ダメ出しとアドバイスは違うもの、心理をきちんと把握し対処する方法


職場などではダメ出しをされることがあるもの。ほかにもダメ出しをしてくる彼氏や彼女など、恋愛関係においても生じることがあります。

ダメ出しの意味はというと、その人物に対して訂正するべき点やミスがある場所を指摘して、これからの将来的に活かすよう促す行為のこと。この意味だけをとると非常に素晴らしいことで、テンポよくダメ出しをすべきかも知れませんが、現実はそうではありません。

ダメ出しばっかりする人が身近にいると、疲労が精神面に溜まったり、その人物と良好な関係を構築することが難しくなってしまったりします。特に仕事上の経験が豊富で立場が上の上司からの助言は、ありがたいことですが半面、頻繁なダメ出しと感じてしまうことも多くあるもの。

ここでは、ダメ出しとアドバイスは違うもの、心理をきちんと把握し対処する方法を紹介しています。

 

 

 


ダメ出しとアドバイスは違うもの、心理をきちんと把握し対処する方法


 

| 1.コンタクトの回数を減らす、ダメ出しされる回数を減らす

なるべく距離を取るということ。ダメ出しする人物が職場などにいるケースでは、まったく関わらないということはできないもの。

しかし、できる限り距離を置くことできるので、ダメ出しをする人物との会話を回避するようにします。このできる限りコンタクトの回数を減らすことで、もちろんダメ出しされる回数を減らすことができます。

 

| 2.上司や先輩に告げ口をされて、状況が悪化する可能性が大

自らの味方を作るということ。成功した場合、とても有効な手段が職場内に味方を作るというもの。ダメ出しを頻繁にする上司などは、他の人からも距離を置かれていることが多いので、そんな人物と味方になることで、普段から対応策を相談したりできます。

ただ、味方にする人物の判断を間違えると、上司や先輩に告げ口をされてしまい、状況が悪化する可能性が大。

 

| 3.関係が深い人のダメ出しを避けたいときは、指摘するなど

恋人などのダメ出しということ。職場の人間でない場合は、関わらないという対処方法で、ダメ出しを避けることができるもの。

ただ彼氏をはじめ彼女や家族など、関係が深い人たちは関わらないという対処が困難なこともあります。なので、関係が深い人のダメ出しを避けたいときは、はっきり指摘するなどの方策を用意することが不可欠。

 

| 4.冷静になりメ出しを受け入れられる、それはアドバイス

素直に受け入れるということ。上司や先輩からのダメ出しが、的確なものなら素直に意見を聞き入れることも大切なもの。

瞬間的に嫌な思いをしても、冷静になってダメ出しを受け入れられるのなら、それはアドバイスと言うことになります。ただ、明白に自分自身のためにならないのであれば、きちんと主張して受け入れないようにします。

 

 

 


知っておくと役に立つもの、ダメ出しばっかりする上司の心理的な面


 

| 1.部下との思いが違うことを気にせず、色々とアドバイス

教育の腹積もりであるということ。上司の立場は部下を教育するものですが、仕事に対しての考え方は人それぞれ違うもの。大抵は上司の言うことは助言として受け入れますが、余りに上司と部下の仕事に対しての考えが違うと、部下とっては助言ではなくダメ出しになります。

上司が自身の考えの方が正しいと思い込んでいるケースでは、部下との思いが違うことを気にせず、色々とアドバイスを続けてしまうことに。上司としては部下のためと思っていますが、部下にはダメ出しで自らの仕事を否定されているように感じ、疲弊したり反発したすることになります。

 

| 2.部下にしてみれば一方的に自身の正解を否定されてしまう

きちんと指示通りに動かしたいということ。上司が部下に仕事を依頼すると、自らが思い描いたような仕上がりになっていないことがあるもの。こんなとき、部下の仕事に間違いとダメ出しをしてしまいますが、人により仕事のやり方は違うので、完全に間違っていないこともあります。

部下が思い通りに仕事をしたとして、上司である当人が作業をしない限り、全くの期待通りの結果にすることはできません。こんな状況で上司が自らの期待通りの結果に近づけようと、あれやこれやダメ出しすると、部下にしてみれば一方的に自身の正解を否定されてしまいます。

 

| 3.感情をぶつけても、分かってくれる部下であるかを注視

感情をそのままぶつけているということ。それこそ単純明快に部下の能力不足を、上司が叱責している場合もあるもの。本来であれば部下としては、能力不足を指摘して貰っていることもあり、上司に対して感謝しないといけません。

ただ、上司と部下の間に仕事上の温度差があったり、信頼関係不足のときは、助言であっても感情的になり、ダメ出しになることがあります。なので、上司としては部下に助言がダメ出しと思われないように、感情をぶつけても分かってくれる部下であるかを注視。

 

 

 


ダメ出しされるとへこむもの、立場が変わらない同僚などの心理的な面


 

| 1.自分自身の能力を過信し過ぎている人によく見られる心理

自信過剰ということ。周りの人たちに頻繁にダメ出しをする人物もいて、状況次第で上司や先輩など立場が上の人にも、当人がいないところでダメ出しをするもの。このような人物は、自分自身の能力を過信し過ぎている人によく見られる心理面です。

自信過剰な人は自らに自信を持っているため、自分ならこうするとか自分は評価されても良いなど、他人に対する否定や批判など攻撃的な言葉が多くなります。

 

| 2.自らの正しい形に近づけようと、周りの人にダメ出しを

完璧主義であるということ。仕事は複数の人が集まり行うことが多いので、自らの思い通りに進めることはできないもの。一緒に仕事をする際は自身とは違うやり方をする人もいて、完璧主義者と呼ばれる人は自分の中で正しいとされる形を持っています。

なので、完璧主義タイプの人物が仕事のグループにいると、どうしても自らの正しい形に近づけようと、周りの人にダメ出しをすることに。

 

| 3.少しでも打ち消そうと自らの方が優れているとアピール

心に余裕がないということ。職場などでは身近な同僚が評価され、自分だけが格付けが上がらない状況になることがあるもの。こんなとき、取り残されるような不安感が沸きおこり、少しでも打ち消そうと自らの方が優れているとアピールをしてしまうことに。

更に、自らが焦っていることを知られたくないという思いが強く働き、アピールする方法として相手にダメ出しをしてしまいます。

 

 

 


ダメ出しは彼氏などからも受けるもの、恋人など深い関係の男性心理面


 

| 1.他人の恋人を羨ましく思った部分を補おうと、駄目出し

自分自身の理想像に近づけようとしているということ。当たり前のことですが、恋人でなら一緒に行動することが多くなるもの。

恋人と一緒の行動をずっとしていると、そのことに慣れてしまい、満たされない感情が沸き起こるという人もいます。こんなとき、他人の恋人を羨ましく思った部分を補おうとして、あれこれと駄目出しをしてしまいます。

 

| 2.言われた方としては傷つくこともあり、二人の間に距離が

褒めるのが苦手な性格ということ。本来は長所を見つけ褒めたいと思っていても、それが不得手な歯がゆい気持ちからというもの。心の中ではパートナーを褒めようとしているものの、なかなか長所を見つけられずに、ダメ出しばかりしてしまいます。

自身では軽い気持ちで言っているとしても、言われた側としては傷付くこともあり、結果的に二人の間に距離ができることも。

 

| 3.相手方が我慢できないと感じた際は、不仲になる可能性も

コミュニケーションの取り方と勘違いしているということ。意思の疎通の仕方と自らは思っていて、相手は辛いと感じているというもの。自分自身にとっては、こうしたコミュニケーションのやり方がベストなので、現状維持がいいと思っています。

ただあまりにもダメ出しが多く、相手方が我慢できないと感じた際は、不仲になる可能性もあるので注意が必要。

引き寄せの法則で、ダメ出しを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

将来的に活かすよう促す行為のことも。ここでは、ダメ出しとアドバイスは違うもの、心理をきちんと把握し対処する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。