いたたまれないのはどんな時、八つ当たりしたい気分を解消する対処法


恥ずかしい思いを皆が見ている前でしたときなど、いたたまれない気持ちになることがあるもの。いたたまれないの意味はというと、平静さを失いこれ以上我慢ができず、その場に留まることができないという状態で、人生にはそのシーンが意外とよく訪れます。

更にその由来と言えば、江戸時代に使用されていた、いたまらないという言葉から来るものとも。意味は同じように我慢できないや我慢ならないというものです。

いたたまれないは漢字で書けば居た堪れないとなり、分解すると、いる(居る)、たまる(堪る)、ない(できないの意味)の三語で、苦痛でその場に居るのが堪らないということ。

ここでは、いたたまれないのはどんな時、八つ当たりしたい気分を解消する対処法を紹介しています。

 

 

 


いたたまれないのはどんな時、八つ当たりしたい気分を解消する対処法


 

| 1.切っ掛けを把握すること、効果的な解決策をが見えてくる

何故いたたまれないのか、原因を明確にするということ。逃げ出したい切っ掛けを把握することで、効果的な解決策をが見えてくるもの。

自らを苦しめていることは何か、それに対する大きな要因は何なのかをじっくり考えます。その原因ががはっきりすれば、次はどうしたらそれを解決することができるか、順を追った対策に繋げていきます。

 

| 2.身体の倦怠感を解消することで、何か起きても前向きに

ゆっくりと心身ともに回復するということ。日々の生活に追われ休養がとれていない場合、心も身体も疲れ切り気持ちは沈む一方。

こんな疲れている状況で何かネガティブなことが生じると、前向きに捉える力がなく、マイナスに受けてしまう傾向にありまさに負のスパイラル。ゆっくりと休息をとり身体の倦怠感を解消することで、何か起きても前向きに考えられるメンタルを整えます。

 

| 3.一旦現実世界を忘れることができ、新たな気持ちも沸く

どこか旅に出掛け、心身ともにリフレッシュするということ。いつも慣れ親み過ぎたことばかりでは、いたたまれなくもなるもの。慣れない場所に行き現実逃避をしてみるのも、考えられる一つの一手です。

知らない土地を巡ることで、一旦現実世界を忘れることができ、新たな気持ちも沸き起こり前向きになれます。

 

| 4.悩みや不安感を頭の中から切り離すことで、気持ちも楽に

趣味や好きなことに打ち込み、気分転換をするということ。陥っているネガティブ思考を、頭から切り離すことが大切というもの。

嫌なことに遭遇したり悩みを抱えていたりすると、頭の中が一杯になってしまい暗い気持ちにどんどんなっていきます。趣味や好きなこと没頭し、悩みや不安感を頭の中から切り離すことで、気持ちも楽になるということに。

 

| 5.一人で抱え込まず他の人に相談、明るい気持ちも芽生える

思い切って信頼できる人物に相談してみるということ。いたたまれない時は、何でも否定的に捉える傾向にあるもの。ただ抱えている悩み自体はそれほど大きなものではなかったりもします。

精神的に弱くなっているせいで、重荷になっている場合も多くあります。そんな時は自分一人で抱え込まず他の人に相談してみると、明るい気持ちも芽生え悩みや不安感を前向きに捉えることに。

 

 

 


いたたまれないの意味は逃げたいとき、知っておきたいそのシーンなど


 

| 1.記憶から一刻も早く消したい、なかなか忘れられません

恥ずかしい思いを人前でしたとき。皆が見ている前で、顔が真っ赤になるほど恥ずかしい思いをすることもあるもの。

衆人環視の場で思いっ切り転んでしまったり、トイレの鍵を掛け忘れてドアを開けられたなど、いたたまれないことは何処にでもあります。

そんな時には、一目散にその場所からいなくなりた気持ちに。更に記憶から一刻も早く消したいのに、なかなか忘れられません。

 

| 2.立ち直れないまま戻ると全てが嫌になり、いたたまれなく

仕事上で大きな失敗をしたとき。どんなに行くのが嫌でも、仕事場に行かなければいけない、そんなシーンもいたたまれないもの。

仕事で失敗を犯した場合、自身への憤りはもちろん、周囲への申し訳なさや評価など、さまざまな要因で仕事に行くのがになります。ただ、仕事を休んでしまうわけにもいかず、しっかり立ち直れないまま戻ると全てが嫌になり、いたたまれなくなります。

 

| 3.懸命に頑張ってきたのに、挫折してしまったというもの

挫折をしてメンタルが傷ついたとき。仕事や学校などで目標達成に向け、懸命に頑張ってきたのに、挫折してしまったというもの。

頑張ってきたことが駄目になってしまったということで、喪失感に襲われ大きく落胆してしまいます。挫折したことによりメンタル面も傷つき、後ろ向きな気持ちからいたたまれなくなります。

 

| 4.すべてを投げ出したくなるということも起こり得ることに

仕事で大きな責任を押し付けられたとき。責任ある仕事を会社などで任された場合、やる気が出たり嬉しさを感じたりすることもあるもの。

反対に重責のある仕事や他の人の後始末を任されると、大きな圧力を感じたりして、憂いに満ちたいたたまれない気持ちになります。こういった内面的なことが外にでると、すべてを投げ出したくなるということも起こり得ることに。

 

| 5.嫌な人と接する、気がつかない間に大きなストレスが蓄積

気の合わない上司がいる職場へ向かうとき。仕事上の付き合いはというと、気が合わない人物とでも、接しなければならないというもの。

そんな場所で人間関係が上手くいっていない場合、我慢していた感情が急に溢れ出てきて、いたたまれなくなってしまうことがあります。

嫌な人と日々接することで、気がつかない間に大きなストレスが蓄積しているケースは多く、急にストレスが爆発することで逃げ出したくなることも。

 

 

 


いたたまれないことの例文にもなるもの、覚えておきたいその心理面


 

| 1.何か原因があるわけでもなく、すぐ解決策が見つからない

何をやっても上手くいかないということ。最近ついてないと感じることが多い、そんな時は何もかもが嫌になりいたたまれない気持ちになる事も。

幾度となく立ち上がって前を向いても、こういう運が向かない時は、また躓きます。これには何か原因があるわけでもなく、すぐに解決策が見つからないこともあり、逃げ出したい気持ちが沸き起こります。

 

| 2.ただ性格の面からいえば、すぐに改善することは難しく

自分でも甘えているのは分かっているということ。本当は甘えということが、嫌というほど判っているから辛いというもの。

失敗した時に他の人から責められると、耳を塞ぎたくなって現実から逃避したくもなります。ただ性格の面からいえば、すぐに改善することは難しく、どうすればいいか分からなくなって、いたたまれない気分になります。

 

| 3.楽になるだろうと考えてみたりと、いたたまれない気持ち

すべて放り出して楽になりたいということ。悩みや不安にプレッシャーなど、現在の辛い気持ちを丸ごと投げ出したくなることもあるもの。

日々、何ものかに追われているような感じを抱くと、すべてのものから解放されたいという感情が沸き起こります。すべて放り出すことができたら、どれほど気持ちが楽になるだろうと考えてみたりと、いたたまれない気持ちから現実逃避をしたくなります。

 

| 4.一つも良い改善方法が浮かばない、いたたまれなくもなる

現在の状況を、立て直す方策が思い浮かばないということ。悩んでも考え込んでも、一つも良い改善方法が浮かばない時は、いたたまれなくもなるもの。

生きていれば恋愛が上手くいかないや、人間関係が上手くいかないなど、さまざまな壁にぶつかるのはよくあること。そんな時、現況を変える方策があればいいのですが、解決案が何も思い浮かばない時、先の人生が不安になりいたたまれないことに。

引き寄せの法則で、いたたまれない気持ちを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

人生にはそのシーンが意外と訪れます。ここでは、いたたまれないのはどんな時、八つ当たりしたい気分を解消する対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。