臆病の意味をきちんと把握すること、ふがいない自分を乗り越える方法


ミスをするのが怖くなったときなど、臆病な自分を感じ取り嫌悪したりもするもの。臆病な性格の意味合いはと言えば、些細なことも怖がり、気が弱く挙動不審になるということです。

どうしてこんな臆病な性格になってしまったかと考えると、具体的に幼少時に大きな失敗をして怒鳴られる環境だったり、成功体験が極めて少ないなど。臆病者と他の人たちから呼ばれるようになるのは、こうした後天的なものが理由に挙げられます。

ただ臆病な自分を乗り越えたいと考える人にとってはこうしたことは朗報でもあり、性格が後天的に変化するということは、今後も変わるチャンスがあるということ。

臆病とはその怖がり方が過剰ともいえる心理常態ですが、裏を返せば慎重さが充分あるということで、失敗を繰り返さない上においては不可欠なもの。

ここでは、臆病の意味をきちんと把握すること、ふがいない自分を乗り越える方法を紹介しています。

 

 

 


臆病の意味をきちんと把握すること、ふがいない自分を乗り越える方法


 

| 1.辛い作業で難しい方法も、乗り越えられるのなら理想的

臆病になった要因を改善するということ。後天的な理由により臆病になったのが判明した場合、その理由を取り除くのも克服に繋がるもの。

最初に根本的な要因がなければ臆病という結果もないので、非常に合理的な対処法の一つと言えます。不幸な過去と向き合うことが必要で、もっとも辛い作業で難しい方法ですが、乗り越えられるのなら理想的とも。

 

| 2.スポーツでも趣味でも自らの好きなこと、自信まで湧く

好きなことをして、ストレスを発散させるということ。精神的な疲労の蓄積を身体が嫌がり臆病になっているケースでは、発散するのも克服に繋がるもの。

ストレスが溜まりそうになってもすぐ解消できれば、臆病になる必要もなく、スポーツでも趣味でも自らの好きなことをすれば、自信まで湧く可能性も。

こんなストレス解消は、臆病な性格を治す切っ掛けになるだけでなく、広い観点で新しい世界を見る機会にもなります。

 

| 3.成功までのパターン習得、難しい挑戦への成功確率も向上

日々毎日小さな目標を立て成功体験を重ねるということ。臆病な性格を改善するために、問題なくできる課題設定をして消化するというもの。

自信がないことを根本の原因とする臆病な性格面を、成功体験を積み重ねることにより治していこうという考えから。小さな成功体験を堅実に増やすことは臆病の克服になる上、成功までのパターン習得もでき、難しい挑戦への成功確率も向上することに。

 

| 4.心理学的に言えば行動が心理や性格に影響するケースも

自信満々の人を真似してみるということ。臆病とは縁がない人の言動や態度に注目するのも、臆病克服への道というもの。

性格に影響されると思いがちですが、心理学的に言えば行動が心理や性格に影響するケースもあるとされています。

なので自信に満ち溢れた人物の振る舞いを真似るうちに、自然に自信が沸き起こって来る可能性があるということに。最初はほんの些細な真似から。

 

| 5.理想と違う自身のコンプレックスを克服することで自信を

自ら理想を目指すため、自分磨きをするということ。劣等感解消のため資格を取得したり、カルチャーセンターやセミナー通いをするというもの。理想と違う自身のコンプレックスを克服することで自信を付け、ふがいない自分を乗り越えていくことに。

自分磨きは短所や欠点のを治していく方法と、長所を伸ばしていく方法の2つの方向があり、どちらを選ぶかは自分次第。

 

| 6.反省のやり方をよりポジティブ思考にする、そんな考え方

学んだことを活かすということ。失敗自体を否定的に捉えず、そのことから何かを掴もうという意識も臆病から脱却に役立つもの。

臆病というのは、失敗を過剰に恐れる心理か生じることが多いので、反省より失敗から学ぶ教訓を強く意識するということ。但し、反省と教訓には重なる部分も多く、反省のやり方をよりポジティブ思考にする、そんな考え方が判りやすく。

 

 

 


臆病者の一撃ということもあるもの、異常に気になることもある心理面


 

| 1.結果が出る以前から過剰に恐れたり慎重になったりしがち

失敗をするのが怖いということ。仕事をはじめ学校生活や恋愛など上手くいかない場合は、落ち込んだり恥ずかしかったり否定的な心理状態になるもの。

過去に大きな失敗体験があるとトラウマとなり、結果が出る以前から過剰に恐れたり慎重になったりしがちなことに。それが臆病という内面的なもので、落ち度を過剰に恐れる人は臆病者である可能性も高くなります。

 

| 2.余分は言わない、新たな人間関係を築くことも避ける傾向

他人に嫌われたくないということ。人間は他者からの拒絶を恐れ余分なことは言わないで、新たな人間関係を築くことも避ける傾向にあるもの。いじめや仲間外れなどが、他者に嫌われることのシンボリックな例ともいえます。

生活する上で人間関係は非常に重要で、嫌われてしまうと自らの社会的立場が危なくなることもあり、そういった感情が臆病にさせてしまうことに。

 

| 3.なるべく余分なことをしないよう過度に慎重になります

責任を負いたくないということ。仕事で失敗を犯せば、その悪い結果につき上司から叱責されるもの。責任を問われると、給料や将来の昇進などにも悪影響が及ぶので、なるべく余分なことをしないよう過度に慎重になります。

そうした臆病風に吹かれることで、責任を避け続ける卑怯な人物という評価もされかねません。

 

| 4.馬鹿にされることを恐れる、人間を臆病な性格にする要因

周囲に馬鹿にされるか不安だということ。他人から呆れ返えられることを恐れると、何についても無難にこなす傾向が出てくるもの。

集団の中で異なることをしたり言ったりすると、周りの人たちから馬鹿にされるようになるので、なるべく余分なことはしないという心理が働くことに。周囲の人々から馬鹿にされることを恐れる気持ちは、臆病な性格を形成する要因の一つとなっています。

 

| 5.人の意見を尊重する心理状況は、臆病風に吹かれる状態を

自身よりも他人の意見の方が正しいということ。自分自身に自信が抱けない場合、他者の考え方を優先する傾向が出てくるもの。

自らの意見や考え方が間違っていれば、人からの信用を失くすことになるので、評価が下がることを恐れ、何も言えず行動もできなくなることに。こんな自らを信じられず人の意見を尊重する心理状況は、臆病風に怯える状態を招きます。

 

 

 


臆病者とは何かを問うことも大切なもの、気弱な人に共通するその特徴


 

| 1.言いたいことがあっても、まだ下っ端だからと考え抑えて

思っていることが口に出せないということ。先方の気持ちを優先することが習慣づいているというもの。

例を挙げると、上司に対し言いたいことがあっても、まだ下っ端だからと考え抑えてしまうようなこと。ほかにも友人に対し不機嫌にさせたらなど、優し過ぎて本心を述べることを我慢してしまうことに。

 

| 2.なんだかんだと人に判断されるのも良い気持ちはしません

他人の目を気にし過ぎるということ。この他人の目というのは、周囲の評価と言い換えることができるもの。なんだかんだと他人に判断されるのも良い気持ちはしません。

それが気に掛かり過ぎる臆病な人物は、他者との関わり合いが徐々に減っていくもの。

 

| 3.共感性が強く、そうした刺激から身を守るため臆病になる

感受性が豊かであるということ。ある種の才能といっても良いものですが、周りの人たちが考えていることを、感じ過ぎてしまうというもの。

怒鳴られているのは他の人でも、自らが叱責されたように精神的なダメージを受けてしまうことになります。他人の感情に敏感ないわば共感性が強く、そうした刺激から身を守るため臆病ということに。

 

| 4.時として思い切った気持ちにならなければ、一つの挑戦も

先のことを前もって考えるのが上手いとういこと。頭の良い人に多く、先のことを考えるのが上手な人は、真っ先にリスクが思い浮かぶもの。

イメージ力が高いので、まざまざと失敗する姿がイメージでき、それが悪い方向に向かうことで結果的に臆病に。ただ世の中は一方的な勝負ばかりではありません。時として思い切った決断をしなければ、一つの挑戦もできなくなります。

引き寄せの法則で、臆病から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

気が弱く些細なことも怖がり挙動不審。ここでは、臆病の意味をきちんと把握すること、ふがいない自分を乗り越える方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。