詰まらない毎日を楽しんで晴れやかにする、人生に飽きた時の対処法


刺激も何もなく詰まらない毎日を過ごしていると、人生に飽きたと思うこともあるもの。明日も明後日も同じ事を繰り返しすることが頭で解かっていると、過ごす毎日が酷く詰まらないものに思えてきます。

これは人生に飽きている兆候かも知れません。ただこの退屈で飽きたという心情は、物心ついた時分から、延々と感じている訳ではありません。なので、自分の人生に飽きたというターニングポイントが何処かにあるはずです。

そうした飽きたと感じてしまう要因や切っ掛けが分かれば、再び退屈で詰まらないと感じている人生を楽しむようにできることに。ここでは、詰まらない毎日を楽しんで晴れやかにする、人生に飽きた時の対処法を紹介しています。

 

 

 


飽きたというのは彼女などにも言えるもの、知っておきたいその原因面


|  1.無茶な挑戦をして失敗するより前に、現状維持を考える

年齢を積み重ねるに連れ、10代等に比べて楽しいことがないということ。何でも挑戦できたのは、10代の頃や20代前半というもの。少しでも面白そうだと感じた事に挑戦し、何故あんな事出来たのかと自ら思ってしまうほど、怖いもの知らずだった頃です。

年齢を重ねるに連れ自然と経験値も上がっていき、無茶な挑戦をして失敗するより前に、現状維持を考えてしまい退屈な日々ができあがります。

 

| 2.のんべんだらりと過ごす間に、あっという間に時間が過ぎ

やりたい目標や夢がなく、日々を漫然と過ごしているということ。仕事は抜かりなくこなしているものの、ただそれだけというもの。仕事が終わった後や休日は特にやりたい事もなく、のんべんだらりと過ごす間に、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

時間を忘れ熱中するような趣味もなく、モチベーションが上がる夢も目標もないので、人生が退屈だと感じ飽きてしまいます。

 

| 3.若さ故の特権か歳をとっていても前向きなプラス思考の

ネガティブ思考で物事を否定的に捉えてしまうということ。何事も無鉄砲に飛び込んでいけるのは、若さ故の特権か歳をとっていても前向きなプラス思考の持ち主のみ。

何事も否定的に捉えてしまいがちなネガティブ思考の場合、新しい事を始めようとしても、胸躍るシーンより危険かも知れない側面ばかり考えてしまいます。結果的に、新しい事柄に挑戦することなく、毎日同じ事の繰り返しとなり退屈な人生に飽きたとなります。

 

| 4.人生に飽きたというより、自分はなんて退屈で詰まらない

自らの将来を諦めたということ。会社の出世の階段から外れてしまったり、自分が結婚できるはずがないなど、自らに失望し将来に明るい展望が描けないというもの。こうしたことが原因で、新しい胸躍る事柄にチャレンジしようとする気持ちが、萎んでしまうことも多々あります。

こうしたケースでは人生に飽きたというより、自分自身はなんて退屈で詰まらない人間と、自らに対し諦めてしまっています。

 

| 5.判で押した生活リズムが固定化し、刺激も何もなく飽きた

同じような毎日を繰り返して、刺激が足りないということ。平日は同じ時間に起床した後、出社して同じような時刻に帰宅するというもの。

仕事を始めた時分は時間配分もよく分からかったものの、慣れてくると自身にとりベストとも言えるルーティーンが出来上がっています。気が付けば判で押したような生活リズムが固定化し、刺激も何もなく飽きたという思いになります。

 

 

 


飽きたという意味を吹き飛ばす、参考にしたい人生を楽しんでいる人物


 

| 1.繰り返しのように見える日々の中、目標や夢を持っている

自身のやりたいことをやっているということ。人生を楽しんでいるタイプは、同じことの繰り返しのように見える日々の中でも、目標や夢を持っているもの。

仕事と両立するのはなかなか大変ですが、仕事の後の趣味が凄く楽しみと言うようなことです。自身が心の底から楽しいと思える事を持っているので、人生に対し退屈で飽きたと考えることがありません。

 

| 2.面白そうからやってみたいになり、やってみると考える

好奇心が旺盛で、新しいことに積極的に挑戦しているということ。人生を謳歌している人の多くは、何にでも首を突っ込みたがるもの。

少しでも興味が湧くことがあればすぐにチャレンジ、年齢を言い訳にトライもしないなんてことはありません。好奇心が旺盛な人は、面白そうからやってみたいになり、やってみると考えるので、退屈や飽きるということとは無関係。

 

| 3.放置すると、この先も自分の人生に飽きたままというもの

ポジティブ思考で積極的に物事を考えるということ。現在の飽き飽きした状態のままを放置すると、この先も自分の人生に飽きたままというもの。人生を楽しんでいるタイプの人は、如何なる状況になっても、前向きに考えるポジティブ思考の持ち主です。

仕事に慣れたときは、その処理速度を上げる方法を考え、空いた時間で目新しい事に挑戦してみたりと、どんなときでも積極的に楽しもうとします。

 

| 4.困難な状況を逆手にとり、楽しむための理由にしてしまう

どんな状態でも楽しもうとするということ。人生を楽しんでいる人というのは、自らにとり困難な状況であっても、逆に楽しもうとする性格。なので、他人の意見やその場の雰囲気に流されることがありません。

新しい上司が、ほとんど笑わない気難しい人と聞いた際は、どうやって攻略しようなどのように、困難な状況を逆手にとり、楽しむための理由にしてしまうことに。

 

 

 


飽きたときのやり方も大切なこと、自分の人生をより豊かに楽しむ方法


 

| 1.面白いことや楽しいことは、いつだって現場で発生して

頭に浮かんだら、すぐ行動に移す習慣をつけるということ。何かと理由をつけ行動しないということもあるもの。やらない理由や行かない理由を見つけるのはとても簡単ですが、それはとても勿体ないことです。

頭に浮かべば行動する方が良く、少しでも興味を持てば動き出します。面白いことや楽しいことは、いつだって現場で発生。

 

| 2.自然と人も集まり、その分面白いことや楽しいことに遭遇

普段の生活から笑顔で過ごすことを心掛けるということ。自分の人生が詰まらないと、考え方もネガティブになり落ち込んでしまうもの。人生に飽きたからといって、常に不機嫌な顔をしていると、周りの人たちも離れていってしまいます。

いつも機嫌が良いと思うくらい笑顔でいると、自然と人も集まり、その分面白いことや楽しいことに遭遇しやすくなります。

 

| 3.可視化、自分自身が取り組みたいことや興味があること

興味のあることやしてみたいことをリストアップするということ。職場での会話や雑誌やTV、ネット上で見かけた情報で気にるものをチェック。リストアップの順番などは気にする必要がはないので、とにかく一覧表にして眺めるようにします。

そうやって可視化してみることで、本当に自分自身が取り組みたいことや、興味があることなど少しずつ見えてきます。

 

| 4.同じ事を繰り返すだけの日々とは正反対の環境に身を置く

一人旅に出かけ、見聞を広げるということ。見知らぬ土地を彷徨う印象がありますが、週末の日帰り一人旅をはじめ二泊三日程度の旅行も立派な一人旅。一人っきりで見知らぬ土地に行けば、嫌でも自ら一人で考えて興味ありそうな所などを探すもの。

同じ事を繰り返すだけの日々とは正反対の環境に一時的にせよ身を置くことで、自身が本当にやりたいことや楽しいと感じることに気付けるようになります。

 

| 5.退屈な毎日に輝くような刺激を与えてくれること請け合い

人生を満喫している人と行動を共にするということ。周りにいる人々すべてが、同じように詰まらないと感じているわけではないもの。毎日のように胸躍らせている人が身近にいるのなら、思い切って一緒に行動させて貰います。

話し一つにしても、実際に見たことないのであれば、退屈な毎日に輝くような刺激を与えてくれること請け合いです。

 

| 6.連絡を心待ち、デート日程を指折り数えて胸が高鳴るもの

心の底から好きになれる恋人を見つけるということ。特に好きな人もおらず、文字通り独身の日々は刺激もなく穏やかで退屈な日常の繰り返し。没頭できるような趣味やしたい事も見当たらなければ、思い切って恋人探しをするのも一つの方法。

今は退屈な毎日でも、気になる男性や女性が現れれば、連絡を心待ちにしたり、デートの日程を指折り数えて胸が高鳴るもの。

 

| 7.他人の顔色は伺わないで自分自身の思うままに素直に行動

周りの顔色は窺わないで、自らの感情通りに行動するということ。自分に関係がなくても、他者の言動に難癖をつけてくる厄介な人がいるもの。そんなタイプは、他人が新しい事に挑戦し始めると、何処からか現れどうでも良いような文句をつけます。。

そんな周りの声を気にしても詰まらないだけなので、他人の顔色は伺わないで自分自身の思うままに素直に行動します。

引き寄せの法則で、飽きた思いを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

同じ事を繰り返しすることが頭で解かる。ここでは、詰まらない毎日を楽しんで晴れやかにする、人生に飽きた時の対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。