勇気が出ないのはなぜかを把握、手に入れ精神的にさらに強くなる方法


人生の中では後少しだけど、勇気が出ないということもあるもの。もちろん勇気が出ないのであれば、恋愛なども上手くいきません。更に何かにつけ行動を起こすのが難しくなるので、自然と成長のチャンスも失われます。

勇気が出ない時に考えるのは、名言であったり言葉だったりします。当然ですが勇気というのは、生まれつきて持っているようなものではなく、言葉にして貰えるのもごく僅かなもの。一晩寝て獲得できるというものでもなく、勇気を手にするには自らの努力が必要になります。

そして勇気を手にすると、時間を無駄にしないで行動が起こせたり、厳しい決定を下せたり、居心地が悪い状態を快適なものに変化させることができることに。

ここでは、勇気が出ないのはなぜかを把握、手に入れ精神的にさらに強くなる方法を紹介しています。

 

 

 


勇気が出ないのはなぜかを把握、手に入れ精神的にさらに強くなる方法


 

| 1.奮い起こした瞬間の記憶、次の勇敢な行動のバックアップ

勇気を奮い起こしたことを、憶えておくということ。自身が何か勇気あることをしたとき、しっかりその感覚を憶え込むようにするというもの。

頑張ったと自らを褒めてみたり、記念になる物や写真を残して置いたりと、その瞬間を鼻が高い気持ちで思い起こせるようにします。

多少なりとも、こうして勇気を奮い起こした瞬間の記憶が、次に来る勇敢な行動のバックアップとなり、必要な際はいつでも使えることに。

 

| 2.感情を使うことが恐怖心に打ち勝つ最良の手段というもの

沸き立つ感情を使用するということ。自らの感情コントロールは困難なものですが、その感情を使うことが恐怖心に打ち勝つ最良の手段というもの。

烈火の如く怒ったときなど感情が昂った際は、その感情で自分自身を鼓舞したり、他の人々に影響を与えることにも利用できます。勇気が少し必要な際は、自らの1番大切なものを小馬鹿にされた、そんな風に考え勇気を奮い起こすことも。

 

| 3.過去の体験と将来に渡り自身が成せるか成せないか別の話

過去の記憶やトラウマを治癒するということ。前に一歩踏み出せない人の多くは、以前に失敗したことがあったり、これまで駄目な奴という思い込みに捉われているもの。

過去に遡れば叱られたり失敗したりと、悲しいこともあったかも知れませんが、過去の体験と将来に渡り自身が成せるか成せないかは全く別の話

ひと昔前は経験や知識が足りず、条件が悪かっただけかも知れません。過去の自分を治癒することは、これから行動に勇気を持つためには非常に有効。

 

| 4.上手くいかないことを前提に踏み出せば、先は勇気を持つ

恥をかく気持ちを持つということ。前に一歩踏み出すとき必要なのは、恥を掻くことに対しての勇気でもあるもの。間違うことを恐れ失敗したりするほか、例え批判にあっても、自身が必要以上に卑屈になることはありません。

批判や失敗はあまんじて受け入れる、そういう風に上手くいかないことを前提に踏み出せば、そこから先は勇気を持って過ごせます。

 

| 5.精神的にもプレッシャーは少なく、瞬間的な勇気をなら

勇気を20秒間の間持つということ。一歩前進することに恐怖心を感じるときは、20秒間の間だけ勇気を持つようにするというもの。

何事かに挑戦すると決めて実行に臨むときや、苦手な相手に何かを伝えたいときは、20秒間だけ覚悟を決めて飛び込んでみます。

ずっと奮闘するわけではないので、精神的にもプレッシャーは少なく、瞬間的な勇気なら意外にたやすくでるもの。

 

| 6.フォローする体制が大切で、決めておけば客観的に認識

失敗した時のフォローということ。勇気を出すために大事なことの一つは、上手くいかなかった時や失敗した時のフォローというもの。

一歩前に踏み込めず挑戦できなかったり、失敗した際には自らを深く責めたり、自己嫌悪に陥ることもあるかも知れません。

そうした状況のとき、しっかりと自らをフォローする体制が大切で、決めておけば客観的に認識でき勇気へと繋がります。

 

 

 


勇気が出ないのはスピリチュアルにも関係あるかも、その大事な考え方


 

| 1.今がその瞬間と感じた際は、前に一歩でも踏み出すように

あの時すれば良かったを防げるということ。挑戦に対して躊躇うことがあるのは、失敗を考えたり成功するか判らない、不安な気持ちがあるから。

それ自体は自然なことでもあり恥ずかしいなどということもないですが、一番悔しい思いをするのは、あの時やれば良かったと後悔してしまうこと。失敗して恥ずかしい思いに囚われたり、悲しい気持ちを味わったりは、時間が経てば解決に向かうもの。

ただ挑戦すれば良かったと何度思い返しても、時間は戻ってはきません。なので今がその瞬間と感じた際は、前に一歩でも踏み出すようにします。

 

| 2.成功を手に入れると飛躍的に新たなことにチャレンジする

自らの可能性を知ることができるということ。チャレンジ精神を発揮することはとても恐怖を感じることで、失敗があるかも知れませんし、笑い者になることもあるもの。

ただ、嗤われようが失敗しようが、挑戦する前とした後の自分では、備わっている可能性の幅が非常に大きく広がっています。これまでは不可能と考えていたけど自分自身には挑戦する勇気がある、そんなことが判るのも大切なこと。

更に、これが出来るといことはあれも出来るという風に、成功を手に入れると飛躍的に新たなことにチャレンジする可能性が広がります。

 

| 3.不摂生をしていたこと自体を止めてみるというのも挑戦

人生を自分自身で生きることができるということ。必ずチャレンジしなければならないということはないですが、自ら希望する人生を過ごすには、何かに挑戦する場面に出会うもの。

それは大きなことから小さな案件まで、新しくレッスンを始めてみたり、ビジネスを立ち上げてみたりとさまざま。あるいは今までアルコールや煙草など、不摂生をしていたこと自体を止めてみるというのも挑戦のうちの一つ。

自らがしたいと思うことに、勇気を持って飛び込んでいくのは、人生を生きるチャレンジそのものかも知れません。

 

 

 


勇気が出ないのは恋愛では致命的ともいえるもの、踏み出せない原因


 

| 1.人とういものは過去体験や記憶をもとに将来を予想する

傷ついた経験が過去にあるということ。前に一歩踏み出す勇気が持てない人は、自らがやりたいこと過去にやり、失敗したり強制的に止められた体験があるもの。

新しいことにチャレンジしたり人間関係を変えて行こうとしても、そんな過去の傷ついた経験を思い浮かべ足踏みします。

人とういものは過去体験や記憶をもとに将来を予想するので、傷ついた記憶が強くあれば、一歩前に進む勇気も持ちづらくなることに。

 

| 2.上手くいかないことを想像し、嗤われ恥をかくことに恐れ

恥をかくのに恐れを抱いてしまうということ。前に一歩踏み出す勇気を持つことができない原因に、恥をかくことに恐怖を感じるというもの。

行動してみたものの上手くいかないことを想像し、誰かに嗤われて恥をかくことに恐れを抱きます。自分の情けない姿のを見られることが嫌で、早々と一歩前進する勇気が持てないことに。

 

| 3.失敗してダメージを受ければ立ち直れない、考えが浮かび

自己の存在感が低いという原因。前述した2つをひっくるめて、自己の存在感が低いということが要因というもの。自己の肯定感が充分高ければ困難に出会った際、何とかなるのではなどと、根拠のない自信をある意味で持ち、前向きに向かっていけます。

反対に自己の存在が低くければ、失敗してダメージを受ければ立ち直れないなど、そんな考えが浮かび勇気を出して踏み出すことが困難に。

引き寄せの法則で、勇気を出す。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

勇気を手にするには自らの努力が必要。ここでは、勇気が出ないのはなぜかを把握、手に入れ精神的にさらに強くなる方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。