ガサツな人の特徴をきちんと把握すること、苦手としない上手な接し方



職場や学校など身の回りに、空気が読めないガサツな人がいるもの。がさつな人というのは、細かい気配りができず繊細さがない人物を指しています。がさつさが表に現れるのは言葉や行動ばかりではなく、外から見た姿に出てしまうことも。

その場の雰囲気に乗って不必要な言い方をしてみたり、人を傷付けてしまう発言をしたりと、周りから見て何故そんなことをと感じる瞬間もあります。こういったがさつな人は、一般の人と比べ単純に育ちが良くない場合が多く見受けられます。

通常は物を乱暴に扱ったり、他人に対し悪口を言うようなことがあれば、親に叱られて当然のこと。これが幼少期に親に矯正されずそのままにされたりと、普通の家庭とは違う育ち方をしていることで、がさつな人へと成長します。

ここでは、ガサツな人の特徴をきちんと把握すること、苦手としない上手な接し方を紹介しています。

 

 

 


ガサツな人の特徴をきちんと把握すること、苦手としない上手な接し方


 

| 1.簡単に言いふらしたり、冗談の種にしたりはしないはず

本当に触れて欲しくないことは、予め伝えておくということ。当たり前ですがガサツな人と言っても人間で、人情がないわけではないもの。

自覚を持ってなくてマイペースですが、この点を踏まえ悩みやコンプレックスなど、絶対に欲しくないことは予め先方に伝えておきます。心から伝えればガサツな相手も理解し、簡単に言いふらしたり冗談の種にしたりはしないはず。

 

| 2.粗野な部分が更にエスカレートしてしまうかも知れない

心の中で文句を言うということ。がさつな人を受け止めることができなくても、本人を目の前に悪く言うようなことは避けるというもの。

がさつな人物というのは感情のコントロールが苦手なので、面と向かって文句を言われれば、目をそむける可能性が高くなります。相手の粗野な部分が更にエスカレートしてしまうかも知れないので、苛立った際は心の中で文句を言うようにします。

 

| 3.下げた見地から見る、沢山ある気になる部分も少し肯定的

ハードルを下げるということ。がさつな人を出来ない人と看做し、できる限り敷居を下げて見るようにするというもの。

他の人と同じ様なことができると認識してしまうので、がさつなことに対し苛立ちを覚えることになります。こうして敷居自体を下げた見地から見ることで、沢山ある気になる部分も少しは肯定的に。

 

| 4.誰かを通してするなど、できるだけ接しないのがように

深く関わらないよう距離を置くということ。職場などで失礼な発言をされた場合、傷つかないよう自分の身を守るために距離を取るというもの。

話す機会を極力減らしたり、仕事を対面で依頼しないで誰かを通してするなど、できるだけ接しないようにします。同じ職場やグループだと先方と仲良く接しなければ、そんな気負いを感じる人も多くいますが、その必要はありません。

 

| 5.苛立つときは天然な人と思うようにすると精神的に楽に

天然な人物なんだと割り切って接するということ。場の雰囲気が読めなかったり、マイペース過ぎる人はいい意味で言えば、天然な人とも言えるもの。

発言内容的には嫌味なところがあるかも知れませんが、割り切って接していくのも一つの方法。将来的に性格が変化することはないと諦め割り切って接し、苛立つときは天然な人と思うようにすると精神的に楽に。

 

 

 


ガサツな人は嫌いと言われることも多いもの、覚えておきたいその特徴


 

| 1.沢山あるアイテムを定位置に戻すという行為ができない

物の整理整頓ができないということ。がさつな人は身の周りを汚してしまいがちで、デスク上に物が散乱しているいうのは日常茶飯事というもの。自らのデスクだけではなく、ロッカーをはじめ鞄の中身や、自宅の部屋など、物を散乱させてしまいがち。

この物の整理ができないのは、沢山あるアイテムを定位置に戻すという行為ができないからで、使ったものは使いっ放し、ゴミはそのままという悪い癖をを繰り返すことに。

 

| 2.集中したり、注意深く気をつけることが不得手となって

注意力が散漫ということ。ガサツな人は同じ失敗を繰り返すことが多く、普段からパニックに陥っていることが多いもの。

注意力が散漫なので、一つのこと向かって集中したり、注意深く気をつけることが不得手となっています。詰まらない間抜けなことをすることも多く、その頻度が高ければ周囲の人たちを苛つかせることに。

 

| 3.がさつな人ほど、用意周到という言葉は似合わないもの

その場しのぎが多いということ。がさつな人物は仕事などの定例ミーティングでも、その場しのぎの発言を繰り返してしまいがち。毎回のようにその場しのぎで、何とか追及を逃れようとするのは、前準備をしておくという行為自体が苦手だから。

事前にチェックをしておいたり、ミーティングで発言するための準備の発想はなく、がさつな人ほど用意周到という言葉は似合わないもの。

 

| 4.忘れていたことで周りの人たちに迷惑を掛けることもあり

予定や記念日を忘れるということ。ガサツと呼ばれる人物は、自らのスケジュール管理を含め、何かを管理するということが苦手なもの。

大切な予定が組んであってもそれを覚えていたり、忘れないよう対処することが苦手なので、がさつな人物は予定や記念日をすぐに忘れます。

自分一人のことであればまだ良いのですが、忘れていたことで周りの人たちに迷惑を掛けることもあり、巻き込まれた方は堪ったものではありません。

 

| 5.がさつな態度で取引先に、自ら謝らなければいけなくなる

目上の人に対し喋り方が悪いということ。がさつな人は、大人として問われる丁寧な振る舞いが苦手というもの。言葉遣いが悪いのはよく指摘され、上司やお客などの対応や話し方が友達のようになることも多く、失礼を感じさせることになります。

もし自分の部下が、そんながさつな態度で取引先に接していたら、自ら謝らなければいけなくなることは必至というもの。

 

 

 


がさつな人はうるさいと思われることもありがち、その詳しい心理面


 

| 1.ある意味でいうとメンタルが強く、自己肯定力が高いのも

他人にどう思われても気にしないということ。ある意味でいうとメンタルが強く、自己肯定力が高いのもガサツな人の一面の心理。

言いたいことを口に乗せ、人に嫌われてもかまわないという考え方を持っている傾向が。周りの人々との上手い接し方を考えるより、自由やマイペースさを強く求めたい風潮が心境の一つ。

 

| 2.他の人との接し方が、判らなくなってしまう人もいます

ガサツと言われても、どう対応すればいいか分からないということ。がさつな態度の人は、自覚がない場合が多くあるもの。

原因が分らないので同じような失敗を繰り返すことに。自らは普通だと感じているので、どう改善するのかが理解できません。そもそも、どんな付き合い方をすれば良いのか、他の人との接し方が判らなくなってしまう人もいます。

 

| 3.マイペースな性格ですが、裏目に出てしまうことがある

気の赴くままに行動しているだけということ。ガサツな人というほどなので、実際は何も考えていないということがほとんど。

無意識にデリカシーのない質問をしたり、失礼な発言を何も思わずしてしまい、周囲から顰蹙を買ってしまいます。言動に対する影響に自覚がないマイペースな性格ですが、裏目に出てしまうことがあるもの。

 

| 4.仕事に留まらず恋愛や結婚の機会まで逃してしまうことに

食べ方が汚いということ。がさつと呼ばれる人は、とにかく品がないものですが、その品のないところは食べ方に表れるというもの。

子供みたいに食器の音を立てたりはもちろん、音を立てて食べたりするなど、周囲を困惑させることも多くあります。そんな普段の品のなさは、仕事に留まらず恋愛や結婚の機会まで逃してしまうことに。

引き寄せの法則で、ガサツな人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、ガサツな人を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

細かい気配りができず繊細さがない人。ここでは、ガサツな人の特徴をきちんと把握すること、苦手としない上手な接し方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。