感じ方は個人のそれぞれで変わるもの、退屈な毎日から抜け出す方法


人生では退屈でつまらない日々が続くこともあるもの。ただ退屈と一言でいっても、感じ方は個人のそれぞれで変わるもの。例を挙げると、現在の仕事にやる気を失ったり、時間を持て余し手に負えない状況に嫌気がさしたりと、その状態によっても意味が変わります。

この憂鬱な退屈を断ちきりたいのであれば、先ずは自身がどのような退屈に見舞われているのかを知ることが大切。また退屈自体にメリットとなる特徴もあり、創造性を向上させる効果があるという実験結果も発表されています。

これは脳は詰まらないと思うほど、新しくやり甲斐のあることをしたいと感じるというもの。なので、退屈であればあるほど、その状況を回避するため、人間は創造性を発揮します。

ここでは、感じ方は個人のそれぞれで変わるもの、退屈な毎日から抜け出す方法を紹介します。

 

 

 


退屈の意味を詳しく知ることが大切なこと、覚えておきたい2つの状態


 

| 1.自身の行動が詰まらないなと感じた際、一時的な退屈状態

暫定的な退屈ということ。一時的に陥る退屈はその時だけ感じるもので、人間は物事に楽しみや意味を見つけられないと、退屈に感じてしまう傾向があるもの。

なので、結末が分かっているドラマを見たり、単純作業を繰り返していたり、何もすることがなく暇を持てあましている時間などは多くの人が退屈と感じます。自分自身の行動が詰まらないなと感じた際は、一時的な退屈状態に陥っていると考えます。

 

| 2.何の希望もない、憂鬱な気持ちが慢性的に続いている状態

長期的に渡って感じる継続的な退屈ということ。何をしても詰まらないとか何の希望もない、そんな憂鬱な気持ちが慢性的に続いている状態というもの。

このような状況が続いた場合、最悪のケースではうつ病など病気にも繋がり、心身に悪影響がある危険性もあるので注意が必要。この様に先ずは、自分自身に起きている退屈が、どのようなパターンなのかをきちんと把握することが大切で、抜け出す方法を考えます。

 

 

 


退屈な日々になってしまう原因を知りたいもの、考えられるその理由


 

| 1.人間は興味のないことに楽しさを見いだせないというもの

気が乗らないことばかりしているから。嫌な事ばかりしていると退屈感が高まるのは、人間は興味のないことに楽しさを見いだせないからというもの。

自分が思ってもいない働き方をしている状態では、日々の職務に心惹かれることはできません。かといって思い切った転職にも踏み込めず、目的もなく生きる日々が続き退屈をすることに。

 

| 2.ルーティン化した日々、詰まらないと感じる人も多いもの

毎日が日課と化しているから。起床した後に職場に行って、自宅したたら明日の準備をして寝る。日々がルーティン化してしまい、詰まらない感覚を持つ人も多いもの。

更に平日だけでなく、週末にも特段することがなく、のんべんだらりと過ごしてしまうことに。こういう状態では毎日の退屈な思いが、慢性的に続いてしまっても致し方ありません。

 

| 3.何のために生きている、停滞していると感じるほど退屈に

自らの大きな変化や成長を実感できてないから。自分自身の変化や成長を実感できていない場合、退屈な思いをする傾向にあるもの。

人間というのは成長し発展を実感できる日々において、達成感や充実感を味わうことができます。充実感がない日々は、何のために生きているのか分らなくなり、停留していると感じるほど退屈に感じてしまいます。

 

| 4.何をするわけでもない漫然と過ごす時間が増えることに

ネガティブ思考になっているから。何となくやる気がでないときは、ネガティブな考えに憑りつかれ退屈に感じるもの。

気持ちが沈んで落ち込んでいる状況では、どんなことに取り組んでみても、楽しい感じを受けることができません。最終的に退屈だと感じていまい、何をするわけでもない漫然と過ごす時間が増えることに。

 

| 5.周囲の環境が変わっていくと、寂しさを感じ退屈な気分に

友人などとの交流が少ないから。誰かと休日を過ごしたいと思う人にとり、人との交流の機会が少ないことは、退屈だと思う要因になるもの。

学生の頃のように本音を話せる友人が減ったり、職場の外で遊ぶ人たちがいなくなったりします。仕事が忙しく休日を合わせるのが難しかったり、友人が結婚したりと周囲の環境が変わっていくと、寂しさを感じ退屈な気分に。

 

 

 


退屈な毎日が急に活動的な日々に変わることもある、試してみたい方法


 

| 1.些細なことでも何かを作り出したのなら創作といえるもの

創作活動を始めるということ。退屈だと感じた際は創造性が高まるものと言われていて、これを機会に創作活動を始めるの一つの方法。創作活動というと難しい感じを受けますが、些細なことでも何かを作り出したのなら創作といえるもの。

イラストや絵を描いてみたり、短い小説の文章を書いてみたりと、簡単な創作活動を始めるだけでも退屈から抜け出す切っ掛けに。

 

| 2.少し違った行動や発想で退屈な毎日から抜け出すことに

他の人と会うということ。社会人ともなれば家族や職場の人以外とは、自然と他の人に会う機会が減ったと感じるもの。

知らない人と会うことも日常生活を楽しむには大切なことで、積極的に人が集まる場所に出かけてみることも一つの方法。新しい趣味などの社会人サークルに参加してみたりして、少し違った行動や発想で退屈な毎日から抜け出すことに。

 

| 3.将来に目的を持つことで毎日の生活に充実感が得られる

目的を持って行動するということ。漫然と同じような日々が続くことに対し納得がいかない場合、目的を持つようにするというもの。きちんとした目的を持つことで、今後すべきことが明確になり、モチベーションが高まることに。

胸躍る約束があれば週末が待ち遠しくなるなど、将来に目的を持つことで毎日の生活に充実感が得られることに。

 

| 4.ジョギングやウォーキングなど、交流も増やせ一石二鳥

軽めの運動をするということ。日々働いていると意図的に運動の時間を作らない限り、身体を動かす機会も少ないもの。

運動をすることにより、基礎代謝の向上をはじめ疲労回復や、ストレス発散などという嬉しい効果が身に沁みます。週に1度程度、友人を誘いジョギングやウォーキングなどをすれば、交流も増やせ一石二鳥になります。

 

| 5.自分の価値観を変えスキルアップできるような書籍を探す

価値感が上がる読書をするということ。読書というものには、脳の活性化や創造性の向上などのメリットが沢山あるもの。読書を通じて視野を広げることも、退屈な日々から抜けでるには有効な方法ですが、漫画などは読み終わるとまた退屈に。

しっかり退屈から脱出したいなら、自己啓発本やビジネス書などの、自分の価値観を変えスキルアップできるような書籍を探します。

 

 

 


退屈な時の過ごし方はさまざまにある、覚えておきたい戒めの行動面


 

| 1.飲み終わった後は退屈な状態に戻り、また飲もうと悪循環

飲酒をするということ。退屈だからとアルコールを飲むのは勧められず、依存状態に陥ることや健康を害する可能性もあります。

アルコールを退屈しのぎに口にするだけでは、飲み終わった後は退屈な状態に戻り、また飲もうと悪循環が発生するもの。飲酒時間が伸びてしまうのは、心と身体に悪影響。ストレス発散の道具にするため、退屈時には控えるようにします。

 

| 2.見ているだけでは一時の暇つぶしでしかなく、時間の浪費

スマホを触るということ。インスタグラムやツイッターなど、スマホには魅力的な情報が溢れているもの。なかにはSNSを見ていたら、気が付けば休日の半分近くが過ぎていたという人も少なくありません。

時間も忘れて嵌まり込むほど魅力的なSNSですが、見ているだけでは一時の暇つぶしでしかなく、時間の浪費に変わりはありません。

 

| 3.退屈だからとパチンコをしたり競馬や競艇などを始めない

賭け事に嵌まるということ。ギャンブルも退屈しのぎにするのはNGといってよく、依存性も高く抜け出せない状態が続いてしまうもの。

更にギャンブルは当たり前に金銭を失う可能性が高く、自らの人生を壊してしまう原因ともなりかねません。人間関係の悪化を招くこともあり、退屈だからとパチンコをしたり競馬や競艇などを始めないようにします。

 

| 4.ネガティブな感情が沸き立つと、何をしても詰まらない

夜更かしをするということ。心にも身体にとっても良くない事と、分かっていながらしてしまいがちなのが夜更かしというもの。心身への悪影響はもちろん、ネガティブな感情を引き起こす一つの要因ともなります。

ネガティブな感情が沸き立つと、何をしても詰まらないという状態が続き、日々が楽しくなくなるので規則正しい生活を心掛けます。

引き寄せの法則で、退屈な毎日から脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

退屈でつまらない日々が続くこともある。ここでは、感じ方は個人のそれぞれで変わるもの、退屈な毎日から抜け出す方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。