劣等感を自己診断、これから先のコンプレックスを克服していく方法


劣等感の意味と言えば、自分の容貌や過去の成績やスポーツなど、本来は他愛もないことが気に掛かること。こういう、コンプレックスや劣等感は、多少の差こそあれ誰もが持っているもの。普段一人で過ごしているときには、強く心に感じることは微々たるものです。

ただ職場や学校といった集団でいる際は、他者と比較することも多く、劣等感が生まれてしまいます。それは、あの子に比べたら可愛くないや、仕事はあの人の方ができるなど、人と比べることで自分が劣っているという凝り固まった価値観

ただあまりにこの劣等感に苛まれていると、ストレスを増大させる引き金にもなります。それが高じるとうつ病を発症してしまい、生活が思うに任せない危険性も出てきます。

ここでは、少しでも前向きな考えをするため、劣等感を自己診断、これから先のコンプレックスを克服していく方法を紹介。劣等感に苦しい思いをしている方は、原因特徴をはっきり認識、コンプレックス解消へと役立てます。

 

 

 


身体的な特徴や自己嫌悪、子供の頃の経験を含む劣等感の3つの原因


 

| 1.親や教師が否定的な言葉を繰り返すと、劣等感の原因に

コンプレックスが強い人は、子供の頃に周りの大人から、正当に評価をされない経験が多いということです。子どもにとっては、親や教育者の存在は確定的に大きなもの。

学校の試験を頑張ったのに認めてもらえなかったり、運動音痴と言われるなど。親や教師から否定的な冷たい言葉を繰り返し受けると、刷り込まれ劣等感の原因となります。

 

| 2.自己嫌悪が原因の出発点、自分の内側に思い込みの特徴

自分のことが嫌いという、自己嫌悪が原因の出発点。文字通りに自分で、自分自身が好きになれないという心理です。誰しも何か失敗をした後には一時的に、何をしているのかと自己嫌悪感に陥ることもあるもの。

しかしながら、劣等感を感じやすい人は、こんな一時的な感情ではなく、いつも自分に明るい感情を持てません。これは自分の内側に、思い込みが向いている人に多い特徴。

 

| 3.生まれついての身体的な特徴が、社会的価値観から不利

生まれついてのコンプレックスというもの。虚弱体質や容貌のことなど、生まれついて持っている身体的な特徴が、社会的価値観から不利とされている事例。

最近よく取り上げられる、性的本能の行動や性的振る舞いにも原因があります。普通の多数派と比べ、少数派のマイノリティは劣等感を持ちやすくなります。

 

 


自慢話をしがちや無意識に自分と比べる普段の習慣など、3つの特徴


 

| 1.相手を見ている、無意識に自分と比べることが普段の習慣

他者と比較することが、普段の習慣と状態化していること。劣等感というのは、他の人と比較することにより生じる感情です。あの人はこうと、相手を見ているようでいながら、無意識に自分と比べることが普段の習慣になっています。

特に、他者が持って自分が持っない要素に注目しがち。いつも自分より秀でた面がある人を見ては、劣等感を感じます。

 

| 2.自己肯定感が合格点に満たない、劣等感が強い人の特徴

自分の短所ばかりに意識が向いていること。事柄を悪い方向へと考えて終いがちなのが、劣等感が甚だしい人の大きな特徴。しかも、状況が良くないことを、自分の責任に転換して考える傾向があります。自己肯定感が及第点に満たないため、否定的な想像が多くなります。

 

| 3.自信がないこと、劣等感を強く持っている人ほど自慢話

自分を段違いに大きく見せようとすること。自分に自信がないことも相まって、劣等感を強く持っている人ほど自慢話をしがち。これは人に及ばないところを隠すため、裏返しの気持ちで自分が優れているとのアピールポイント。

自慢話をすることにより、周囲から認められたいと思うので、知らず知らずに自信があるところを強調しようとします。

 

 

 


人に褒められたら疑ってしまうなど、10問から見る劣等感の自己診断


設問は10問で、すべて「Yes」or「No」2択です。自分が近いと感じる方を選択しますが、迷ったときには直感で決定します。

 

①現在の自分は、それほど好きではない。
②自分以外の人の考え方は、見習うことが多い。
③思考パターンは、どちらかといえばネガティブ。
④人と競争したいとは、それほど思わない。
⑤人と自分を比較することは、よくあること。
⑥人に褒められたら、疑ってしまう。
⑦人に対して感謝の気持ちは、抱くことがあまりない。
⑧自分がやりたい道よりは、人が羨む道を選ぶ。
⑨流行は、以外に追いかけるタイプ。
⑩人から思われることは、幾分気にする。

 

上記の診断で「Yes」が4つ以上あると、軽度の劣等感があります。「Yes」が7つ以上あれば、際立ったコンプレックスを持つ方。次の解消法や克服法を実践して、気持ちをアグレッシブにしていきましょう。

 

 


自己分析し目指す理想像を決め、他の人と比べない劣等感への対処法


 

|  1.どんな事で、劣等感を感じるのかを自己分析するのが大切

劣等感を感じるとき、その原因が曖眛になっている場合が小さくありません。どんなときやどんな事に対して、劣等感を感じるのかを自己分析するのが大切。悔しい思いをしながら落ち込んだり、苦しんだりしていても、原因がよくわかっていないケースがあります。

誰に、何時、どんな事で劣等感を感じたのか、その時の状況を具体性を持って思い起こします。その原因の本質に迫ることで、克服するのにぴった合う対処法が、見つけられるかも知れません。

 

| 2.上手く活用すれば自分自身の成長、具体的な行動に繋げる

前向きに劣等感を受け入れて、行動に繋げていくこと。劣等感は後ろ向きな考え方と受け止められがちですが、上手く活用すれば自分自身の成長につなげられる感情。劣等感を理解しているならば、先ずはその感情を自然に受け入れます。

その上で、コンプレックスを解消するため、具体的な行動に繋げます。英語に劣等感があれば、毎日英単語を覚えたり、見た目を整えたいなら、ジョギングを始めるなど。

 

| 3.現実と理想の隔たり、目標とする理想を決めることが大切

将来において、自分がありたい理想像を明白に決めるということ。劣等感が増大すると、「あの人と自分」のような深く考えない心理に陥りやすいもの。優劣を決める図式が自分の中で成り立つので、苦しかったり苛まれたりしてしまいます。

劣等感は現実と理想の隔たりから生じるものなので、先ずはっきりと目標とする理想を決めることが大切。
その理想像をあるべき姿とすると、比較する相手が気にならなくなり行動が楽になります。

 

| 4.比べ続ける限り、幸福感は得ることができないと悟る

周りの人と比較することで、幸福は得られないことを悟るということ。劣等感が生じてしまうのは、周りにいる人と自分自身を比較してしまうから。容貌を比べて見たり、持っている能力を比べて見たり、相手が持っていて自分にないものを探し、比べることで嫉妬します。

人にはそれぞれ得意と苦手があり、完璧な人間は存在しません。他者と比べ続ける限り、幸福感は得ることができないと悟ることが大事。

 

| 5.周囲の人に支えて貰っていることに感謝、お礼の言葉を

感謝の気持ちを持ち、周囲の人と接することがポイント。コンプレックスを抱いているときは、自分を評価しない周囲に対し、冷静な見方を忘れがちです。自分の努力を棚に上げ、他者の態度に怒りを露にする傾向もあります。

周囲の人に支えて貰っていることに感謝、何かをしてくれた際は、お礼の言葉を口に出します。こういう習慣から、周囲の目も変化。

 

まとめ

本来は他愛もないことが気に掛かることが劣等感覚。ここでは劣等感を自己診断、これから先のコンプレックスを克服していく方法を紹介しました。幸せな明日のために、ぜひお役立てください。