対人関係での自分のスキルアップに繋がる、関係修復を上手にする方法


日常生活で大きな喧嘩をしたりすると、関係修復が困難になるもの。もちろん恋愛もそうですが、職場だったり友達関連だったり何処にでも起こりえます。関係修復不可能という言い方もあるほどで、元の状態に関係を戻すのはたやすいことではありません。

もちろん愛情や恋愛感情を回復させるのは時間が掛かるもので、互いに仲直りしようと話し合いをしても、滅多に以前の関係には戻りません。残念ですが、世の中にはどういう方策を用いても修復できない人間関係が存在します。

ただ後述する方法で誠意を持ってチャレンジすれば、ほとんどの人間関係は修復可能ということに。人間関係の修復を飄々と繰り返すことで、自然な形で良好な人間関係を続けるコツを身に付けることができます。

ここでは、対人関係での自分のスキルアップに繋がる、関係修復を上手にする方法を紹介しています。

 

 

 


先ずは始めに知っておきたいもの、関係修復における詳しい外的要因


 

| 1.破局だったり失恋、プライベートで頻繁に生じるトラブル

恋愛関係にあるケース。恋愛において一方的な失恋や恋人同士の破局でも、壊れた人間関係に陥るケースもあるもの。破局になると相手側と関係が崩れることはもちろん、パートナーの家族や友人と交流があった際は、その人達との人間関係も壊れ去ることになります。

恋愛関係でいた人の中には、相手側がストーカー化したりして、過剰なストレスを精神的に味わう、そんな関係の壊れ方を体験した人もいることに。破局だったり失恋だったりは、プライベートで頻繁に生じる人間関係のトラブルの一つです。

 

| 2.優しく接する人物でも、損得が生じることで関係が脆弱に

仕事上などで利害関係にあるケース。勤務先での同僚をはじめ上司や部下、ほかにも自治会やPTAの役員など、人間関係上の利害が生じていると関係が壊れやすいもの。

特に金銭が絡むとゆとりを持った人間関係を築くのが難しくなり、人間関係が自身の損得に影響するケースでは、ゆとりのないネガティブな交流になります。仕事上の依頼を奪い合ったり、子どものPTAの役員などの押し付け合いで、精神を消耗した体験にも繋がります。

利害関係がなければ楽観的に優しく接することができる人物でも、損得が生じることで関係が脆弱になっていると言えます。

 

| 3.距離が近すぎる故に生じる人間関係のトラブルもあります

家族や親戚関連にあるケース。親しいはずの家族であったり親戚関係にある人でも、毀損した人間関係になってしまうことがあるもの。他人とは違って、気を使うことなくコミュニケーションが取れる家族や親族ですが、距離が近すぎる故に生じる人間関係のトラブルもあります。

現実に報道で目にする殺人事件や傷害事件の多くは、家族などの血縁関係にある者同士で起こっています。また、結婚をした場合親戚関係が広がるもので、相手側の両親や兄弟姉妹などとのトラブルも当然のように多くなることに。

 

 

 


次にこちらも覚えておきたいもの、関係修復における詳しい内的要因


 

| 1.どんな理由でも、性格が要因で一人で行動する場合が多い

性格に関連するということ。社会には色々な性格の持ち主がいますが、性格的に何をしても良好な人間関係を築くことが困難なケースもあるもの。典型的な性格として挙げられるのは、社交的でなかったり他者の失敗を許せななかったり、短気や他人に無関心など。

人間関係を構築したくてもできない人や、そもそも他の人には興味がなくて、構築したいと思わないタイプもいます。どんな理由があっても、性格が要因で一人で行動する場合が多く、新しい人間関係を構築しても短期間で壊れてしまう人がいるもの。

 

| 2.大人になり再会してみる、どうにも良好な関係が築けない

価値観の変化に関連するということ。人間は成長したりや暮らしの変化で、様々に価値観を変化させながら生きているもの。なので、昔の頃は気の合った仲間でも、大人になり再会してみると、どうにも良好な関係が築けないというケースが多くなります。

どちらかが以前のように仲を深めたいと思っていても、価値観の隔たりからトラブルが生じることもあります。

 

| 3.成長して大人になると症状自体が緩和されることもある

障害に関連するということ。生まれつきの性格だと考えていたものが、昨今の研究結果で障害として診断される事例が増えているもの。その中で人間関係の構築に差し障りが生じるものは、アダルトチルドレンやADHDなどと呼ばれる障害になります。

性格と区別をつけるのは困難で、成長して大人になると症状自体が緩和されることもあり、診断することなく苦労を抱える人が多いのも特徴。

 

 

 


関係修復は占いがよぎることも、その前に一人になり考えてみたいこと


 

| 1.可能なら相手と親しい人に連絡を取り、近況を確認する

相手の立場になり気持ちを考えるということ。壊れた人間関係になった場合のほとんどが、相手側に何らかの思いがあるもの。自らの立ち位置だけでは分からない事実が、相手の立場になり考慮することで、人間関係修復のヒントとなります。

相手が大きなトラブルに見舞われていることもあり、可能なら相手と親しい人に連絡を取り、近況を確認することが必要になることも。

 

| 2.何らかのサインが、探るとトラブルの本質的なの原因が

壊れた人間関係に陥った理由を熟考するということ。そうなってしまった根拠を、冷静になって振り返ってみるというもの。できる限り関係が壊れてしまうしばらく前、そこからの互いの関係に思いを巡らせることがよりベター。

人間関係が壊れ去る前には必ず何らかのサインがあるもので、それを探るとトラブルの本質的なの原因が見えてきます。

 

| 3.ストレスに負けることのない、事前の心構えがポイント

関係修復以外の選択肢も検討するということ。どれだけ努力しても関係を改善できないことがあるので、それ以外の選択肢を用意しておくことも重要。

相手が自身にとり代えがたい存在であれば、修復できない際のダメージは大きなものですが、そういう相手でも修復がきかない可能性もあります。代替えとなる関係を構築したり、自らの力でその穴を埋めたり、ストレスに負けることのない事前の心構えがポイント。

 

 

 


関係修復にはおまじないも使いたいほど、壊れた人間関係の取り繕い方


 

| 1.互いの心の内が和やかに、会話の内容自体もポジティブに

笑顔で話しをするということ。根本的なことですが、トラブルを抱えている人物と話す際、緊張して表情がこわばってしまうもの。

関係を修復したい人との会話であれば、尚のこと努めて笑顔を保つように心掛けます。深刻な会話も笑顔でいるだけで、互いの心の内が和やかになり、会話の内容自体もポジティブになります。

 

| 2.相手の立場に立つことを思い出し、実際に気持ちを確認

相手側の話を聞くということ。互いにトラブルの要因を探っていくと、どうしても個々が利己的になるもの。双方が自身の主張を認めて貰いたいがため、取り急ぎ自分ばかりの話をしてしまいやすくなります。

途中で変な感じがすることもあるかも知れませんが、相手の立場に立つことを思い出し、実際に気持ちを確認するようにします。

 

| 3.慈悲深い心を全面に出し相手の全てを認める、心が通じる

相手を承認するということ。どれほど納得がいかないことを言われても、ひとまず相手を承認する必要があるもの。普段から自らの言い分が正しいと信じていて、現実に自身の意見が通る体験を積み重ねている人ならかなり難しいこと。

ただ関係を修復したい場合、慈悲深い心を全面に出し相手の全てを認めます。すると驚くほど互いの心が通じ合うことに。

 

| 4.喧嘩が収まっても、互いの気持ちは以前として昂っている

長引かせないということ。一旦争いや喧嘩が収まっても、互いの気持ちは以前として昂っているもの。再び自らの主張を押し通したくなるかも知れませんし、赤の他人に戻りたいと思うかも知れません。

自身の主張を冗談にして誤魔化すこともありますが、喧嘩の後というのは神経質になっているもので、真に受けることもあります。喧嘩は長びかせないことが大事。

 

| 5.大きな視点で見れば一人で考えたりする時間が絆を強く

干渉しないということ。喧嘩など嫌な事があった後には、反省したり回復したり、癒やされたりするのにも時間が必要なもの。相手に干渉しないだけではなく、ネガティブ感情の大半がなくなるまでは、相手の側にいないほうがいいかも知れません。

パートナー等が付近にいると安心感はあるかも知れませんが、大きな視点で見れば一人で考えたりする時間が絆を強くすることに。

引き寄せの法則で、関係修復。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

関係修復不可能という言葉もあるほど。ここでは、対人関係での自分のスキルアップに繋がる、関係修復を上手にする方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。