お先真っ暗の意味を詳しく知ること、見えない状況から脱出する方法


人生には下り調子の時がやってきて、お先真っ暗に陥ることもあるもの。やる事なす事が軌道に乗らず、八方塞がりにもなり気持ちも塞ぎ込みます。

お先真っ暗の意味はというと、前方が真っ暗闇で何も見えないことから来ていて、先の予測がまったく確認できない状況。そしてこれから良くなるという、将来に希望が望めない状況が続くと、ますます神経がすり減ってしまいます。

ただ、現在の苦しみが未来永劫に渡って続くことはなく、最悪の状況にあっても飽くまで一時的な状況にしか過ぎません。思い出したいのはどん詰まりでも状況は必ず変化していくということで、よく言われる明けない夜が来ることはないということ。

ここでは、お先真っ暗の意味を詳しく知ること、見えない状況から脱出する方法を紹介しています。

 

 

 


お先真っ暗の意味を詳しく知ること、見えない状況から脱出する方法


 

| 1.恐ろしいことに相手が伝えたいことを聞いていない人たち

原因や理由を明確にするということ。完璧に仕上げた仕事なのに予想外の低評価だったり、労力や時間を相当かけたのに見合った結果が出ないというもの。

お先真っ暗に成りがちなこれらのことは、相手が伝えたいことを、きちんと聞いていないことから出発しています。相手の言葉をじっくり聞く余裕がないこともありますが、恐ろしいことに相手が伝えたいことを聞いていない人たちの中には、自らが当事者であることに気付いていない人もいます。

 

| 2.お先真っ暗ということは、人間が学ぶために必要な過程

お先真っ暗になっているのではなく、学んでいると考えるということ。先の見えない状況というのは、その困難さに何もかも放りだしたくなるもの。

ただ後からあとから振り返ってみると、そういう最中のときこそ学んでいることが分かります。上手くいっているときは自らを顧みることは難しく、お先真っ暗ということは人間が学ぶために必要な過程と考えます。

 

| 3.人間としての価値は失敗をしないことにあるのではない

背伸びせず失敗を受け入れるということ。お先真っ暗な状況に陥っているということは、取り組んでいたことに失敗したというもの。

そんな状態から抜け出すには、先ず失敗を失敗として受け入れることが必要で、認めないということになれば失敗していないと思い込むこと。

人間としての価値は失敗をしないことにあるのではなく、その後からいかにリカバリーしていくかにあります。

 

| 4.悩みごとや心配ごとを乗り越えることで、自分が磨ける

自らが恐れていることをやるということ。人間はその生涯に於いて、悩みごとや心配ごとから離れることはできないもの。

学生生活をしていると、勉強をはじめ人間関係の悩みごとに心配ごとがあり、社会人にもなると仕事と同様に、人間関係の悩みごとや心配ごとが生じます。

こんな風に一生続くので苦にしない事が大切。こんな悩みごとや心配ごとを乗り越えることで、自分が磨けるということに。

 

| 5.愛情や喜び平穏などの感情は可能性を見つける力が強まる

ネガティブな考え方は選択肢がなくなるということ。危険に遭遇した場合、人間の脳は目の前にあることしか見えず、ほかの色々な選択を選べないもの。これは生存のための本能ともされ、恐れによってストレスが発生すると、そこに向かって向き合おうとします。

これを転換させるにはポジティブな考え方が必要で、愛情や喜び平穏などの感情は可能性を見つける力が強まり、より多くの選択肢を意識できることに。

 

 

 


お先真っ暗の使い方はキャリアにもいえること、脱却していく対処法


 

| 1.自身が作り出した安全装置から脱出することがポイント

落ち着ける場所から抜けでるということ。ずっと同じ仕事を繰り返し将来に希望が持てないと、お先真っ暗感は強くなっていくもの。

本質的に悪いことではないのですが、キャリアに対してお先真っ暗な感情を抱くわけは、アットホームな環境に留まっていることに関係があります。

何かが起こるのを待っているのではなく、変化を起こしていくには、自身が作り出した安全装置から脱出することがポイント。

 

| 2.お先真っ暗状態からの脱出をサポートしてくれる可能性が

独力では進まないということ。お先真っ暗な状況から脱却するのは、結果的に生かすも殺すも自分ですが、すべてを一人で解決はできないもの。

相談相手からアドバイスを貰ったり、応援してくれる人物を見つけたりのほか、イベントに参加して現状について話し合います。将来的に自分が出会う人々は誰しもが、お先真っ暗状態からの脱出をサポートしてくれる可能性があることに。

 

| 3.普段と違うことをするだけで、陥っていたパターンを壊す

毎日の日課を変えてみるということ。日々のルーティンを変更することで、仕事とプライベートの双方の改善に繋がるというもの。

少し早起きをしてみるなど少しの変化でも効果はあり、普段と違うことをするだけで、それまで陥っていたパターンを壊すことができます。

とりあえずは朝、昼、夜に一つ違う行動をそれぞれすることで、毎日のサイクルを断ち切り、一日全体に効果が表れることに。

 

| 4.確実に前進する、全工程に自身が責任を持つことが重要

目標設定をし未来図を描くということ。キャリアにおけるお先真っ暗状態行き詰まりから逃れるために、達成すべき目標設定をするというもの。

そこへ到達する道筋をつける必要もあり、努力目標ができるとモチベーションを維持する手助けにもなります。後はお先真っ暗状況からしっかり脱出するため、確実に前進するには、全工程に自身が責任を持つことが重要。

 

 

 


お先真っ暗とは何かを知ること、陥ってしまうさまざまな悩みや要因


 

| 1.相談できる窓口も、そういったものを利用して心の解放に

人生そのものに悩みを抱えているということ。何もする気が起きないや、生きている意味が判らないと、お先真っ暗というもの。

毎日のように消えたいなどと思いながら生きるのは、辛いものでその思いは他の人に相談することも必要。こころの病を支援する団体など相談できる窓口もあり、そういったものを利用して心の解放に努めます。

 

| 2.じっくりと話しを聞いて貰うだけで、気持ちが楽になる

学校に関係している悩みということ。学校ではいじめ問題が後を絶たず、悪質ないじめも増えて、お先真っ暗になってしまうというもの。

いじめを苦に自殺してしまう生徒もいるので、心が壊れてしまう前に相談できるホットラインなど、誰かに相談してSOSを発信します。誰かにじっくりと話しを聞いて貰うだけで、気持ちが楽になったり解決方法が見つかるかも知れません。

 

| 3.既に付き合っている恋人との関係性に悩んでいるという人

恋愛に関する悩みということ。行き詰っている人の中には、恋愛が上手くいかないと悩んでいる人も多いもの。

交際したい相手を片思いしている人もいれば、既に付き合っている恋人との関係性に悩んでいるという人もいます。ただ、一人切りで悩んでいても今の状態は変わらないので、信頼できる人物に相談します。

 

| 4.他の人と上手く接することができないと感じることも多く

自分自身の性格に関係する悩みということ。お先真っ暗になっている人たちの中には、自らの性格に悩んでいる人も珍しくありません。

人見知りや引っ込み思案に口下手という性格で、他の人と上手く接することができないと感じることも多くなります。

現在は、さまざまなセミナーなども開催されているので、そういったところに足を運びコミュニケーションの取り方を学びます。

引き寄せの法則で、お先真っ暗から脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

明けない夜が来ることはないということ。ここでは、お先真っ暗の意味を詳しく知ること、見えない状況から脱出する方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。