感情的にならないことがとても重要なこと、良い人間関係へのその方法



現代はストレスが溢れる社会と呼ばれるほど、イライラが募る社会状況。なので感情的になることも多く、そうした気持ちを他人にぶつけ、後で後悔するなど日常茶飯事。そして感情を爆発させると、当たり前のように周囲の人間関係も崩れていくので警戒が必要です。

元来、人間の感情には、よく挙げられる喜怒哀楽をはじめ、ほかに驚きや恐怖、愛情や幸福感、快や不快に嫌悪や嫉妬など、さまざまなものがあります。そうした感情は複雑に交錯していて、感情的にならないと言われても難しいところ。

巷には感情的になる人の対処法というのもあり、習得するとよい人間関係を構築できるとされています。ここでは、感情的にならないことがとても重要なこと、良い人間関係へのその方法を紹介しています。

 

 

 


感情的にならないことがとても重要なこと、良い人間関係へのその方法


 

| 1.アンガーマネジメント、6秒間経てば人間の感情は変化

深呼吸をして暫くの間、待つということ。嫌なことに出会って怒りの感情が沸き起こった際は、その場で深呼吸をして感情が鎮まるのを待つというもの。

すぐに感情を露わにしてしまうと、当たり前ですが他の人たちに不愉快な思いをさせることもあり警戒が必要です。よく言われるアンガーマネジメントでは、6秒間経てば人間の感情は変化するとされています。

 

| 2.相手側の気持ちをすくい上げる優しさを持つことが大切

ポジティブな言葉を選んで、自身の思いを伝えるということ。怒りの感情が生じても喧嘩にならないよう、ポジティブな言葉を選び思いを伝えるというもの。

先方の責任を問い掛けたり、状況を悪化させるような否定的な発言はしないようにします。相手側の気持ちをすくい上げる優しさを持つことが大切なことで、将来に渡って良好な人間関係が構築できるというもの。

 

| 3.すぐさま相手にぶつけるのではなく、冷静になり考える

怒りが沸き立つ箇所をよく見極めるということ。怒りの感情が生じてしまう心のポイントを、よく突きとめることが大切というもの。

相手方の立ち場になって冷静に見つめることで、激怒するほどの必要性はなかったと思い返すこともあります。怒りの感情が湧いた時、すぐさま相手にぶつけるのではなく、一旦冷静になりしっかりと考えることが重要なこと。

 

| 4.恐いという感情が芽生えて、必要以上に近づくことを回避

降りかかる危険を知らせるサインと知ること。ネガティブな感情が生じるのは、身に降りかかる危険を知らせる兆候とされるもの。

例を挙げると、近くに大きな犬がいれば、恐いという感情が芽生えて、必要以上に近づくことを身体が回避します。溜まったストレスが頂点に達したイライラ感は、リラックスをすることが不可欠ということを知らせるサイン。

 

| 5.影響されそうなときは、一旦立ち止まるなどの約束事を

物事に影響されない、自分自身の規則を決めておくということ。こう言う風な約束事を決めておくと、感情的にならないようになるもの。

先ずは自らがどういう時に怒りやすいかなど、怒りが生じるメカニズムを具体的に把握しておきます。自らの感情をパターン化しておき、物事を対して影響されそうなときは、一旦立ち止まるなどの約束事を決めておきます。

 

| 6.他人に対し自身と同じ程度のレベルを要求すべきではない

理解を完璧にする人はいないと知ること。個人個人の考え方や理解力などには、それぞれ大きな個人差があるというもの。

自らが思うことを完全に理解してくれる人は、ほとんどいないと考えれば、気持ちも楽になるということ。当然と言えば当然ですが、他人に対し自身と同じ程度のレベルを要求すべきではない、そんなことに気づくことが重要。

 

 

 


感情的にならない話し方も気になるところ、日々心掛けたいことなど


 

| 1.身勝手な解釈で怒っていたことが鎮まることが多くなる

他人の気持ちを感知する習慣をつけるということ。否定的な考えというものは、本能に関わる感情から生み出されるもの。

他者の気持ちを思い遣る習慣をつけることが大切なことで、人の立ち位置で物事を考えることで、身勝手な解釈で怒っていたことが鎮まることが多くなります。自己中心的な感覚を押さえ、気持ちを他の人のものとして考え直してみることが重要。

 

| 2.深呼吸をしてみたり散歩などをすることで、切り換わって

気持ちを切り換える訓練をするということ。気持ちを切り替えるための努力を、毎日のように行うことがポイントというもの。沸き起こった怒りの感情は、6秒間経つと鎮まるともされています。

何かにイライラした際は一旦その場から離れ、深呼吸をしてみたり散歩などをすることで、気持ちが切り換わっていくことに。

 

| 3.断定的な考え方は脇に置いて、見直していくことが重要

一つの考えに囚われ過ぎないということ。一つの考えに固執せず、さまざまな意見を取り入れ、臨機応変な思考を心掛けるようにするというもの。

一つの考え方に固執し過ぎると、他の意見が受け入れられず、イライラすることが多くなります。絶対にこうあるべきなどという断定的な考え方は脇に置いて、柔軟に見直していくことが重要になります。

 

 

 


感情的な人はなぜコントロールが難しいのか、知っておきたいその要因


 

感情のコントロールができる人は心中がいつも穏やかで、感情を制御できれば苛立った状態で腹を立てても、自らの心を鎮静化できるもの。

更に自らの気持ちを沈着冷静に見極められるので、同様の気持ちになった他者も深く理解でき良好な人間関係を構築できます。では、感情的な人はなぜコントロールが難しいのか、その怒りについてチェックします。

 

| 1.自らの感情の起伏を正確性を持ち理解する必要があるもの

自分自身を解かっていないということ。怒りの感情を制御していくためには、自らの感情の起伏を正確性を持ち理解する必要があるもの。一般的には、自らが思ったことと異なることが起きた際、怒りの感情が表面にでるとされています。

なので、自身がどんなとき怒ってしまうことが多いかなど、ちゃんと書き留めておくと、自らを正確性を持って理解できる切っ掛けにも。

 

| 2.感情的な人は、ストレスが掛かった際の耐性も低いもの

ストレスを蓄積しやすいタイプということ。感情的な人は、ストレスが掛かった際の耐性も低いもの。怒りの感情やイライラ感の制御が難しく、発散することができないので、ストレスとして蓄積してしまうことに。

また溜まったストレスが上手く制御できないケースでは、その感情を時として他人に向けて爆発させることも。

 

| 3.できることとできないことを客観的な目で判断すること

完全主義者であるということ。心の中で完璧でなければならないと考えている人は、怒りの感情が沸き上がりやすくなるもの。

これは、自分自身が思う理想通りに物事を進めたい、そんな考えからイライラ感が大きく募ることになります。物事はすべてが都合よく進まないそんなことを振り返り、できることとできないことを客観的な目で判断することが重要。

 

| 4.否定的な事例を引き摺ると、感情の制御はできないもの

ネガティブな事柄を引き摺ってしまうということ。過去に発生した否定的な事例をいつまでも引き摺ると、感情の制御はできないもの。

失敗した事例に対しての無念の思いや、他人への憤りなどが自らの中にある限り、立腹したままということに。過去にあった失敗例は自分の教訓にするなど、ポジティブな考え方に切り換える努力がポイント。

 

| 5.セロトニンが睡眠不足により脳内で不足する、そんな要因

睡眠不足ということ。感情のコントロールが巧みな人物のケースでも、睡眠不足のときは制御が効かないことも多いもの。睡眠が充分に取れていない場合、脳を休める時間が不足するので、その機能が上手く働かなくなるため。

安心感に満ちた感情を生じさせるセロトニンが、睡眠不足により脳内で欠乏する、そんな要因も判明しています。

不足したセロトニンを補給。

休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe

 

まとめ

他人にぶつけ後悔するなど日常茶飯事。ここでは、感情的にならないことがとても重要なこと、良い人間関係へのその方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。