけないアクシデントに対応できなかったり、フリーズ状態に陥るというもの。ともかく柔軟性に欠けているので、予想外の要素に出会うと、あたふたして何故か負け組の様な心理状態に。

 

| 5.見に覚えがあれば、チャンスを掴めていない可能性が大

チャンスを掴めないということ。努力した資格試験の当日、寝坊して試験を受けられなかっり、仕事の面接で上手くアピールできず不採用というもの。あの時こうしていればなどと、見に覚えがあれば、チャンスを掴めていない可能性が大。

 

 

 


気にしてはいられないもの、負け組の職業や年収からみる曖昧な特徴面


 

| 1.長い間続けることは困難ですが、辞められない理由がある

負け組の職業とは何かということ。世間並みに言うと負け組の職業は、体力的に厳しい仕事などが挙げられるもの。特に夜勤などを連続してこなさなくてはいけない仕事や、体力的に厳しいだけでなく給料面もとても安いのが特徴の一つ。

このような勤務は長い間続けることは困難ですが、辞められない由縁があるところが負け組なのかも知れません。

 

| 2.相応の年収が必要、止むを得ず浪費の少ない生活を工夫

負け組の年収ということ。世間常識では現在の自らの年収に満足していない人は、ある意味で負け組の可能性があるもの。

厳密な定めはありませんが、生活していくのに支障をきたすレベルになると、負け組と感じることがあります。子供などがいるケースでは相応の年収が必要となり、止むを得ず浪費の少ない生活を工夫することになります。

 

| 3.生活の為に仕事を続けなくてはいけない負け組の本当の姿

理由から見る負け組の職業ということ。勝ち組との年収差は非常に大きなもので、福利厚生などを勘案すると、とんでもない開きがあるもの。。

厚生年金をとっても負け組の人は加入していないことが多く、ボーナスに関しても毎年貰っていないのが当たり前。それでも生活の為に仕事を続けなくてはいけないのが負け組の本当の姿で、進んで自分からやりたいと思わないのがその職業です。

 

| 4.長時間働いていることが多く、いわゆる強制労働に近い

どの程度の勤務時間かということ。負け組と呼ばれる人たちは長時間働いていることが多く、いわゆる強制労働に近いというもの。なので多くの人たちは負け組にならないよう、必死になって会社にしがみつくことに。これは普通の姿でサラリーマンの定めなのかも知れません。

更に、残業時間が相当あっても、我慢してその会社に留まる人は多いもの。これでは負け組と変わらないことに。

 

| 5.人生に於いて負け組を深く考えても、答え見つからない

何が負け組にとり辛いかということ。一番辛いことは、一旦負け組になってしまうと、元の生活になかなか戻れないというもの。負け組になる以前には気付くことができないので、日々悩み続けることにもなります。

生活するのに必要な金銭を失くした場合、人生に於いて負け組などを深く考えても、その答えはまったく見つからなくなります。

 

 

 


勝ち負けの外に脱出することがポイント!負け組から離れる対処方法


 

| 1.実はレースからは逃げ出すことも可能なことを知るべき

ピラミッド型の社会構造から離脱するということ。万人が平等なんて嘘です、現実の社会はピラミッド型の階層構造となっているもの。

上か下かということを考えるように教え込まれ、目上の人には恭順し、目下の者には虐待的になる、勝負けの価値観に支配されています。

多くの人間はレースで勝つように教え込まれていますが、実はレースからは逃げ出すことも可能なことを知るべき。

 

| 2.勝ち組にもならない、負け組にももならないという選択肢

労働からも逃げ出すということ。結局、社会には勝ち負けの上下関係があり、働くことを止めなければ、そこ離れることはできません。

世の中にはニートをはじめ、世捨て人や隠者、孤独者や変な生活してる人たちなど、さまざまな人間が入るもの。視野を広げると世界は広く、勝ち組にもならない、負け組にももならないという選択肢があります。

 

| 3.再検討して改善することができれば、負け組から脱却する

メンターを付けるということ。自らの性格や行動、思考パターンなどを再検討して改善することができれば、負け組から脱却できるもの。

ただ自分自身で変える事は、強い意志があっても相当難しいもので、メンターという心強い存在がいます。一般的な言い方は助言者で、尊敬出来る人で良く知っている人であれば、意見を参考に勝ち負けの外に脱出できます。

 

| 4.目標とすべき人だと捉えて、学ぶ姿勢を忘れずに持つこと

成功してる人に嫉妬しないということ。成功している人が身近にいれば幸運で、考え方や習慣、その行動力などが学べるチャンスというもの。劣等感を感じたくないので、成功している身近な人たちと、距離を置く人も多くいますが逆効果。

羨ましいので嫉妬する気持ちも分かりますが、目標とすべき人だと捉えて、学ぶ姿勢を忘れずに持つことで負け組から脱出。

 

| 5.成功へのプロセスと捉え、恐れずにチャレンジし続ける

失敗し続けたとしても、誰よりも努力するということ。メンターがつき、自らを変えようと努力しても失敗することもあるもの。

今までの自分をいきなり変えるのは誰しも難しく、上手く自らをコントロールできないこともあります。失敗は成功へのプロセスと捉え、恐れずにチャレンジし続ければ、いつか成功へと導いてくれます。

引き寄せの法則で、負け組から脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

勝ち組や負け組とはよく言われるもの。ここでは、負け組人生は不愉快な事、勝ち負けの外にでることで自由に生きる方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。