行き詰まりは冴えない人生に感じるもの、打破して乗り越えていく方法


日常生活のなかで、ふと行き詰まりを感じることもあるもの。自分の無力を思い知らされる行き詰まり感は、生活の中でも一番のフラストレーションを感じさせるものかも知れません。

日々あくせく働いても、一向に前に進んでいかないような気がして、冴えない人生だと思うこともあります。そんな風に感じているのは残念なことで、人生にはアップダウンの山あり谷ありがあるもの。

物事が物事が上手くいっているときはそう感じませんが、一旦躓いてしまうとあれこれ上手くいかなくなることに。そうしたことが昂じて行き詰まりを感じたら、気持ちも落ち込みすべてを投げ出したくなります。

ここでは、行き詰まりは冴えない人生に感じるもの、打破して乗り越えていく方法を紹介しています。

 

 

 


行き詰まりは冴えない人生に感じるもの、打破して乗り越えていく方法


 

| 1.後から振り返ってみると一番学んでいるということが分る

行き詰まりではなく、学んでいると考えるということ。人生が順風満帆に言っている時は、学ぶということは難しいもの。

行き詰まった状況というのは苦境の最中にありますが、後から振り返ってみると一番学んでいるということが分ります。困っていない時は自らを顧みることはなく、行き詰まって困るというのは、人が学ぶために必要な過程。

 

| 2.失敗しないことではなく、そこから立ち直り問題を解決

虚勢を張らず失敗や悩みを受け入れるということ。行き詰まりに陥っているということは、悩み事が解決しなかったり何かに失敗したというもの。

そんな状況から抜けでるには、まず悩みや失敗を当然のものとして認めなければいけません。先ずはあるがままを受け入れることがポイント。人間の値打ちは失敗しないことあるのではなく、そこから立ち直り問題を解決に導くことにあります。

 

| 3.ポジティブな感情を味わっているとき、より多くの可能性

ネガティブな思考は選択肢がなくなるということ。行き詰った状態になると、脳は外界からの情報を遮断し、不安や恐怖といったストレス状態に向き合うもの。

これは生存本能に大きく関わっていて、ネガティブな感情が沸き起こると、脳は目の前に広がるさまざまな選択肢を考えられなくなります。

反対に人間は安らぎや喜び、愛情といったポジティブな感情を味わっているとき、より多くの可能性を人生の中に見つけます。

 

| 4.こうした無難な道の先は必ず行き詰まるようにできている

リスクを背負って果敢に行動してみるということ。人間は本来何をするべきか、誰しもが胸の内では既に判っているというもの。

ただ、何かを失うことを怖がるあまり実行するのを躊躇し、手を付けることができないまま無難な道を選んでいます。こうした無難な道の先は必ず行き詰まるようにできているので、少し恐ろしいくらいのことを果敢にやってみます。

 

| 5.この地点から再出発しようという気持ちが沸き起こること

現在の幸せをリストアップしてみるということ。苦しい状況に行き詰ってしまうときは、理想の自分や世間的にこうあるべきという現状に隔たりがあるもの。

こうした状態は脇に置き幸せな点をリストアップ。例を挙げると、生活できる家があったり、家族が元気だったり、不健康なところはあっても生きていることなど。こうした現実を挙げていくことで、この地点から再出発しようという気持ちが沸き起こることに。

 

 

 


行き詰まりは仕事やキャリアでも起こるもの、知っておきたい対処法


 

| 1.何かが起きるのを待つのではなく、変化を生じさせるには

居心地の良いエリアから抜け出るということ。ずっと同じ事を継続していると、行き詰まり感は強くなっていくもの。

本質的には悪いことではないものの、キャリアにおける行き詰まりを感じるわけは、心地よい環境に留まっていることに大いに関係があります。何かが起きるのを待つのではなく、変化を生じさせるには自ら作り出したセーフティネットから脱出。

 

| 2.行き詰まり状態から脱け出しをサポートしてくれる可能性

自分一人では進まないということ。行き詰まり状況から抜けだすの最終的に自分次第ではあるものの、すべてを独力ではできないもの。

メンターから助言を貰ったり支援者を見つけたりのほか、ネットワーキングイベントに参加したりして、現況について話し合います。この先、自身が出会う人は誰しもが、行き詰まり状態からの脱け出しをサポートしてくれる可能性があります。

 

| 3.日々のサイクルを断ち切り、その日全体に効果が表れる

日々のルーティンを変えてみるということ。毎日のルーティンを変化させることで、私生活と仕事の両方の改善に繋がるというもの。

少しの早起きなど些細な変化でも効果はあり、シンプルに普段と違うことをするだけで、それまで嵌まり込んでいたパターンを壊すことができます。

自らに対し毎日の朝、昼、夜にそれぞれ一つ違う行動をすることで、日々のサイクルを断ち切り、その日全体に効果が表れることに。

 

| 4.戦略がしっかりするとモチベーションを維持する助けにも

目標を設定し構想を練るということ。キャリアの行き詰まりから逃れるためには、達成すべき目標設定をし、そこへ至るまでの道筋を立てる必要があるというもの。

ゴールを設定することで努力する目標ができ、戦略がしっかりするとモチベーションを維持する助けにもなります。後は行き詰まり状態から脱するため確実に前進するには、全過程に自分自身が責任を持つことが重要。

 

| 5.自分自身にチャレンジし、日々の単調さを打開していく

リスクを冒すということ。自らが立てた戦略とも関係しますが、現状を変えるためにとる、リスクを恐れてはいけないというもの。

危険に立ち向かうことで自分自身にチャレンジし、日々の単調さを打開していくことができます。希望する仕事に自分は条件が不十分と感じても応募するなど、重要な点は自身が嵌まっていた枠から出ること。

 

 

 


行き詰まる詳しいことを分っておきたいもの、考えて見るその原因面


 

| 1.いじめのことを知られたくないという子供も多くいるもの

学校に関係すること。学校ではいじめ問題が後を絶たず、最近ではネット上で知らないうちに影で悪口を言われたり、写真掲載などの悪質ないじめも増えています。

親に心配をかけたくなかったり、いじめのことを知られたくないという子供も多くいるものの、独力で解決できる状況でなければ、大人の力を借りることも重要。

 

| 2.現在の仕事は自分に合わないと思うや、仕事の環境が悪い

仕事に関係すること。行き詰まっている人の中には、仕事に対する悩みを抱えている人たちも数多くいるもの。

現在の仕事は自分に合わないと思っていたり、仕事の環境が悪いと考えている人、ブラック企業を辞めたいなど。こうした場合は、一人で抱え込まず専門の相談窓口を訪れます。

 

| 3.子どもがいる人の場合、将来にまで影響を与える可能性も

金銭面に関係すること。仕事をしている人たちの中にも、経済的に苦しいと感じている人々は数多くいるもの。。突然解雇されてしまったり、正社員になりたくてもなれないなどで行き詰ることもあります。更に、子どもがいる人の場合、その将来にまで影響を与える可能性も。

 

| 4.悩みの解決には、第三者に入ってもらうことも時には必要

人間関係の悩みということ。行き詰っている人の中には、人間関係に関して悩み事を抱えている人もいるもの。職場の人たちとの関係の悩みをはじめ、近所の人たちとの付き合い方や、ママ友などの人間関係も。悩みの解決には、第三者に入ってもらうことも時には必要。

引き寄せの法則で、行き詰まりから脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

一番フラストレーションを感じさせる。ここでは、行き詰まりは冴えない人生に感じるもの、打破して乗り越えていく方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。