圧迫感を与える人の心理と特徴をしっかり把握、上手に付き合う対処法


人間関係で多くの人が苦手意識を感じるのが、圧迫感のある人というもの。別の言い方では威圧感のある人ともされますが、他の人から馬鹿にされることを極端に嫌い、自らの主張や立場を常に上の位置に置きたがります。

何かと理由をつけこんな人物は、自身が一番でありたいと感じている可能性が高く、交際そのものも難しくなるもの。また圧迫感息苦しいということにも繋がり、気が強いというのは性格もそうですが、オーラの場合にも言えます。

例えを上げれば、圧迫感や威圧感というのは、磁石の同極同士を無理に合わせようとして、抵抗を感じるようなもの。ここでは、圧迫感を与える人の心理と特徴をしっかり把握、上手に付き合う対処法を紹介しています。

 

 

 


スピーディーな方法を取ることも多い、圧迫感を与える人の心理状態


 

| 1.反論を許さない、必然的に圧迫感を与える人の意見が合意

思い通りにしたいということ。圧迫感を与える人は、いつも自身の意見を通そうとするため、横柄な態度をとるケースもあるもの。決して自らの主張に自信があるわけではありませんが、反論を恐れ封じ込めようとしていることがほとんどです。

周りからは自分勝手な意見だと思われていても、反論を許さないので、必然的に圧迫感を与える人の意見が合意となって落ち着くことも。

 

| 2.この人物は圧迫感が強く、一緒にいると疲れると思われる

いつでも自信に溢れているということ。圧迫感が強い人は大きな自信に満ちていて、それを隠そうとはしないもの。それだけに、自分自身が自信を持っている人間ということを、堂々と表の態度に出してしまいます。

その結果として目の前にした際、多くの人はこの人物は圧迫感が強く、一緒にいると疲れると思われることに。

 

| 3.上手く接することができないことを、威圧的な態度で補う

コミュニケーション能力が低い傾向にあるということ。他者と上手く接することができないことを、威圧的な態度で補っているというもの。

圧迫感のある人との上手く付き合っていくには、相手の話をよく聞き何を言いたいのかを理解すること。伝わりにくい言い分に気付くようになれば、圧迫感のある人に対する不得手な意識も薄れていくかも知れません。

 

| 4.強く大きく見せようと、必要以上に背伸びするということ

圧迫感は空威張りの裏返しということ。圧迫感のある人は怒鳴ったり、決めつけた威圧的な言い方をする人が多いもの。

共通するのは虚栄心が強いと言うもので、自らを強く大きく見せようと、必要以上に背伸びするということ。なので、間違いを指摘したり、話を中断したりするのは逆効果で、適当に受け流しながら話を聞きます。

 

| 5.胸の内では周囲の反論や反応を恐れ過剰防衛をしています

臆病な人も多いということ。前述の圧迫感が強い人は自信がある、そんなことの反対の立場というもの。大きな声で喋ったり、揺るぎのない態度を見せたりというのは、胸の内では周囲の反論や反応を恐れ過剰防衛をしています。

自分自身を大きく見せようとするあまり、圧迫感が強く現れる振る舞いをしてしまいます。

 

 

 


動くことを止めないのが美点の一つ、圧迫感が強い人たちに見る特徴面


 

| 1.爆発的な行動力があるということも特徴としてあるもの

情熱のおもむくまま、どんどん行動し続けるということ。圧迫感が強いとされる人は、爆発的な行動力があるということも特徴としてあるもの。何事か自分自身が情熱を感じるものを見出した際は、考える間を置かないで、すぐさま行動に移します。

多くの人々は行動を起こす以前の段階で、多少の迷いを抱いたりするものですが、その迷いがないのが圧迫感が強い人。

 

| 2.優位に立てるように、無意識のうちに周囲を威かしている

圧迫感のある人は、鋭い眼差しや態度の悪い人が多いということ。態度が横柄だったり、眼光が鋭かったりが圧迫感として挙げられるもの。こうしたことは自らが優位に立てるように、無意識のうちに周囲を威かしているともされています。

でも、仲良くなってみれば、現実には意外とお人好しだったりすることも多く、懐に入れば人間関係も構築できます。

 

| 3.自らの主張だけを通そうとする傾向があるため、強引さが

一方的に捲し立てるような話し方をするということ。圧迫感がある人物は会話をする際、自分のペースで捲し立てるような話し方をすることも特徴の一つ。

相手側のペースを無視して、自らの主張だけを通そうとする傾向があるため、強引さが態度に出てしまうことに。圧迫感の強い人は会話のキャッチボールが苦手で、相手が口を挟めず疲れさせてしまうことに繋がります。

 

| 4.華やかな自分自身を演出し、存在感をできるだけアピール

高級品ばかりを身に付けたがる傾向があるということ。圧迫感が強い人物は、他者からどう見られているかを、非常に気にする傾向にあるもの。なので、高級品と呼ばれるものを身に付けることで、華やかな自分自身を演出し、存在感をできるだけアピールしようとします。

過多に外見を飾った姿というのは、周囲の人たちを疲れさせ、圧迫感以外の何ものでもないという印象を与えることに。

 

| 5.強気の態度に出てしまい、この圧迫感が他人を疲れさせる

圧迫感のある人は、主導権を握りたがるということ。多くの人物は、その場の主導権を握るのが上手いというもの。自らに有利になるよう物事を運ぼうと、当人は意識しないで、その場のイニシアチブを握ろうとしています。

力技でも強引に自身の意見を押し通そうとするので、強気の態度に出てしまい、この圧迫感が他人を疲れさせることに。

 

 

 


覚えておくとすぐ役立つ、圧迫感がある人と上手に付き合っていく方法


 

| 1.状況によれば静かに身を引くことが、正解となる事例も

冷静に対応するということ。圧迫感がある人は、主張が自分勝手なことや声が大きいことなど、その場の雰囲気を乱しがち。反論を言うなどして対抗するのは、さほど良い方法とは言えず、意見をすれば更に上からねじ伏せようとしてくるので混乱が広がります。

なので、常に冷静な対応を心掛けることが必要で、状況によれば静かに身を引くことが、正解となる事例もあります。

 

| 2.本心を理解できれば、良好な関係を築ける可能性も大きく

本心を考えてみるということ。圧迫感を与える人は、自らのコンプレックスを隠すため、威圧的な態度を取っている可能性があるもの。なかには、自分自身の圧迫感を自覚していて、周りの人たちが距離を置いていることに対し、複雑な思いを胸に抱いている人も。

なので相手の話をじっくりと聞き、本心をよく理解できれば、良好な関係を築ける可能性も大きくなります。

 

| 3.できる限り物理的距離をとる、自分自身の身を守る第一歩

距離間を考えてみるということ。圧迫感を与える人の側近くにいるだけで、恐怖症とも似た大きなストレスを感じることがあるもの。何事かに怒っているような状態なら、できる限り物理的距離をとることが、自分自身の身を守る第一歩になります。

怒っている最中に、話を聞こうとしたり落ち着かそうとするのは嫌われるので、先ずは相手の様子を伺い距離を保ちます。

 

| 4.圧迫的に接する必要もないので、そのような態度も薄れる

敢えて頼るのも効果的ということ。一般的には、圧迫的な態度を取る相手からは、距離を置こうとする人が多いもの。お勧めの方法が敢えて圧迫的な相手を頼ることで、人間は誰かに頼られると、放っておけないと感じます。

更に慕ってくれる相手には、圧迫的に接する必要もないので、そのうちそのような態度も薄れていくことに。

 

| 5.これからは自身の気持ちや意見を、少しずつ伝えるように

関係を継続するなら、伝えること。付き合い続けなくてはいけない相手の場合、気持ちを素直に伝えてみることも重要。いつも圧迫的な感じがして怖いと伝えることで、無自覚であった場合は振る舞いを改めてくれる可能性もあります。

これまで相手に対して合わせることばかりだったなら、これからは自身の気持ちや意見を、少しずつ伝えるようにしていきます。

引き寄せの法則で、圧迫感を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

別の言い方では威圧感のある人とも。ここでは、圧迫感を与える人の心理と特徴をしっかり把握、上手に付き合う対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。