お祓いや風水なども効き目がある、試してみたい運が悪い時の過ごし方


暮らしの中で往々にして、運が悪い時が訪れることがあるもの。こういった運が悪い時期は、何をやっても軌道に乗らず、一生懸命の努力も何故か報われません。

ほかにも普段大切にしているものを失ったり、転んで怪我をしたりと散々ともいえる時。これは運気が下り坂で悪い時ほど、注意力が杜撰になりやすい時期と重なるので、つい物の管理もいい加減になってしまうから。

こういう運が悪い時の過ごし方というのは重要で、悲観的な佇まいに包まれているので、良い縁とは程遠くなるもの。なので、しつこい人や陰湿な人など、ネガティブなオーラに引き寄せられた、悪縁ともいうべき人に付きまとわれやすくなります。

ここでは、お祓いや風水なども効き目がある、試してみたい運が悪い時の過ごし方を紹介しています。

 

 

 


お祓いや風水なども効き目がある、試してみたい運が悪い時の過ごし方


 

| 1.新しい発見をしたり人間関係も構築でき、気持ちも転換

ルーティンとは違った行動をとるということ。運気の悪い時は気の流れ自体を変えるため、いつもと違う行動をするというもの。

例を挙げると、職場から自宅までの帰途で寄り道をしたり、社会人サークルに入ったり習い事を始めるなど、日常を変化させる努力をします。そうすることで新しい発見をしたり人間関係も構築でき、気持ちも転換するので運気も上昇。

 

| 2.どうせなどネガティブな言葉を口にするのは禁物という

ポジティブな発言を心掛けるということ。ポジティブな言葉というのは、良い運気を呼び寄せる効果がるとされるもの。運気上昇のためにも、どうせなどネガティブな言葉を口にするのは禁物ということ。

どんなに落ち込むことに出会っても、この失敗を活かすとか次は成功するなど、ポジティブな言葉を口に乗せるように意識します。

 

| 3.訪れるだけでネガティブな雰囲気を一掃する効果がある

パワースポットを巡ってみるということ。神社などのパワースポットと呼ばれる場所は、訪れるだけでネガティブな雰囲気を一掃する効果があるもの。

長野県の伊那市にあるのが分杭峠。TVで何度も紹介されている驚くべきゼロ磁場を生み出すパワースポット。どんな神社を訪れても上手くいかない、何をしても空回りする人は、是非訪れてみたい場所の一つ。

 

| 4.入り口ともなっている玄関と、第2の玄関と呼ばれる窓

不要品を処分し掃除をするということ。風水でいうところの、不用なものが溜まった汚い部屋には運気が集まらないもの。金銭に縁がなく恋愛も上手くいかない人ほど、自分の部屋に不用な品物が溢れて返っています。

特に悪いことが続いている時は、運気の入り口ともなっている玄関と、第2の玄関と呼ばれるベランダに面したを注意深く掃き清めます。

 

| 5.髪を切るということは、厄落とし効果に繋がるとされる

美容院やエステに行くということ。風水では髪を切るということは、厄落とし効果に繋がるとされるもの。
なので悪いこと続きの時は、美容院を訪れ少しでもいいので髪を切ることがポイント。

またエステなどのマッサージ施術は、身体の気の流れを整える効果もあり、気分も晴れるので一石二鳥になります

 

 

 


運が悪いときは真剣にお祓いも考えたいところ、その詳しい原因など


 

| 1.運の悪い時期に突入しやすくなる原因にも繋がっていく

フラストレーションやストレスを抱えているということ。仕事をはじめ勉強や家事に子育てなど、さまざまなことでストレスを溜めている人は多いもの。

もちろん身体にも心にも悪影響があり、知らず知らずの間に思考がどんどんネガティブになります。そうなると運気が下がり、運の悪い時期に突入しやすくなる原因にも繋がっていきます。

 

| 2.慢性的に幸せを感じにくく、運の悪い時がやってくること

生活習慣の乱れということ。生活リズムが乱れてくると、身体はもちろんですが、心まで不健康な状態になるもの。

好きな物だけを摂り食生活が乱れるほか、睡眠時間が短かったり運動不足だったりだと、心と身体のバランスが崩れます。そうするとネガティブ思考に陥りやすくなり、慢性的に幸せを感じにくく、運の悪い時がやってくることに。

 

| 3.将来を楽しみにイメージしていると、運気が上昇するよう

過去に固執しているということ。あの頃は良かったなどと、過去の栄光ばかりに固執していると良い事は起きないもの。自分が未来に対し、どれほど胸を踊らせているかが非常に大切なこと。

人間は将来を楽しみにイメージしていると、運気が上昇するようにできているので、過去に執着するの運の悪い時を呼び寄せることに。

 

| 4.古い思考に停滞してどんどんと運気が悪くなっていきます

自ら考えに執着しているということ。周囲の指摘や新しいことを受け止められず、自身の考え方に執着していると運気が悪くなるもの。

室内にしても換気をして新しい空気を取り入れないと、酸素量が減り空気が澱んできます。人間も新しい考え方を取り入れないと、古い思考が停滞してどんどんと運気が悪くなっていきます。柔軟な考えが大事。

 

| 5.苦労をしたり、考えもしなかった大変なことを呼び寄せ

心にゆとりがないということ。心に余裕がないと時間に追われ焦っている時には、正常な判断ができないもの。そうすると知らず知らずのうちに、間違った方向を選択してしまっていることに。

そういったことは、苦労をしたり考えもしなかった大変なことを呼び寄せ、運気も下がっていく一方。

 

 

 


覚えておいて損はないもの、運が悪い時によく発生する特徴的なこと


 

| 1.肝心なところで必要なものを取り逃がしやすくなるもの

タイミングが悪いことが何度も続くということ。運気が滞ってしまうと、肝心なところで必要なものを取り逃がしやすくなるもの。

例を挙げると、行列に並んでいたら自分の直前で売り切れになったり、予定していた外出の際、悪天候に見舞われるなどタイミングの悪いことが重なります。

 

| 2.周りの人たちから、変な噂話をされるなども珍しくない

他の人に誤解されやすくなるということ。運が悪い時には誠意をどんなに尽くしても、素直に先方に気持ちが伝わりづらくなるもの。

これは運気の悪い状態の時ほど、自らの感情を上手くコントロールできなくなり、空回りしやすくなるから。なので、良く知っている人でも誤解を招いたり、周りの人たちから変な噂話をされるなども珍しくありません。

 

| 3.日頃より注意散漫になっているということで警戒が必要

何もないところで転んだり、怪我をするということ。運気の悪い時期は疲れが溜まりやすく、何もない場所で転んだり怪我をしたりするもの。

いつもなら絶対に大丈夫なところが危険になるのは、日頃より注意散漫になっているということで警戒が必要。

 

| 4.ゆっくりと休息をとり気力と体力が回復するのを待つのが

人に会うのが億劫になるということ。運気が落ちている時は、人と会うのに身が入らず家に閉じこもってしまうもの。

こんなときに無理して人と会ったとしても、喧嘩や衝突などのトラブルが生じるケースも珍しくありません。見えない力が休息を求めているサインと考え、ゆっくりと休息をとり気力と体力が回復するのを待つのがベター。

 

 

 


運が悪い時にすることはもちろん良い人の真似、その日常的な実践法


 

| 1.感謝の気持ちを伝え神社を大事にする人は、願いを叶える

氏神神社を大事にするということ。運の良い人物は有名神社だけでなく、近所の土地を守る氏神神社の参拝を欠かさないもの。

感謝の気持ちを伝え神社を大事にする人は、ここぞという時に願いを叶えるパワーも絶大なので、運気を上げたい場合は付近の氏神神社へのお参りするのがポイント。

 

| 2.こうした振る舞いが、運の良い人を形作るのに繋がって

感謝の言葉を欠かさないということ。運の良い人は、お陰で助かったとかありがとうなど、感謝の言葉を欠かさないもの。

人間は誰しも感謝の気持ちを伝えられると嬉しいし、更にその人に良くしようと考えます。こうした振る舞いが、運の良い人を形作るのに繋がっています。

 

| 3.この行為は運の悪い人の否定的な力を吸収しがちなので

運気の良い人と付き合うといういこと。運の良い人と交際することで、自分も運気の振り分けして貰えるというもの。

反対に運気が下り坂の人ほど、自身より運の悪い人を見つけ、まだいい方だと安心します。しかし、この行為は運の悪い人の否定的な力を吸収しがちなので、運気を上げたい場合しないようにします。

 

| 4.どんな物事に対してもポジティブに捉える傾向にあるもの

占いなどは良いことしか信じないということ。運が良い人物は、どんな物事に対してもポジティブに捉える傾向にあるもの。なので、占いなども良いことしか信じません。

例え悪い結果がでても、神様が教えてくれたかも、これから気をつければ大丈夫と前向きに受け入れます。

引き寄せの法則で、運が悪い時を脱出。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

何もが軌道に乗らず努力も報われない。ここでは、お祓いや風水なども効き目がある、試してみたい運が悪い時の過ごし方を紹介しています。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。