思いやりに欠けた特徴を把握、気持ち悪い人に好かれる場合の対処法


社会生活を送っていると、気持ち悪い人に出会うもの。世の中にはさまざまな巡り合いがありますが、自分と気の合う人などの出会いは宝の一つ。そんな素晴らしい出会いがある一方、何故か気持ち悪い人というのが職場などに居て、どうしても受け付けられないという思いをします。

残酷ですが世間には、気持ち悪い人ランキングというのも存在していて、男性にしても女性にしてもある特徴があるもの。

例を挙げると、電車などでお年寄りや小さな子連れの母親などが立っていても、自分は何食わぬ顔で座っている人。また混雑時でも席を詰めず、荷物を押し当て強行突破しようとする人は気持ち悪い人認定されるもの。

ここでは、思いやりに欠けた特徴を把握、気持ち悪い人に好かれる場合の対処法を紹介しています。

 

 

 


気持ち悪い人はなぜそう思われる、知っておきたい男女共通の特徴面


 

| 1.身だしなみというのはファッションでなく、清潔感が大切

身づくろいが不潔だということ。汚くて臭そうな装を着ている人物は、気持ち悪いと思われても仕方がないもの。

それだけで印象が悪くなるので、身だしなみというのはファッションがどうかではなく、清潔感が大切です。べたべたして気持ちわるい髪なども、側に寄るのも嫌になり、お風呂に入ってないように見えます。

 

| 2.クチャクチャと音を立てて食べる人は、気持ちの悪いもの

食べ方が汚いということ。誰から見ても、食事の際クチャクチャと音を立てて食べる人は、気持ちの悪いもの。

ほかにも、口一杯に物を頬張っているのに話をしようとする人など、食事マナーが不謹慎な汚い食べ方の人物は不快感を感じます。どれほど見た目で好意を抱いても、食べ方が汚ければ恋愛対象外どころか友だちにもなれません。

 

| 3.不快にしているのが判ってない、話を打ち切る勇気を持つ

粘着質でしつこいということ。嫌がる話を何時までも質問し続けたり、自らが気になることを言い続けたりするのは気持ち悪いもの。粘着質の人の場合、しつこい連絡や待ち伏せなど、気持ち悪いだけでなく迷惑な人も多いのですが本人は愛情の一つと考えています。

この手の人は、自身が言うことが相手を不快にしているのが判っていないので、話を打ち切る勇気を持つことが大切。

 

| 4.デリカシーに欠けた人も、気持ち悪がられ嫌がられるもの

個人的なことに首を突っ込んでくるということ。プライベートなことに関わりたがるデリカシーに欠けた人も、気持ち悪がられ嫌がられるもの。

嫌がっているにも関わらず、個人的なことばかり聞いてくる人物は、話をしている相手にも周囲の人にも、気持ち悪い人間だと看做されます。プライベートなことは言いたくない、そんな相手の気持ちを尊重する気持ちはあまりありません。

 

| 5.行動力自体決して悪いことでもありません、手加減が大切

ヲタクが過ぎるということ。没頭し過ぎるオタクは、自分自身の好きなもの以外には興味がない、そんな視野の狭い人間に見られるもの。

最近はメディアの露出度も増え、ヲタク文化も認定されてきましたが、全ての人々が受け入れているわけではありません。自分の好きなことに対し情熱を傾ける行動力自体は、決して悪いことでもありませんが、手加減が大切。

 

| 6.誇らしげに語る、周囲の人たちから飽きれられ引かれて

自慢が多いいということ。無駄に自信過剰で自らの話しを誇らしげに語ると、周囲の人たちから飽きれられ引かれてしまうもの。

更に、自慢話の内容にを入れたりすると、実際はその嘘が明らかになり、見栄っ張りで気持ち悪いと感じられてしまう可能性も。自信を持つことは大事な事ですが、過剰な自分の宣伝にならないようにすることがポイント。

 

 

 


気持ち悪い人として女性の夢にでてくることも、男性としてみる特徴


 

| 1.女性には無用心に触らないようにすることが大事なこと

下心が透けて見えるということ。初対面かどうかは関係なく、馴れ馴れしい態度でやたらと触って来るなどの男性の行動は、下心が見え気持ち悪い男と思われるもの。

女性は恋愛に対しロマンチストであり、身体が目的の男性を避けますが、相手が喜んでいると思い違いする馬鹿な男性もいます。紳士として評価を上げたいのであれば、女性には無用心に触らないようにすることが大事なこと。

 

| 2.母親に相談したり報告する男性は、母離れができていない

マザーコンプレックスがあるということ。世の中の大半の女性は、マザコン男を気持ち悪いと看做し、生理的に受け付けないもの。

母親のことを大切に思うのは当たり前ですが、母親がいなければ自分自身で何も決められない男性は、マザコンとして気持ち悪い男に分類されます。

何か事あるごとに、母親に相談したり報告したりするような男性は、母離れができていないと避けられることに。

 

| 3.努力する姿勢もない男性は気持ち悪がられることになる

運動神経が鈍過ぎるということ。運動が不得手で動かないので、体力がなくすぐに疲弊する男性は、頼りなく見られてしまうもの。ただ運動神経が鈍いだけのことで、気持ち悪いと思うような女性というのは滅多にはいません。

運動神経がなくても頑張っている姿を見せることができれば、評価されることもありますが、努力する姿勢もない男性は気持ち悪がられることに。

 

| 4.ロリコンは行き過ぎると犯罪に繋がるので、犯罪予備軍と

ロリータコンプレックスがあるということ。幼女を性的に嗜好するロリコン男を、理解できる女性は先ずいないと言って良いもの。理解できないどころではなく、拒否感を感じる女性も多く、気持ちの悪い男性と思われてしまいます。

アニメやゲーム上の二次元キャラクターだとしても、ロリコンは行き過ぎると犯罪に繋がるので、犯罪予備軍と看做されてしまう可能性もあることに。

 

| 5.大人の対応を取って、見せかけだけで内心は呆れ果てて

エッチな話が大好きということ。下ネタが大好きな男性も、下心が透けて見える男と同じく、気持ち悪い人と認定されるもの。女性に対して嫌らしい言葉をいったり、初体験の話や経験した人数を聞いてくる男性は、女性には不快感しか与えません。

男性のエッチな話に対して、女性は表面上では笑って大人の対応を取っていますが、見せかけだけで内心は呆れ果てているもの。

 

 

 


気持ち悪い人はスピリチュアルの面から来ている?女性から見る特徴面


 

| 1.泣き出したり怒り出したりする女性に、手を焼いた経験も

感情の波が激しいということ。皆で楽しく過ごしているのに、すぐに感情的になるタイプの女性は男性を困らせるもの。唐突に泣き出したり怒り出したりする女性には、手を焼いた経験がある人も数多くいます。

例えどんなに美人とされる彼女でも、ヒステリックに追求されたり、感情的になったりされると、男性には洒落になりません。

 

| 2.警戒心を抱かせるだけ、男性の評価はとても悪いので注意

意味もなく身体を寄せてくるということ。意味もなく男性に色目をつかう女性は、引っかけやすく軽い女と思われるもの。

酔った振りをして男性に寄りかかってくる女性も、男性からすると内心では気持ち悪く感じることもあります。こういう態度は尻軽に見られ、警戒心を抱かせるだけで、男性の評価はとても悪いので注意が必要。

 

| 3.若く見られたいからと不自然な若作りを、気持ち悪い女

年齢に相応しい格好をしていないということ。いつまでも若く見られたいからと不自然な若作りをすると、気持ち悪い女と思われるもの。

若く見せるための若作りが、よけいに老けたイメージになることも良くある話で、年齢相応の服装を選んだ方が意外と若く見られることに。若者に流行っているものを取り入れたいのであれば、さりげなく小物だけにするなどを考えます。

 

| 4.写真を加工の女性も、どれほど自分の顔が好きと思われる

SNSに入れ込み過ぎるということ。SNSにのめり込み過ぎている女性は、男性からみると気持ち悪い女の人に見えるもの。

ブログやSNSに自撮りのクローズアップばかり載せたり、やたらと写真を加工して載せる女性も、どれほど自分の顔が好きなんだと思われることに。

また、インスタで自身の服ブランドや化粧品等をハッシュタグにする人も、自分に酔ってる感が気持ち悪いと思われてしまいます。

 

| 5.気味が悪いと怖がられるのはもちろん、避けられることも

スピリチュアルに熱中しているということ。女性は神秘的なものに興味を持つもので、恋占いなどは大抵の女性が好きで雑誌等で特集が組まれるもの。

ただ、嵌まり込み過ぎて全身がラッキーカラーファッションになったり、怪しげなアイテムを購入したりするような女性は注意が必要。

スピリチュアルに夢中になり過ぎている女性は、気味が悪いと恐れられるのはもちろん、避けられるケースもあることに。

 

 

 


自分を保ち毅然とすることが大事、気持ち悪い人に好かれた際の対処法


 

| 1.生理的に合わないと感じる人に好かれた場合、明確に断る

毅然と注意するということ。気持ち悪い行動がどうしても我慢できないときは、相手に明確に注意するのも対処法の一つ。

曖昧にしないことが大切で、嫌なことは嫌だと言っておかないと、本気で避けてないから大丈夫と、自らの都合のいいように考える人もいます。生理的に合わないと感じる人物に好かれた場合は、明確に断る勇気を持つことが重要に。

 

| 2.当たり障りのない話をしながら、右から左にへと聞き流す

距離感を維持して受け流すということ。精神的な距離感を守るためスルースキルを身に付けることが大切で、気持ち悪い人には適切な距離を保つようするもの。

プライベートな話題はなるべく避け、当たり障りのない話をしながら、右から左にへと聞き流します。そのうち相手も自身が避けられているということに気が付くはずで、少しずつ距離が離れ自然と関係性は消えていくことに。

 

| 3.変な誤解を生じさせないために、最初から目は合わせない

目を合わさず反らすということ。気持ち悪いと思う人に好かれないためには、視線を合わさず反らすことが大切なもの。

ある意味気に掛かる存在ですが、変に見て何度も目が合ってしまうと、自分に好意があるのではと勘違いされる可能性もあります。

特に婚活パーティー等では、思い違いされやすいもので、変な誤解を生じさせないためにも、最初から目は合わせないようにすること。

 

| 4.距離を置くようにすれば、話しかけて来ることも少なく

近寄らず隣に座ったりしないということ。とにかく近寄らないで、物理的な距離を取ることを心掛けるというもの。

特に飲み会などでは、隣に座らないことを徹底することが大切で、生理的に無理な人に好かれてしまわないようにします。必要以上に近寄らずできる限り距離を置くようにすれば、向こうから話しかけて来ることも少なくなります。

引き寄せの法則で、気持ち悪い人から脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

どうしても受け付けられないという思い。ここでは、思いやりに欠けた特徴を把握、気持ち悪い人に好かれる場合の対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。