適当な人の心理や特徴をしっかりと掴むこと、改善の仕方や付き合い方



見渡すと身の回りに適当な人と、呼ばれる人物がいるもの。仕事が雑だったり周りに迷惑をもたらす、いい加減な人といった意味合いで使われます。

こんな適当な人は嫌いというネガティブなイメージで捉える場合は、時間や金銭などにルーズな人物に対しても同様になります。ただ適当な人の意味合いはもう一つあり、それは力の加減をほど良く合わせるといったポジティブなイメージ。

なのでこちらの意味でいう適当な人は、ほどよく肩の力が抜け、力が入り過ぎないで仕事ができる人とも。そんな理由からか適当な人は面白いと言われ、好かれることやモテることも多くあります。

ここでは、適当な人の心理や特徴をしっかりと掴むこと、改善の仕方や付き合い方を紹介しています。

 

 

 


適当な人の心理や特徴をしっかりと掴むこと、改善の仕方や付き合い方


 

| 1.優れた部分を教えてあげる、適当な人物の改善意欲が向上

適当にしないメリットデメリットを伝えるということ。常に適当な態度をとっているので、真剣に取り組んだ時との差が分らない人もいるもの。

なので、きちんと対応した際の具体的な優れた部分を教えてあげることで、適当な人物の改善意欲が向上します。例を挙げると、昇給関連やボーナスなどに繋がったり、社内での評価自体が上がることなど。

 

| 2.首になってしまったり人事評価が落ちてしまうというもの

自己評価が下がるという、危機感を抱かせるということ。こちらも前述同様、適当なことを続けていると多くの危機に陥ることを伝えます。

具体的な例を挙げると、職場の最悪のケースを考えれば、首になってしまったり人事評価が落ちてしまうというもの。これは上司などの地位が上の人物から言えば、より信憑性も高まるので危機感がアップ。

 

| 3.十分理解できれば、多少は改善の努力を考えるようになる

他人に迷惑を掛けることがあると教えるということ。適当な人物の中には、意識することもなく周りの人に迷惑を掛けていることがあるもの。

なので、その人の振る舞いや言動が周囲にどんな影響を与え、どのような働きをしているか、子細に教えてあげることが大事。迷惑している側の気持ちを十分理解できれば、多少は改善の努力を考えるようになるかも知れません。

 

| 4.こちらが頼んだ内容自体を覚えていないことがあるもの

重大な内容のことは、依頼しないという付き合い方。適当な人というのは、こちらが頼んだ内容自体を覚えていないことがあるもの。なので、重要な約束事をしたり、重大な依頼ををするなどはるべく回避するようにします。

どうしてもというケースでは過剰な期待はせず、相手が約束を守らないことや失敗を前提として行動、なるべくリスクを軽減。

 

| 5.誰が普段から適当な人なのか、見極めておくことが大切

適当な人物からは、なるべく距離を置くということ。自身への被害を減らすためには、適当な人とは関わらないようにするのが最善というもの。

例え接する機会があっても、最低限の会話にとどめるのが重要で、それほど深入りしないことがポイント。必要以上のやり取りは、苛立ちが募るばかりかストレスも蓄積することに。誰が普段から適当な人なのか見極めておくことが大切。

 

| 6.信憑性の低い話題は聞き流すことが上手な接し方になる

逐一先方の言動に反応せず、受け流すということ。適当な人に相対していると、約束を破られるほか、いい加減な情報を教えられたりすることもあるもの。

なので先方には期待しないで、言動も信用したりせず、信憑性の低い話題は聞き流すことが上手な接し方に。先に人物を知っておけば、裏切られたときも信用してないので、自身がダメージを負うこともありません。

 

| 7.関心が薄く、約束などをしていても忘れてしまうことが

本当に重要ことは、徹底的に意思疎通をするということ。適当な態度だと周囲のことに関心が薄く、約束などをしていても忘れてしまうことがあるもの。

なので、コミュニケーションを積極的にとることで、常に約束事や依頼事などを意識させておくことがポイント。例を挙げると、次の日に待ち合わせを何処かでしているなら、当日朝に連絡をしたりして言い訳を防ぐこと。

 

 

 


適当な人間は何処にでもいるもの、向き合う際に覚えておきたい心理面


 

| 1.よく言えば無邪気なところが、悪く言うとルーズな性格

屈託がなく何とかなると思っているということ。適当な人物はよく言えば無邪気なところがあり、悪く言うとルーズな性格というもの。

拙速に過ぎる振る舞いで何かを始めることがあり、自らの容量を超えた業務を請け負い、後から無理だったとなります。あまり深く考えてはなく、何とかなるだろうという楽観的思考が、適当な人の心理の一つ。

 

| 2.可もなく不可もなく、そういった思考というのも適当な人

真正直に行動しても、致しかたないと考えているということ。自らがしてきた努力が報われないと思っている人は、適当な思考になるもの。

過去の経験を前提として努力が報われなかったり、手を抜いた仕事の仕方でも、給与には関係しないと考えている人物に多い方向。

なので社内でも、現在の役職からの降格や首にならない程度で、可もなく不可もなく、そういった思考というのも適当な人の心理面。

 

| 3.誰よりも他人に厳しく自らに甘い、適当な人にありがち

自分さえ良ければということ。適当な人というのは、被害はとにかく受けたくないと、自身を守ることを最優先にしているもの。なので、自ら不都合なことが生じると、不機嫌になっってみたり、そこから逃げ出したい気持ちに駆られることに。

そして他者に責任を押し付けるための理由を探し始めることになります。誰よりも他人に厳しく自らに甘い、これが適当な人にありがちな心理。

 

 

 


適当な人は大雑把なところが持ち味かも、詳しく見る具体的な特徴面


 

| 1.曖昧なケースの貸し借りの約束であれば、適当になりがち

貸し借りを忘れてしまうということ。無関心とも言える適当な人物は、物や金銭に執着しないことも多く、人とした貸し借りも平気で忘れるもの。

特段に期限が決まっていない貸し借りの場合、忘れたのではなく以前として、借りたままなどと言い訳もします。曖昧なケースの貸し借りの約束であればあるほど、適当になりがちなので注意が必要。

 

| 2.取片付ける気にならす、整理整頓も不得手な傾向にある

整理整頓が不得手ということ。適当なタイプの人間は無精者ということもあって、何につけてもやる気がないもの。

なので、室内がどれほど散らかっていても、取片付ける気にならす、整理整頓も不得手な傾向にあります。特に細かな手作業が苦手な男性に多く見られ、身近な範囲はとてもいい加減になりやすくなります。

 

| 3.周りの人たちの信用を失して、気にしないのが特徴の一つ

責任感がないということ。自分自身を最優先に考えている人ほど、勤めている職場や他人のことはないがしろになるもの。なので、何事に向き合ったからと言って責任感もなく、周囲のことをそれほどは見ていません。

仕事などでミスを犯してもすぐ逃げようとし、周りの人たちの信用を失しても、さほど気にしないのが特徴の一つ。

 

| 4.能力を高く評価して、何でもできると思い違いしている

自信過剰ということ。適当な人の中には、自分自身の能力を高く評価していて、何でもできると思い違いしている人物がいるもの。なので、一貫性のない考えから、何をしても成功するだろうと楽観的な気分になります。

特に男性は女性から褒められた場合、自信過剰になりがちなところがあり、現実に敵わないとみると諦めて逃げる傾向に。

引き寄せの法則で、適当な人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

時間や金銭などにルーズな人物も同様。ここでは、適当な人の心理や特徴をしっかりと掴むこと、改善の仕方や付き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。