曲げないことが将来に向かうための道標、揺るがずに信念を貫く方法


いつも自信なく肩身の狭い思いをしている人が欲しいのが、信念を貫く強い心というもの。自らの意見がないわけではないものの、強く主張することに躊躇いを覚え、いつも他の人の意見に流されてしまいます。

そんなシュチュエーションの時は、自分には信念がないと落ち込んでしまうのが常。自らの信念を貫く人物や輝かしく自分らしい行動している人を見るにつけ、羨ましかったり憧れさえ抱くことも。

信念を貫く生涯を過ごすことが、後悔を少なくするということは分かっていても、それを自らの人生に当て嵌めるのは非現実的に思えます。ただ信念は判断や行動をする時の基準になるもので、信念があるからこそ自分らしく生きることができるもの。

ここでは、曲げないことが将来に向かうための道標、揺るがずに信念を貫く方法を紹介しています。

 

 

 


曲げないことが将来に向かうための道標、揺るがずに信念を貫く方法


 

| 1.絶対に譲れない根拠が見つかると、揺るがずに信念を貫く

自らが譲れないものを発見するということ。信念を貫くために自分自身が断固主張するものを見つけることが最初で、それはどんなに小さくても構わないもの。

例を挙げると、珈琲の銘柄はこれなど譲れないものを並べ、何故それでなければならないのかを検討。理由を考える間に自らにとって絶対に譲れない根拠が見つかると、揺るがずに信念を貫くことに繋がります。

 

| 2.否定せず受け入れ、些細なことでも私はこう思うと主張

他人の意見で揺らがないということ。周囲の意見に合わせることも時と場合により必要ですが、信念を貫くためには揺らがないことが大切。

自ら意見を言わずにすませることが習慣化すると、自身の意思も不確かになるので、言い分にも自信が持てなくなることに。他人の意見を否定せず受け入れた上で、些細なことでも私はこう思うと主張してみます。

 

| 3.大きなことを成し遂げる必要はなく、些細な努力を重ねる

小さな努力から積み重ねるということ。成りたい自分やしたいことなどの目標は、願うだけでは達成できないもの。

信念を貫くためには行動することが大切で、いきなり大きなことを成し遂げる必要はなく、些細な努力を積み重ねることが重要。無理をせず日常的に続けられることを積み上げるのがポイントで、千里の道も一歩から。

 

| 4.他人に気を遣い嫌われない行動をとり続けた結果、人生を

嫌われることを恐れないということ。信念を貫く際、意見を貫き通すシーンもあるもの。そうした時一人になったり、嫌われることは恐れません。

もちろん嫌われてしまい一人になることは、誰しも怖いものですが、自分自身の人生の主人公は己しかいません。他人に気を遣い嫌われない行動をとり続けた結果、後で人生を振り返ったときに後悔することは避けたいもの。

 

| 5.慣れてきたら、さほど重要でないシーンで人に伝える練習

自分自身の意思を持つということ。信念の強い人間になるためには、一番最初は自らの意思を持つだけで大丈夫というもの。

どんな小さなことでも良いので、自分の意思を持って自分一人のときは優先する、先ずはそこから始めるということ。自らの意思を優先することに慣れてきたら、さほど重要でないシーンで人に伝える練習をします。経験を積み重ねることがポイント。

 

 

 


将来の人生にきっと役立つこと請け合い、信念を貫く強い心のメリット


 

| 1.後悔を繰り返さないためにも信念を大事にすることが重要

チャレンジしなかった後悔が減るということ。信念を貫いていれば、何かに挑戦しなかったという思いを残すことが減るもの。後悔の念というのは、そもそもあの時挑戦をしていれば、今頃どうなっていたかを思うときに生まれます。

信念を明確に持っていると、目の前にチャレンジする意味があるものが、出現したときの決断の後押しになります。これまで何回も後悔を経験してきたという人は、繰り返さないためにも信念を大事にすることが重要。

 

| 2.価値観を心から受け入れて、好もしく思う人が周囲に残る

自らが望む人間関係が構築できるということ。自身が大切にする価値観を主張するのは、すべての人には受け入れられないもの。信念が強ければ強いほどに、時には周りの人々と相容れない状況に苦しむ瞬間が訪れることもあります。

ただ、自らの価値観を良いと思う人は必ずいるもので、信念を貫き通す意志のある人物の周りには、自然と人が集まります。

結果的に価値観を心から受け入れて、好もしく思う人だけが周囲に残るので、安定感がある関係の友人たちと時間を過ごすことに。

 

| 3.自発的行動を起こしやすく、長続きさせることができる

成果を上げることができるということ。信念を持ち行うことは、誰に言われなくても自発的行動を起こしやすく、それを長続きさせることができるもの。

なので誰かに機会を与えられなくても、学んだり行動を起こすことができ、自ずとパワーアップしていくことができます。

また信念を強く持っているのは、止めたいと思うことがあった際、自分自身の立ち返るところを明確に持っているということ。こうしたことは人生を充実させるために必要で、情熱を持って取り組み続けられることがポイント。

 

 

 


信念がない人には分からないもの、流されない信念を曲げない人の特徴


 

| 1.目標達成までのプロセスを、肯定的に愉しむことができる

我慢強く努力家ということ。やりたいことや目標が困難であればあるほど、そのプロセスで我慢を強いられたり、努力が必要とされるもの。

ただ、信念を曲げない人はそうしたことを受け入れ、一つずつ順番に成し遂げていくことができます。むしろ、目標達成までのプロセスを、すべて肯定的に愉しむことができるのも、信念を貫く人物の特徴の一つ。

 

| 2.目指すべき将来の自分をイメージして、目標を定めている

自身の目標が明確ということ。大人になると目標は早々抱けないものですが、信念が強い人物は目指す目標が明確というもの。

その目標から遡ると実際にやるべき判断や行動が分かるので、自分自身の信念を貫くことができます。目指すべき将来の自分をイメージして、目標を定めているのが特徴。

 

| 3.譲歩できないものは何かを考えることがその手掛かりに

アイデンティティがあるということ。信念を曲げない人は、自己同一性と呼ばれる自分のアイデンティティを持っているもの。

自らの価値観や主張を明確に理解しているので、揺るぎのない自分自身、いわゆるアイデンティティがあります。自覚してないだけで誰しもにあり、自分の胸の内と向き合うことで、譲歩できないものは何かを考えることがその手掛かりに。

 

| 4.日常生活で選択をする際、何が譲れない条件かを言葉に

自分の筋が通るところを持っているということ。信念を曲げない人物は、判断や行動をする時の基準となる、自分の芯と呼べるものを持っているというもの。

この自分自身の芯を自覚するには、日常生活の中で選択をする際、何が譲れない条件かを言葉にしてみます。口に乗せ自覚することで、自らの芯となり、揺らぐことのない信念を貫くことに繋がります。

 

| 5.振り返ってみれば、信念を貫くその人らしい人生を歩む

人に流されないということ。信念が強い人物は、早々周囲の意見や雰囲気には流されないもの。揺るぎない目標を持っていたり、挑戦したいことが明白なので、主張を貫くこと自体に迷いがありません。

これは見習いたいところで、振り返ってみれば信念を貫く、その人らしい人生を歩んでいます。

引き寄せの法則で、信念を貫く。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

常に他の人の意見に流されてしまいます。ここでは、曲げないことが将来に向かうための道標、揺るがずに信念を貫く方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。