親戚付き合いどこまでするのがベター、義理の家族と仲良くする方法


主に女性が結婚した後、避けて通ることができないのが親戚付き合いというもの。結婚したと言っても夫側の親戚は他人であり、気心が通った親戚ではありません。

夫は自身の家族だから良いものの、妻の立場からするとで旦那の親や家族はあくまで他人。なので義理の家族というのは距離感が掴みにくく、女性としてはその対応に悩みを抱えてしまうことになります。

そしてこんな親戚付き合いを苦手としている人や苦痛と感じる女性は、やめてしまったりしないという選択に辿り着くことに。もちろん親戚が増えることには役立つところも多くあり、一概に親戚付き合いしないというのも考えものです。

ここでは、親戚付き合いどこまでするのがベター、義理の家族と仲良くする方法を紹介しています。

 

 

 


親戚付き合いどこまでするのがベター、義理の家族と仲良くする方法


 

| 1.援助を受けているというものなら納得も得られることに

メリットを考えてみるということ。親戚と付き合いをなぜ継続しているのか、そんな点を考えて見るのもは大切なもの。そのメリットというのが旦那を安心させるためだったり、援助を受けているというものなら納得も得られることに。

心底嫌いな相手なら無理して付き合いをする必要性もないわけで、我慢しているのはそこに何かしらのメリットがあるというもの。

 

| 2.何を言われても相手にぜず、右から左に適当に受け流す

面倒なときは相手にしないということ。相手にしないと言うと誤解を招きそうですが、嫌いな相手と上手に付き合うには自己管理が必要というもの。

親戚を自分が嫌いだと拒絶することで旦那が傷付くかもなど、一人で悩みを解決しようとするのは危険。とりあえず最初のうちは、何を言われても相手にぜず、右から左に適当に受け流すようにします。

 

| 3.前置きして間に立って貰うと、男性心理として協力的に

夫に仲介役になって貰うということ。上手く親戚付き合いを立ち回るには、旦那に仲介役になって貰うということが必要なもの。

ここで重要になるのが、飽くまで旦那側の親戚の人たちを否定しないという事になります。そちらの親戚と仲良くしたいからと、前置きして間に立って貰うと、男性心理として協力的になるはず。

 

| 4.その日は予定が1日あるなど、言い訳してスルーするなど

辛い時は言い訳をするということ。言い訳をすること自体は、悪い事でも逃げでもないというもの。例を挙げると、義理の親戚に買い物に付き合ってと頼まれた際、最近は身体の調子が悪くてと断ります。

辛い気持ちを全面に出しても良く、その日は予定が1日あるなど、言い訳してスルーし悩みを減らします。

 

| 5.信頼のおける職場の人や友人など、悩みや愚痴を喋れる人

悩み事を溜め込まないということ。親戚付き合いに対し、辛いや嫌いなどと負担を感じている最中に、悩みを溜め込むと心理状態は危険に。

悩みを溜め込まない最良の方法は、自らの味方を見つけるのが一番。自分の母親や兄弟姉妹などのほか、信頼のおける職場の人や友人など、悩みや愚痴を喋れる人を見つけ心の抜け道を作ります。

 

| 6.嫌な頼まれ事などは笑顔で嫌ですよと強めに切り捨てる

笑顔を売りにするということ。いつも笑顔でいる女性に対し、嫌な奴とか気難しい感じの人という印象は抱かないもの。どんなときにも大きな効果を発揮するのが笑顔で、意識するだけで相手に不快感を与えずに済みます。

嫌味などを親戚に言われた際は、笑顔で切り返す方が断然良く、嫌な頼まれ事などは笑顔で嫌ですよと強めに切り捨てます。

 

 

 


親戚付き合いが離婚につながることも、知っておきたい苦手になる理由


 

| 1.何の意味があるのかということやメリットなど、必要性を

義理の家族に対し嫌悪があるということ。多くある理由が、シンプルに言って夫側の家族が嫌いだというもの。義理となった家族の顔を立てるための付き合いに、何の意味があるのかということなど、その必要性を考えてしまう事も。

極端に義理の家族との判断基準が異なる場合、どうしても付き合いや会うことに苦痛に感じてしまうことに。

 

| 2.遠い土地柄にある義理の実家での親戚付き合いまで強要

距離が遠いところに義理の実家があるということ。義理の実家が遠い場所にある事で、正月休みであったりお盆休など、帰省すること自体を嫌がる女性は少なくありません。

特に極端な田舎や不便な土地に義理の家族の家があると、義実家に何日も滞在するのは辛くなります。遠い土地柄にある義理の実家での親戚付き合いまで強要されると、精神的に窮屈さを感じ苦手になります。

 

| 3.嫁は家族の一員と考えがちな風潮が義理家族に多い印象

結婚後の距離感が明確に掴めないということ。結婚をした途端、義理の親戚たちや夫側の家族が図々しくなり、距離感を掴むのが難しくなったというもの。

それほど関係性が出来上がってないにも関わらず、歯に衣を着せず物を言うなど、結婚後の距離感を不思議に感じる事で親戚付き合いが苦手に。日本では結婚をした後、嫁は家族の一員と考えがちな風潮が義理家族に多い印象です。

 

 

 


親戚付き合いをしないという選択肢、覚えておきたい苦手になる心理面


 

親戚付き合いそのものが苦手になると、心理的負担も大きくなってしまうもの。もし二世帯住宅で義理の両親と同居のような暮らしをしていたり、義理の家族や親戚などが身近な場所に住んでいたりするのは辛いものがあります。

苦手な親戚の人たちと顔を合わせる機会が多ければ、苦手意識が嫌悪に変わっていくのも時間の問題ということに。ここでは、苦手に思う親戚付き合いの心理を3つ説明するので、自身の心理が何処にあるのか自己分析をしてみます。

 

| 1.頻繁に買い物に付き合わされたり、ランチに誘われると

親戚の間にある行事が面倒だということ。苦手意識を親戚付き合いに持つ心理は、お正月やお盆などの一般的な年中行事だけではありません。

旦那側のの甥っ子や姪っ子のほか、いとこの誕生日パーティーなど、集まりが多い親戚関係に面倒な思いをしり苦手意識を抱いたりします。

行事が多ければ、それだけ自分自身の時間を削ってまで、親戚との交わりに合わせなければいけません。さらにという立ち場で、頻繁に買い物に付き合わされたりランチなどに誘われると、精神的に追い込まれ親戚付き合いが辛くなります。

 

| 2.、一般的な常識が通用しない親戚筋に苦手意識を感じます

常識が通用しないということ。朝方であろうが夜中であろうが、お構いなしにくだらない連絡をしてくることなど。

義理の家族の常識を、まるで当たり前の様に押し付けてくるなど、一般的な常識が通用しない親戚筋に苦手意識を感じます。こうした一般常識が通用しない人とは、例え友人や職場の人間でも距離を置きたいと思うもの。

ただ、夫の家族であったり親戚だからという理屈で、関係を避けられないとなった場合、親戚付き合いそのものが嫌いで苦手な心理状況になります。

 

| 3.強い拒否感があって、現実には行動を何も起こせない女性

相手をするのに疲れるということ。先方が嫁だからという理由で、図々しい依頼をして来たり、面倒なことに巻き込んで来る義理の家族や親戚は珍しくありません。そういった親戚たちには、少しでも相手をするのは疲れるという心理状況になってしまいます。

例え、相手側の親戚に胸の内で付き合いたくないと強い拒否感があっても、現実には行動を何も起こせない女性がほとんど。相手をするのに疲れるという心理状況の果てに、親戚付き合いが苦手という負の感情が芽生えることに。

引き寄せの法則で、親戚付き合いも簡単に。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

その対応に悩みを抱えてしまうことにも。ここでは、親戚付き合いどこまでするのがベター、義理の家族と仲良くする方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。