ぶきっちょは成功への道標になるかも知れない、腕利きを目指すやり方


身の周りを見渡してみると、ぶきっちょな人もいるもの。もちろんこれは不器用を指す別の言葉で、器用な人には何でもないことができ難いことに。

複数のタスクを抱え込んでしまうと、なかなか前に業務が進められないなど、効率の悪さに悩んでいる人もいるかも知れません。

このぶきっちょの語源は不器用の音が変化したもので、器用はというと武具や馬具など役立つ道具の総称で、時代とともにそつなく何事もこなす人という意味。この反対なので、ぶきっちょな人物は思い通りにできず、悩んだりトラブルに巻き込まれたりすることが多くなります。

一般に不器用な人は損する、昔からそうと言われるように器用な人は何事もなく世渡りをしている一方、不器用な人物は問題続きで生きづらく思うことが珍しくありません。

またぶきっちょを差別用語とする向きもありますが障害はなく、むしろ不器用な人と直接言われるより、ぶきっちょさんと呼ばれると可愛らしい感じもします。

ここでは、ぶきっちょは成功への道標になるかも知れない、腕利きを目指すやり方を紹介しています。

 

 

 


ぶきっちょは成功への道標になるかも知れない、腕利きを目指すやり方


 

| 1.頭に思い浮かべる、仕事をはじめ恋愛や人生を好転させる

行動を起こす前段階で、イメージトレーニングをするということ。頭の中に良い印象を持たないで、なにも考えず行動するのがぶきっちょな人の致命的な点というもの。

例を挙げると好きな人をデートに誘う前、断られるとか嫌われるなど、ネガティブなことは考えないようにします。将来にかけ起こることを良い方向に考え、上手くいくことを頭に思い浮かべることが、仕事をはじめ恋愛や人生を好転させる切っ掛けに。

 

| 2.自己流でしている仕事や恋愛を一旦横に、現状を変える

器用な人物のやり方を真似してみるということ。ぶきっちょな人は、先ず自己流でしている仕事や恋愛を一旦横に置き、現状を変えることが重要というもの。

難しさを生き方に感じている場合、器用に振る舞っている人物を真似て、恋愛や仕事のスキルのアプローチを参考にします。周りにいる器用な人に助言を求めたり、さまざまな成功体験を事細かく聞かせてもらうのも、腕利きを目指すやり方の一つ。

 

| 3.みんなを引っ張ることで自身にとり、都合が良い状態を

自ら先頭を行くよう心掛けるということ。いつも人任せにし積極的にリーダーシップが取れない姿勢が、ぶきっちょな人を不幸にしているもの。

初めに声を上げるのは勇気が必要ですが、みんなを引っ張ることで自身にとり、都合が良い状態をつくることができるように。仕事では重要事項を決定できたり、恋愛関係では相手側の感情に左右されず、安定感のある構えに繋がります。

 

| 4.褒めることで、人間関係も円滑になり人生の腕利きに前進

どんな状況でも周囲を観察するということ。鈍感で気の利いたことを言えないのも、ぶきっちょな人の人生が上手くいかない理由というもの。嫌われることを気にして先方を褒めるのを戸惑っている人も、同じように人生を生き辛くしています。

先ずは周囲のことを詳しく観察することが大切で、髪型の変化などに気づいて褒めることで、人間関係も円滑になり人生の腕利きに一歩前進。

 

 

 


器用にはまったく負けてないところも、ぶきっちょな人が成功する理由


 

| 1.仕事や勉強などに没頭していることも少なくありません

要領は悪いが一点に集中できるということ。ぶきっちょな人物は、周りの人々が驚くほどの集中力を見せることがあるもの。

ぶきっちょな人が成功する秘訣はこの圧倒的な集中力によるもので、ほかの物事を放棄し仕事や勉強などに没頭していることも少なくありません。

一つのことのみに意識が向き、後はお構いなしというのは欠点ですが、器用な人よりぶきっちょな人が成功する理由の一つ。

 

| 2.周囲のサポートを受け最短コースで進める強みがあるので

他人を素直に頼れるということ。苦手なことや自分の限界、何でもできるわけではないということを、ぶきっちょな人はよく理解しているもの。

なので、分からないことは教えてと、すぐ他の人に尋ねるので、一人きりで長時間に渡って悩んでしまうことがありません。

自らが設定した目標まで辿り着くのに、周囲のサポートを受け最短コースで進める強みがあるので、ぶきっちょな人は成功しやすいことに。

 

| 3.恋人関係はいつも良くぶきっちょな人の恋愛は上手くいく

一人を大事にするので、恋愛が成功しやすいということ。恋愛した際はぶきっちょな人ほど、一途な想いを貫き通す傾向にあるもの。

彼氏や彼女を大事にして、浮気をしなかったり、プレゼント等を欠かさないので、信頼されも深まります。二股かけるなど器用でないため一人の人を想い続け、恋人関係はいつも良くぶきっちょな人の恋愛は上手くいくことに。

 

 

 


ぶきっちょさんのソーイングレッスンなどもある、その詳しい心理面


 

| 1.時間を無駄にしてしまうのも、ぶきっちょな人に見る心理

考え込んでしまい優柔不断ということ。物事に対しての意思決定は慎重に行い、失敗はしたくないもの。ぶきっちょタイプの人は必要以上に考え込んでしまう傾向にあり、優柔不断でなかなか物事を決定できません。

考え込んでいたら一日が過ぎ、結局結論は出せずにいたなど、時間を無駄にしてしまうのもぶきっちょな人に見られる心理面。

 

| 2.いくら知識があったとしても、人が聞きたくもないのに

視野が狭く、融通が利かないということ。一般的に好きなことや気になることを、それぞれに追求し突き詰めたいもの。

特定分野の関係でいくら知識があったとしても、人が聞きたくもないのに喋り続けるのは、ぶきっちょな人らしいところ。バランス感覚に欠けていて視野が狭く融通が利かないところがあり、空気を読むことも苦手で自己中に見えることも。

 

| 3.思い詰めてしまう心理面は後々、自分を苦しめかねません

些細なことを思い詰めるということ。ぶきっちょな人はトラブルも多く、いつも何かに深く悩んでいる印象があるもの。物事を軽く受け流すような器用な考えができないので、何でも正面から重く受け止めてしまうことに。

ちょっとした事をきちんと考えるのは良いことですが、思い詰めてしまう心理面は後々、自分を苦しめかねません。

 

| 4.ぶきっちょは複数のタスクを切り盛りするには向いてない

複数の事柄を一度に考えることができないということ。多くのことを一時に考えようとすると、頭がパニック状態に陥ってしまうもの。

ぶきっちょは複数のタスクを切り盛りするには向いていないので、時間がないやどうすればと狼狽してしまいます。

己に向いてる仕事を選択しないと、効率は無論のこと昇進等に影響がでかねない、それが典型的なぶきっちょな人物。

 

 

 


ぶきっちょさんシリーズなども世間にはあるもの、その詳しい特徴面


 

| 1.急いでやって欲しい仕事に長く時間を掛けてしまうなど

とても仕事は丁寧だけど、スピードが遅いということ。ぶきっちょな人は時間を割くべきところに対し、優先度を付けるのが苦手というもの。

粘り強い性質が仕事の丁寧さに繋がる一方、完璧さを追求するあまり、なかなか片付かない傾向にあります。急いでやって欲しい仕事に長く時間を掛けてしまうなど、ぶきっちょな人は仕事ぶりは丁寧ですが完了するまでが難点

 

| 2.指示待ちタイプが多いのも、ぶきっちょな人に見られる特

イレギュラーな事態に対し、マニュアルがないと対応できないということ。指示待ちタイプが多いのも、ぶきっちょな人に見られる特徴の一つ。

仕事ができない人に繋がる理由は、適応力や柔軟性に弱点があるからで、不慣れな事態に対応することが難しいというもの。変則的な内容に対応するにはマニュアルが必要で、ない場合は融通がきかず仕事ができない、そんな評価を貰う傾向に。

 

| 3.頭の中で事柄を整理できず、考えも理路整然と言えない

相手に気持ちを上手く伝えられないということ。ぶきっちょな人は思い通りに意思疎通ができないと、胸の内で悩んでいるもの。

物事を解釈し伝える能力が低いので、周囲の人から何を考えているのかと思われ、生き辛さを感じることに。器用に頭の中で事柄を整理できず、自分の考えも理路整然と言えないのが、ぶきっちょな人物の特徴の一つ。

引き寄せの法則で、ぶきっちょを脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

器用な人には何でもないでき難いこと。ここでは、ぶきっちょは成功への道標になるかも知れない、腕利きを目指すやり方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。