恋心が分からないことも多いもの、特徴を知り無粋な人にならない方法


世の中を見渡してみると、無粋な人というのがいるもの。無粋の読み方はぶすいですが、それこそ読み仮名を知らないと無粋な人物とされます。無粋のほかに不粋とも書き、言葉そのままに粋ではない状態を表しています。

言うまでもなくというのは、言動や立ち振る舞いが垢抜けている様子で、他人の気持ちや世の中のことなどを、よく知っていることを意味する言葉。なので反対に、無粋や不粋という言葉は、小意気なところや遊び心がなく新鮮味に欠けた人物や、人の心情に鈍い人物に関して使われることが多いもの。

似た言葉に野暮というものありますが、こちらも同様に人間の心の機敏を感じ取れない人に使われます。無粋と大きく違う点は、色恋の関係に対し使われることがあるかどうかで、元々という言葉には男女関係の諒解を意識したニュアンスが含まれています。

ここでは、恋心が分からないことも多いもの、特徴を知り無粋な人にならない方法を紹介しています。

 

 

 


無粋な真似をすることも多いもの、胸の内の知っておきたい心理的な面


 

| 1.自らの意見、物事を判断する際も正しいか否かだけが基準

自らの意見を正しいと考えているということ。不粋な人というのは、他人の意見を受け入れることを不得手とする傾向にあるもの。なので、自ずと自らの意見こそが正しいと考え、物事を判断する際も正しいか否かだけが基準になり、トラブルを生じさせることに。

無粋な人物は、相手側の立ち位置や心情を感じとることがないので、相手の人物を傷つけてしまうことも度々あります。

 

| 2.視線を意識している、垢抜けた粋な人とは全くの逆の性質

他人に推されず目立たないということ。堂々とした粋なが漂う目立つ人とは真反対で、不粋な人は野暮ったく立たない傾向にあるもの。

他の人から滅多に耳目も集めず、存在が疎ましく思われることも多く、見られているという意識も当人は持っていません。いつもある程度、周りの人たちの視線を意識している、垢抜けた粋な人とは全くの逆の性質があります。

 

| 3.強要したような言い方や高圧的言葉遣いなど、平気でする

相手の気持ちがイメージできないということ。心理的な無粋な人の状況として、相手の胸の内を想像できないことが挙げられるもの。

相手がどう考えるかだけでなく、自らがどんな言葉で伝えれば、不快にさせないで解かって貰えるかなど、イメージすることが出来ません。自らの意見を主張することばかりに熱中し、強要したような言い方や高圧的言葉遣いなど、平気でしてしまうことも。

 

| 4.結果的に無粋な印象や野暮ったい雰囲気を与えてしまう

主張の割に自らに自信がないということ。無粋な人たちの共通点は心の底では自信がないことで、なので逆に平然と振舞うというもの。自己主張をしたり人目を気にしない格好をしていますが、結果的に無粋な印象や野暮ったい雰囲気を与えてしまっています。

無粋だという自覚もある人もいて、そんな自分は好きになれず、どうしようもなく負のスパイラルに落ち込むことも。

 

 

 


無粋なお願いをされることも、覚えておきたい不粋な人に共通する特徴


 

| 1.何気ない一言が先方を不快に、要らないトラブルを起こす

思ったことを口に出すということ。無粋な人は順序を考えないで、思い浮かんだことをそのまま口にしてしまう傾向があるもの。他の人の気持ちを感知することができないので、自らの言葉に対し相手方がどう思うかイメージすることができません。

当人は自覚も悪気もなく口にしていることも多く、何気ない一言が先方を不快にさせ、不要なトラブルを引き起こすのが無粋な人です。

 

| 2.周囲の人たちの雰囲気を壊していたり、孤立していたりと

屁理屈ばかりを並べるということ。本質的に相手の気持ちより自らの気持ちや考えを優先するので、自身を正当化する主張をしてしまうというもの。

無粋な人は自らの意見だけでなく、見聞きした事柄もそれらしく持ち出して正論のように論じます。これには相手もうんざりしてしまい、気が付くと周囲の人たちの雰囲気を壊していたり、孤立していたりすることも。

 

| 3.コミュニケーションが苦手、不愉快にさせ人間関係を悪化

友達がいないということ。無粋な人は周りの人々から好感を持たれにくいので、友だちと呼べる人が少ない傾向にあるもの。

相手方の気持ちを考えつつコミュニケーションをするというのが苦手なので、相手を不愉快にさせ人間関係を悪化させてしまいます。しかも、無粋な人物は自ら人間関係を改善したり、他人と仲よくしようと思うことが少なく益々孤立を深めます。

 

| 4.自らの親切に対し感謝や見返りなどを求めてくる場合も

相手を無視し、自分の考えを押し付けるということ。当人は親切のつもりでいても、返ってありがた迷惑となっていることがあるもの。自らの気持ちより相手方の都合や心情を優先しよう、そんな考えに欠けているので、どうしても我を通すことが多くなります。

更に人にもよりますが、自らが行った親切に見返りや感謝などを求めてくるケースもあり、これは押付けがましさ以外のなにものでもありません。

 

 

 


無粋な質問にも軽やかに答えたい、対人関係に良い不粋な性格の改善法


 

| 1.場の雰囲気がどうなるかを想像するゆとりも生まれるはず

一旦、頭の中で考えてから話すということ。無粋な人の多くは、自らの頭に思い浮かんだことが咄嗟に口をついて出てしまうもの。

自覚していれば自らの発言は、相手側の気持ちを考慮していないことが分るもので、先ずは一度頭で考える癖を付けるのがポイント。じっくり思考することで感情の昂ぶりも落ち着き、場の雰囲気がどうなるかを想像するゆとりも生まれるはず。

 

| 2.自然な笑顔で、軽快にコミュニケーションをするよう意識

笑顔に注意を払うということ。コミュニケーションのエッセンスにもなっている笑顔は、垢抜けるための一つの方策となるもの。どれほど外見を整えていても、笑顔がない女性や男性は決め過ぎているところが、返って無粋な印象を感じさせることもあります。

を演出するためには、作られたのでなく自然な笑顔で、軽快にコミュニケーションをするよう意識することが重要。

 

| 3.相手の意見に耳を傾けて、納得した後に自らの意見を主張

自分とは異なった考えも受け入れるということ。自分自身の考え方を否定されることは、誰にとっても嫌なことだと理解するというもの。

問答無用で否定すると相手に不快感を与えるので、先ず相手の意見にきちんと耳を傾けて、納得した後に自らの意見を主張するようにします。どちら側の意見が正しいかを判断基準にしないで、相手がどうすれば傷つかないかを考えることがに繋がります。

 

| 4.垢抜けるには、自信を持ち心のドアを開け舞うことが大切

自信を持ち虚心坦懐に振る舞うということ。無粋と呼ばれる人たちが垢抜けるためには、自信を持ち心のドアを開けて舞うことが大切なもの。

自分磨きもしない人物は、他の人から見て外見的にもや内面的にも魅力がなく、野暮ったい無粋な自分自身を変えることができません。中途半端な自信を持った態度ではなく、嫌味な事であっても受け入れる、そんな心を開いた態度で虚心坦懐に振る舞うようにします。

 

| 5.参考になる情報が現代は盛り沢山、自分を変える切っ掛け

粋とされる人物を参考にするということ。何から手を付けてよいか判らない人は、先ずこんな人物になりたいというイメージを抱くことから。

身近にいるを感じさせる人物や憧れの芸能人など、目指すべき目的が明確になれば、モチベーションも向上し努力しやすいもの。粋な人物のSNSやブログなど、参考になる情報が現代社会は盛り沢山にあるので、自分を変える切っ掛けに。

引き寄せの法則で、無粋な人を脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

小意気や遊び心がなく新鮮味に欠けるもの。ここでは、恋心が分からないことも多いもの、特徴を知り無粋な人にならない方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。