理不尽な人の心理や特徴をしっかりと把握、接し方に活用する対処策


人間長く生きていると、理不尽な人に出会うこともあるもの。もとより理不尽な人というのには意味があり、その文字になっている通り、道理に合わないことをする人のこと。これは道理から外れた態度や振る舞いに、そうしたやり方を指して呼ばれることが多くなります。

職場の上司をはじめ、両親やパートナーに友人など、周りにいる人たちから一度くらいは理不尽な扱いを受けたこともあるもの。ただ理不尽なことに耐え続けても、ほとんど成長には繋がりません。

立場上ある程度は致し方ないかも知れませんが、理不尽がまかり通る環境に身を置き続けていても精神的な疲弊があるだけです。ここでは、理不尽な人の心理や特徴をしっかりと把握、接し方に活用する対処策を紹介しています。

 

 

 


自身では気が付いていないことも多いもの、理不尽な人の心理と特徴面


 

| 1.コロコロ変わるというのは、自分の発言に一貫性がない

話すことよく変わるということ。。言うことがコロコロ変わるというのは、自分の発言に一貫性がないというもの。道理を気にしない人で、感情が爆発するタイプではないものの、発言が変化してしばしば無理難題を押し付けてきます。

こうした理不尽さを堪忍ぶのも非常に困難ですが、じっくり付き合ってみないと危険人物と判るのが難しいことに。

 

| 2.人間的に優れているので昇進すると限らないのが会社と

自身が悪くても、人に責任転嫁するということ。上司が犯したミスなのに、無理やり部下に責任を押し付ける人物は多いもの。こうしたタイプは要注意で、これは即ち理不尽な言動へと繋がり、自ら責任を取ろうとしない傾向にあります。

重要なポジションに付いている人間でも、人のせいというスタンスをとることが少なくなく、人間的に優れているので昇進すると限らないのが会社というもの。

 

| 3.同情の余地があるものの、理不尽なことには変わりはない

日頃ストレスを溜めているということ。日常的にストレスが蓄積している人も、理不尽な振る舞いや要求をしてくることがあるもの。これは性格的なものと違い同情の余地があるものの、理不尽なことに差はないので要注意。

こういうタイプは、その人自らが何処かで理不尽な思いをしているケースも多く、理不尽の連鎖が生じている状態です。

 

| 4.理不尽なことを言っている、自覚を持ちながら振る舞う

度が過ぎる一言が多いということ。そもそも言わなくていいことを言うタイプは、人柄的に理不尽な場合が多いもの。2つに別けられ、無意識に言ってしまう場合と、意識的に言う時があり、後者のわざわざ喋ってしまう人は要注意。

これは煩わそうとしているのが大半で、自分は理不尽なことを言っているという、自覚を持ちながら振る舞っています。

 

| 5.自分で自分自身を制御をすることができないということ

不機嫌だと態度が変わるということ。些細なことでイライラするような人物は、得てして身近な人や物に八つ当たりをするもの。こういうタイプの人は、感情的な起伏が激しく、自分で自分自身を制御をすることができないということ。

注意したいのは標的にならないことで、悪いことをした訳でもないのに、毎回怒りの矛先を向けられる人がいるもの。

 

 

 


心身の不調に繋がることもある、試してみたい理不尽な人への対処方法


 

| 1.俯瞰的に捉え、胸の内で軽んじることで無関心の存在に

理想的な対処の一つが、気にしないということ。偶然出会った人に理不尽なことをされた場合、瞬間的に不快になるものの、一生関わらないということもできます。

しかし職場の上司であったり取引先の人たちは、簡単に関係を断つことはできないので、一番手早い方法は気にしないというもの。

こういう心構えを持つために重要なことは、理不尽な目に遭遇しているという状況を大局的に捉え、相手を胸の内で軽んじることで無関心の存在にします。

 

| 2.言語化して、止めて欲しいことを簡潔に伝えるのが重要

冷静な態度で反論するということ。多少の危険はあるものの、反論するというのも、対処法としては考えてよい事の一つ。接客業等の理不尽なクレームに対しては、平身低頭ばかりではなく、堂々とした対応を続けることが効果的なこともあります。

職場の上司などには反論をするのは難しい感じもしますが、相手の理不尽さをきちんと言語化して、止めて欲しいことを簡潔に伝えるのが重要。

 

| 3.表面的には友好を装いつつ深い交際はしないということ

距離を取るということ。仕事上の人間関係などは若干困難かも知れませんが、比較的有効な手段が距離を取るというもの。その人物がすぐに離れられるような存在ならば、下手に躊躇わないですぐに距離を取ることがポイント。

ただ距離を置くことと、無視するというのは心持ち違い、前者は表面的には友好を装いつつ深い交際はしないということ。

 

| 4.早めに仕事を休んだり、心療内科に罹ってみたりと対処

心身の不調に繋がるときは、早めに対処するということ。理不尽を我慢することにより、心身に不調をきたしてしまう人もいるもの。

人間は一旦壊れてしまうと元に戻るの本当に大変なので、早めに仕事を休んだり、心療内科に罹ってみたりと対処しておくことが重要。理不尽な環境に身を投じ続ける必要はまったくなく、思い切って人間関係のリセットなどを考えてみます。

 

| 5.気持ちは和らぐもので、溜まった不満も少しだけ晴らせる

上司や同僚などに相談するということ。全ての人間が異議を唱えたり、理不尽自体を気にしないで生きていける訳ではないもの。

理不尽な扱いに心が傷つき、一人で背負ってしまうと精神的に悪影響が出るので、限界が来る前に必ず上司や同僚などに相談するようにします。ある程度の話しをするだけで、気持ちは和らぐもので、溜まった不満も少しだけ晴らすことができます。

 

| 6.良い人物に巡り合えない可能性も、リスクも含めた選択肢

部署異動や転職をするということ。どうしようもない場合の最終手段とも言えるものが、部署の異動や転職というもの。これは環境を丸ごと変えてしまうという試みで、部署が違えば理不尽な上司と関わることもなく、日々のストレスから解放される可能性もあります。

もちろん転職や部署異動願いをしても、良い人物に巡り合えない可能性もありますが、そうしたリスクも含めた選択肢を考えます。

 

 

 


理不尽な人への仕返しは成長に繋がらない、自分がならないための対策


 

| 1.自身の行動を精査する、相手はどう思うかを常にイメージ

相手側の立場になって考えるということ。これは理不尽な人間にならないための、基本とも呼べる重要なもの。理不尽な振る舞いをしてしまいがちな人は、こうすると相手はどう思うかなど、想像力が欠如している場合が非常に多くあります。

先ずは、自分自身の行動の一つ一つを精査することで、こうすると相手はどう思うかを常にイメージする癖を付けます。

 

| 2.怒鳴り声を出す人や泣きながら訴えるような人を冷たい目

感情的な言動をしないということ。一流アスリートでさえ、時には激高してしまうほどなので、完璧に感情を抑えるということには無理があるもの。

人間は他者のネガティブ感情の発現を嫌うので、怒鳴り声を出す人や泣きながら訴えるような人を冷たい目で見ます。軽はずみに感情を撒き散らすようなことは、自分自身にに何のメリットももたらさないので注意するようにします。

 

| 3.当たり前ですが人の記憶は薄れやすく、思い返すのが理想

自らの言動を定期的に振り返るということ。自分の発言をコンスタントに振り返るという、修正的な手段も有効なもの。

感情的になり不適切な言葉を口にすることもありますが、重要になってくるのが修正力というものです。理不尽な自らの言動を定期的に振り返ることが大切。当たり前ですが人の記憶は薄れやすく、日々思い返すことが理想でアフターケアもポイントの一つ。

 

| 4.ゆとりを失ってしまい、他人の気持ちを察する余裕もない

ストレスを溜め込まないということ。普段の日常生活をすごしていると、どうしてもストレスが蓄積されるもの。ストレスが溜まると、自分自身のことにもゆとりを失ってしまい、他人の気持ちを察する余裕も同時になくなります。

運動をしてみたり、趣味などの夢中になれるものに熱中してみたりと、陰鬱した気持ちを発散し、無闇に人にぶつけないようにします。

 

| 5.機嫌に影響された行動はなかったかなどをチェックする

機嫌に影響されないということ。機嫌の悪い日というのもありますが、現実に態度に現してしまうのは避けたいところ。

これも一日をしっかりと振り返り、機嫌に影響された行動はなかったかなどをチェックすることが大事。言動や態度に出てしまった場合は致し方がないので、段々と修正していくことを心掛ければ大丈夫です。

引き寄せの法則で、理不尽な人から脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

道理に合わないことをする人たちのこと。ここでは、理不尽な人の心理や特徴をしっかりと把握、接し方に活用する対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。