中学生や高校生と大人の女性、年齢別のストレス解消方法とランキング


医学的定義ではありませんが、ストレスは外的な環境変化やプレッシャーなどから受けるダメージ。ストレスが溜ってくると、よく眠れなくなったり、頭の回転が鈍くなったりと、まるっきり使い物にならない状態に。

これは、ストレスが増加すると、脳のバイタリティがストレスに消費され、脳の動きが鈍るからです。ほかにも頭痛がしたり、肩こりがでたりと身体的な面にも現われてくるのも症状。

また同じ状況に出会っても、ストレスに強いタイプと弱いタイプが分かれます。これは個人の性格的なところが大きいとされ、思ったことを言えない人や、自分に自信がない人などは要注意。ほかに自分の行動を振り返り、くよくよ思い悩む人も注意が必要なタイプ。

ストレスは年齢に関係なく訪れ、日常生活では小さな子どもから大人まで、気苦労が絶えないことになります。こうしたストレスが溜まっていくと、いつか爆発が起こり生活が破綻。そうならないためにも、ストレス解消が必要になります。

ここでは、中学生や高校生と大人の女性、年齢別のストレス解消方法とランキングを紹介。自分に似合った解消方法を見つけましょう。

 

 

 


たった一人からでもできる、大人の女性のストレス解消方法ランキング


 

| 1.一人カラオケで、大声で好きな歌を歌うのもストレス解消

スポーツ選手などは、競技中ならず競技前にも声を出すことで、気合を入れ直しています。大きな声を出すと、脳が刺激され、うっぷん晴らしになります。

ストレス解消にはもってこいの方法ですが、街中や家であっても大きな声はおいそれとはできません。そこで利用したいのが、今や専門店もあるほど人気の一人カラオケ。大声で好きな歌を歌うのも、気分転換にもってこい。

もちろんカラオケでなく、コンサートやライブに行って、大声で騒ぐのもストレス解消方法の一つです。非日常の空間は、心地いい現実逃避。

 

| 2.ストレスを覚えているときは、紙に書いてみるのも一手

大人としてできることは、公正な判断を下すこと。ストレスを覚えているときは、感じていることを紙に書いてみるのも一手。もちろん冷静には書くことができず、感情のまま書き散らかしてしまっても問題ありません。

この試みは、自分の外に向けストレスを吐きだすもの。言うなれば誰かに愚痴を聞いてもらうことと同じ。なので、これだけでも案外気が晴れます。

少し落ち着いたら客観的に分析します。そうすれば、ストレスを感じている自分の思考の癖も解るようになり、今後のための上手な対処法も発見できます。

 

| 3.衝動に任せて紙を破くだけでも、気が晴れること請け合い

次の一手は、感情のまま書き散らかした紙を、バリバリと破いてみます。イライラが溜まると、内側から起こってくるのは破壊衝動。手あたり次第にそこら中のものを、壊すことはなかなかできません。そういう時に最適なのが、チラシ広告などの不要な紙です。

後で捨てればいいだけの紙は、衝動に任せて破くだけでも、気が晴れること請け合いです。ただの紙では不満が収まらない場合は、もう少し丈夫なダンボールなどを、ぶっ壊してみるのもいいかも知れません。

 

| 4.ストレスを覚えている時ほど逆に、部屋中を隅々まで清掃

部屋の中が散らかった状態だと、普段そこで生活してるだけでストレスが溜まるもの。ストレスを覚えている時ほどに、部屋の中を隅々まで清掃してみます。掃除というのは取りかかるまでは面倒ですが、一旦始めてしまえば終わらそうと集中するもの。

これが運動をしている時と同じように、心の中のやり切れない思いを取去る効果があります。日頃、あまり掃除が行き届いてなく、汚れが溜まっている場所が中心。きめ細かく掃除することで、集中力も高まり、終了後の達成感もひとしお。

 

| 5.湯船につかる、アロマオイルの香りを合わせると理想的

ストレス解消のためとは言え、普段と違うことをするのも面倒なもの。そういう方はお風呂を使う際、シャワーだけにしないで、湯船に浸かるようにします。お湯につかると血行が良くなり、疲労を回復する効き目。また身体の緊張を、お湯の浮力によりほぐしてくれます。

緊張がほぐれると、副交感神経が優越性を持つので、リラックス効果が上がるというもの。42℃以上の熱いお湯は、交感神経が活発になりリラックスできないので注意。湯船につかる時間は20分ほどで、アロマオイルなどの香りを合わせると理想的

 

 

 

 

 


「ごめんね」という言葉など、高校生のストレス解消方法ランキング


 

| 1.目上の評価を気にしないのは、ストレスを解消する第一歩

部活動などでの人間関係に悩むのも高校生の頃。部活動で教師から評価を受けるのは、部長ばかりというのもよくあること。そのためストレスを溜め込むこともあります。

もしも部活動がうまく回るように、部長をフォローしているのなら、教師の方を向かないこと。同級生や後輩は、案外細かいところも見ています。目上の評価を気にしないのは、ストレスを解消する第一歩です。

 

| 2.使い過ぎない方がベターな、「ごめんね」という言葉

最近の高校生の間で気になるのは、実際の自分の心のうちを友人にを伝えられず、その場は「ごめんね」で取り繕うこと。これはあくまで、気持ちがこもっていない言葉で、表面上の仲間意識を保とうとする意味。

ただ「ごめんね」という言葉を使うと、いつのまにか友人関係にヒエラルキーが生まれることになります。
そして、いつの間にかストレスを溜め込むことに繋がっていくことになります。なので「ごめんね」という言葉は、使い過ぎない方がベター。

 

| 3.計画通りに進まない場合は、自分の実力に合わせた計画に

受験勉強を含め、勉強が進まないとストレスが溜まるもの。これは、思ったほど進展がみられない、というのが原因になります。この思ったほどの進展は、中身が重要な問題。なんとなくの目標なら、より具体的なプランを立てる必要があります。

すでにプランがあり、計画通りに進んでいない場合は、自分の実力に合わせた計画に見直していくことが大切。何にしてもですが、より現実的なやり方がストレス解消に結びつきます。

 

 


良い運気が流れる神社など、中学生のストレス解消方法ランキング


 

| 1.良い運気が流れる神社、祈願してお願いするのも一石二鳥

日本人ですので、神社にお参りするというのもストレス解消方法の一手。澄み切った空気のなかにいると、自然と心の中が晴れ晴れしてくるもの。受験などを控えているときには、祈願してお願いするのも一石二鳥になります。

ストレスはもともと精神的なものなので、良い運気が流れている神社は、良い影響をもたらします。さらに神様が見守ってくれるので、次の日からの生活にも糧。

 

| 2.LINEの返信ペースは、ストレスを溜めない工夫が大事

ダイレクトにに返信することが前提のLINEは、それだけでストレスが溜まることもあるほどです。それほど一生懸命LINEをしない人は、返信が面倒くさいのも事実。

一方で、既読となっているのに、友人から返信がないと、焦燥感に駆られるもの。そんなときは、友人たちと顔を合わせた際、各自の返信ペースを伝え合うようにします。お互いの返信ペースが違うことで、ストレスを溜めないようにする工夫が大事です。

 

| 3.音楽を聴きながら走る、ストレスを解消するのに一石二鳥

部活などで運動をしていない人は、ストレスとともに身体もなまっているもの。そこで、ストレス解消法で人気のある音楽を聴くことと、走ることを同時にします。普通にいえば、音楽を聴きながら走るということ。

当たり前ですが、走るのは全身運動なので、ストレスを感じる暇もなくなります。さらに、好きな音楽を聞くことで。中学生のうちからどんどん身体を鍛えましょう。

 

まとめ

ストレスが溜まっていくと、いつか爆発が起こり生活が破綻。ここでは中学生や高校生と大人の女性、年齢別のストレス解消方法とランキングを紹介しました。ぜひお役立てください。