メリットはたくさんあるもの、集団行動が苦手な子どもや大人の克服法


世の中には大多数で移動したり行動したりと、集団行動をすることもあるもの。もちろんそれにはメリットも多くありますが、団体行動を不得手とする人には苦痛を感じます。

若いうちなどは一人で行動していても問題はないかも知れませんが、成年に達して仕事に就くようになれば、集団行動が苦手だということはネガティブな結果にもなりかねません。

ただ集団で行動をするというのは、大人数の各自が歩調を合わせる必要があり、頭数が多いほど全体の意思を確認し行動に移すので、時間も掛かり大変な一面があります。

それに対し一人の単独行動は誰の意見も気にしないで、自らの思い通りに行動できるので時間も掛かりません。なので時間を大切にしている人々にとっては、集団行動は時間が勿体ないと感じてしまうもの。

ここでは、メリットはたくさんあるもの、集団行動が苦手な子どもや大人の克服法を紹介しています。

 

 

 


時間の無駄遣いと感じているもの?集団行動が苦手になる原因と心理面


 

| 1.何がしかのトラウマが心の底に、苦手になる心理的な要因

大勢の人がいる空間が苦手ということ。混み合った電車をはじめ、人が多く集まるイベントなど、とにかく人が押し合いへし合いする空間が苦手という人は思いの外多いもの。

人の群れの中を歩いて人間に酔ったり、具合が悪くなる人もいて、苦手意識が集団行動ができなくなる原因の一つに。この人混みが苦手という人は、何がしかのトラウマが心の底にあったり、苦手になる心理的な要因が隠れていることもあります。

 

| 2.周囲から浮き上がるのが怖く、集団行動が苦手になること

周りの人たちに馴染む自信がないということ。集団行動は人だかりに囲まれ、できる限りその場にいる全員と上手くやらなければいけないもの。

上手く打ち解けることができないタイプは、周囲から浮き上がるのが怖くて、集団行動が苦手になることがあります。他の人に無理をして合わせるぐらいなら、単独で個人行動をした方が気が楽だと思ってしまいます。

 

| 3.他人に評価され嫌われる事に対し挙動不審になってしまう

周囲の評価を気にし過ぎるということ。自らに自信がない人が多いものが、周りの人たちの目を気にし過ぎるというもの。誰にどう言う風に見られているのか、思い詰めてしまい集団行動が怖くなってしまいます。

他人に評価され嫌われる事に対し、挙動不審になってしまうことで、集団で過ごすことにストレスを感じてしまいます。

 

| 4.配慮が過剰になるタイプの人は、集団でいることに疲弊

大人数で行動すると、配慮し過ぎて疲れるということ。他人の顔色を窺うということは、さして悪いことではないもの。ただ周囲の反応を高く見すぎ、配慮が過剰になるタイプの人は、集団でいることに疲弊してしまうことがあります。

自身のことより周りの人たちを気にしてしまい、嫌な思いをしていないかなど考え過ぎるので、増々集団行動が困難になります。

 

| 5.その人の個性になる、集団行動になるとその持ち味が半減

独自の世界観を持っているということ。自らの世界観が独特過ぎると、その思いを分かち合える人とは、なかなか出会えないもの。

なので、解かりあえない人たちと一緒に行動するより、一人でいた方がずっと楽しいと感じてしまいます。独特の人生観などはその人の個性になるものですが、集団行動になるとその持ち味が半減してしまいます。

 

 

 


集団行動の苦手さは仕事にも現れるもの?意見を曲げたくない特徴面


 

| 1.集団行動を苦手としている、人と関わるのが不得手な人も

コミュニケーションが不得手で上手く話せないということ。集団行動を苦手としている人の中には、人と関わるのが不得手な人も多いもの。

一人が好きなので、コミュニケーションを他人と抵抗なく取れず、それが原因で更に集団行動ができなくなることに。そんな自分を自分自身で良く判っているので、益々人前に出るのが苦手になり、人と会話するのが困難になります。

 

| 2.集団の中では衝突を起こしたり、一人だけ浮き上がること

自分らの意見を曲げたくない頑固な人ということ。強い信念を持っているタイプは、自らの考えに固執してしまうので、他人に合わせることが出来ないもの。

その為、集団の中では衝突を起こしたり、一人だけ浮き上がることもあるので、集団での活動が嫌いになってしまいます。自身の考えを人に合わせることが頑固過ぎて出来ないので、集団より孤独を選んでしまうことに。

 

| 3.独自世界を好み、他者を自らの世界に招き入れるのが苦手

人間嫌いということ。自分自身以外の他者が嫌いという人間嫌いな人は、当然に大多数を避ける傾向があるもの。人間嫌いな人物というのは自らの世界に入り込むことを好み、他者を招き入れることが苦手です。

幼少期の影響や何事かのトラウマがあるなど理由は人それぞれですが、人間嫌いというより怖いと感じる人も少なくなく、改善に時間が掛かる事もあります。

 

| 4.合わせることが苦悶、ストレスが募ることで集団行動嫌い

大勢だと多数意見に同意しがちということ。集団行動を苦手とする人には、自らの意見を主張できない人も多くいるもの。この手のタイプの人は自らの意見に反しても、とりあえず他人の意見に大雑把に合わせてしまうことがあります。

ただ本心は異なるところにあり、徐々に他者に合わせることが苦悶になり、ストレスが募ることで集団行動が嫌いになります。

 

| 5.旅先で勝手な行動をしたりすると、大変な迷惑を掛ける

空気が読めない行動や発言をするということ。集団行動において、その場のシーンに合わない発言等をすると、浮いてしまうこともあるもの。

例を挙げると団体旅行に行った際など、周りに引かれるような発言をしたり、旅先で勝手な行動をしたりすると、大変な迷惑を掛けることに。普段とは違う旅行先という環境などでは、その見勝手な行動は安全に関わる場合もあるので注意。

 

 

 


参考までの目安にする、集団行動が苦手な幼児を年齢別に分けた考え方


|  1.2歳児では、まだ集団行動は無理ということ

2歳児程度になると身体機能が発達してくるので、走ったり踊ったりと自由に身体を動かせるようになるもの。

今までは目の前のおもちゃだけに集中していた子供も、周囲の子供達を認識できますが、まだ言葉も足りないため仲良く遊ぶ方法も判らず衝突することがあります。

| 2.3歳児は平行した遊びが多いということ

この頃になれば意思の伝達も上手になり、一緒に砂場で遊んだり、同じおもちゃを使用した遊びなどができるようになるもの。相手の反応を窺うことができるようになりますが、時期的に自我が強て譲り合いなどはできず、友達とは衝突しがちです。

 

| 3.4歳児から5歳児になると、遊び仲間が増えるということ

他の子供とコミュニケーションが取れるようになり、仲間がいることの楽しさや喜びを感じ、遊び仲間が段々と増えていくようになる頃。

競争心も起きる頃合いで喧嘩も増えていきますが、時には我慢したり譲ってあげるなど、コミュニケーション的にも上手になります。

 

| 4.集団行動が苦手なことを、幼稚園くらいから考えて見る

5歳児以上の保育園や幼稚園などで集団生活が長くなるにつれ、徐々に協調性や社会性が養われていきくもの。

この年頃になると他の子供達の気持ちを考えたりすることをはじめ、話し合ってみたり協力し合ったりすることもできるようになります。

 

 

 


集団行動が苦手なのはひょっとすると天才かも、その4つのメリット面


 

| 1.集団では各自が知恵を出し合い、難問に立ち向かうことが

困った時に助けてもらえるということ。集団行動をする大きなメリット面が大勢で過ごしているので、困った時には誰かが助けてくれるというもの。

個人行動では自分が壁にぶつかった際、独力で解決をしなければなりませんが、集団では各自が知恵を出し合い、難問に立ち向かうことができます。これは一人っきりではなかなかできないことで、文珠の知恵とは良く言ったもの。

 

| 2.集団行動をしている人は孤独を感じる暇がない位になる

寂しい気持ちが満たされるということ。一人で過ごすことが大好きな人であっても、時には一人っきりでいることに、一抹の寂しさを感じることがあるもの。いつも大勢に囲まれ集団行動は過ごすので、寂しさを感じても他人に関わることで解消することができます。

楽しく仲間と会話をしてみたりや、退屈しのぎに付き合って貰ったりと、集団行動をしている最中は孤立を感じる隙間がない位になります。

 

| 3.手際が良い立ち回りをできる人の方が能力が高いと評価

孤立してる人より仕事上で評価されやすいということ。会社が人物評価する際、他人とのコミュニケーション能力を問題視されることが多いもの。

なので一匹狼で仕事をこなしていく人より、大勢の中の職務上で手際が良い立ち回りをできる人の方が能力が高いと評価されます。会社は組織で動いているもので、単独行動をする人より集団行動ができ、チームワークを重要視する人を求めています。

 

| 4.集団行動に慣れることで、相手の気持ちを察する訓練にも

他の人の気持ちが学べるということ。単独行動ばかりしている人は、いつも自分自身のことだけを考える癖がついているもの。

集団行動の最中は、他人の気持ちを考えない行動をする人物は、大勢の中で浮き上がることになるので、相手の気持ちを自然と考えることが身に染みてきます。

他人の気持ちを感じることが苦手だという人も、集団行動に慣れることで、相手の気持ちを察する訓練にもなります。

 

 

 


考え方の違いで集団行動は楽ちんになるもの、試してみたい克服方法


 

| 1.個々の人に興味を持って眺める、集団への恐怖心も薄れる

他の人に興味を持ってみるということ。これまで一人で過ごすのが好きで、自らのことにしか興味がないいう人は、他者に目を向けてみるというもの。

集団の中にいると個々の人たちに目を向けることはそうありませんが、集団というのは個々の集まりです。それぞれに個性があり考えも違うので、個々の人に興味を持って眺めると、集団への恐怖心も薄れること請け合い。

 

| 2.流されてしまうので、ストレスが発生して集団が苦手に

集団の中の自分自身の立ち位置を確立するということ。自分の意見を通すのが苦手な人物は集団の中で、その時々で流されてしまうことが多いもの。周りの人たち合わせようと流されてしまうので、そこにストレスが発生して集団が苦手になってしまいます。

自らの胸の内で決めてしまうだけでいいので、集団の中での自分自身の立ち位置、役目を決めてしまうと楽ちんになります。

 

| 3.誰かに信頼して貰うことで、自身の居場所を見つけること

聞き上手を目指すということ。集団の中で自分の意見を通すことができない人は、自らの意見を言うのを止め、聞き役に徹してしまうというもの。人間は自身の話を熱心に聞いてもらえると、嬉しいと感じるもので、その人物を信頼できます。

集団の中にいる誰かに信頼して貰うことで、自身の居場所を見つけることもでき居心地も良くなってくるはず。

 

| 4.トラウマを抱えている場合、心を許す人物を先ず見つける

少ない人数で良いので、信頼できる人たちを作るということ。心から信頼できる人物を、先ずは一人見つけるというもの。

誰かに裏切られたりしたことや、友だちから仲間はずれといった、大多人へのトラウマを抱えている場合、心を許す人物を先ず見つけることです。その後は、信頼できる人物から友人を紹介して貰うなどして、信用できる人のを少しずつで良いので広げます。

 

| 5.集団行動の心労もなくなり、仲間と過ごす時間も楽しく

共通の趣味など、自身が心落ち着く集団を探すということ。最も簡単な集団行動における苦手を乗り越える方法が、自分と似ている集団を探すというもの。

周囲から理解されない趣味があるケースや、価値観が合う人たちに早々出会えないという人でも、しっかり探せば自分を理解してくれる人たちはいるはず。理解しあえる相手となら何時間でも一緒に過ごせ、集団行動の心労もなくなり、仲間と過ごす時間も楽しくなります。

 

引き寄せの法則で、集団行動の苦手も払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

団体行動を不得手とする人には苦痛があるもの。ここでは、メリットはたくさんあるもの、集団行動が苦手な子どもや大人の克服法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。