先ずはしっかりと特徴を掴むことが大事、うんざりする人への対処法


職場内や学校などの身の回りに、うんざりする人がいるもの。もちろん飽き飽きしたなどの物事に対しうんざりすることもありますが、逃げられない人間関係は特別。自分が所属する環境で人付き合いをしていると、どうしても一人や二人はそんな人物に出会います。

人間関係は一緒にいるほど嫌な面が見えてきますが、うんざりする人と過ごしていると、疲れてストレスも溜まり時間の無駄を強く感じることに。

また元来のうんざりの意味はというと、心底嫌になって不快に思う様子を指しますが、こんな人物がいると周りの雰囲気も悪くなります。巷でいわれるうんざりの漢字は厭りや倦んざりで、似た意味の熟語としては辟易(へきえき)という言葉が。

ここでは、先ずはしっかりと特徴を掴むことが大事、うんざりする人への対処法を紹介しています。

 

 

 


先ずはしっかりと特徴を掴むことが大事、うんざりする人への対処法


 

| 1.既に聞いているということをきちんとアピールすること

自慢話が始まれば、席を立つということ。自画自賛の話しが多いうんざりする人の場合、対策として話しが始まったら席を立つようにするというもの。

同じ自慢話を何度もしているので、その話は聞いたからトイレにいきますと席を立つことで、聞く義務から解放されることに。

ポイントは既に聞いているということをきちんとアピールすることで、何も言わずに立ってしまうと、戻ってきたときに再度聞かされることにもなりかねません。

 

| 2.何事かの最中ということを予め伝えると、返信が不必要

LINEやメールのうんざりということ。喋っていると普通の人でも、LINEやメールになると急にうんざり感が出る人がいるもの。

短い文章を何回にも分け連投して来たり、平気で真夜中でも連絡して来たりと、こんな人と真面目に付き合っては疲れてしまうだけ。

効き目がある対策としては、仕事中だからやお風呂に入るからなど、何事かの最中ということを予め伝えると返信が不必要ということに。

 

| 3.強い口調で言ってしまうと、喧嘩腰に聞こえることもある

話題に割り込んで来るということ。皆で集まり自分が話している時、うんざりする人がその話題に入り込んで、自分が喋ろうとすることがあるもの。

そんな場合は、もうすぐ話終わるからと待つように促すほか、今話してるから後でとストップさせ順番を提示するようにします。この際強い口調で言ってしまうと、喧嘩腰に聞こえることもあるので、さりげなくソフトに言うのがポイント。

 

| 4.先方が踏み込みたいと考えていても、入れなくなります

立ち入り禁止を設けるということ。個人的な部分に土足で踏み込んでくるようなうんざりする人物には、立ち入りを禁止するのも対処法の一つ。

どんなことを聞かれても、そんなプライベートなことは話したくないと断り続けることが重要。ここから先の個人的な話はしないと明確に意図を示すことで、先方が踏み込みたいと考えていても入れなくなります。

 

| 5.排除やブロックなどで対応し余分な労力を使わないように

SNSで絡んでくるときの対策ということ。うんざりする人物は、現実に接している人たちだけに限ったものではありません。

SNS上の場合は周りの人々もその様子を見ているので、あまり派手な振る舞いをしてしまうと、過剰防衛などとイメージを悪くするもの。

SNSへの参加率自体を減らし、うんざりするコメントを繰り返し投稿してくる見知らぬ人には、排除やブロックなどで対応し余分な労力を使わないようにすることも大切。

 

 

 


腰がひけることにもなりかねないもの、思わずウンザリする人の特徴


 

| 1.ウンザリ感も頂点に達して、腰がひけることになるもの

自慢話が多いということ。何かと言うと自身や身内の自慢話ばかりになってくる、うんざりさせる人もいるもの。

それも彼氏に何万もするバッグを買って貰ったとか、飼育しているペットが天才かも知れないなど、どうでもいい話題ばかり。こんな自慢話になるとウンザリ感も頂点に達して、腰がひけることになるもの。

 

| 2.忘れているのか、同じ話題を繰り返し楽しそうに喋って

同じ話を何度もするということ。例え自慢話ではなく楽しい話であっても、何回も聞かされると飽き飽きしてしまうもの。

本人は自分が既に話したことを忘れているのか、同じ話題を繰り返し楽しそうに喋っていたりします。但し聞かされている方とすれば、行き着く先も分かっているので、早々に切り上げたくなることに。

 

| 3.傍若無人な人物には、他の人には関係ないと言いたくなる

プライベートな部分に踏み込んでくるということ。それほど仲が良いわけでもないのに、プライベートな事柄に土足で踏み込まれるのは嫌なもの。

家族に関連することや恋愛関係のことなど、矢継ぎ早に質問されるとうんざりするのは当たり前。こういった傍若無人な人物には、他の人には関係ないと言いたくなります。

 

| 4.後輩がこの手合いだったら、自らの業務にまで影響が及ぶ

同じことを何回も聞いてくるということ。物覚えが悪いせいか、同じことを何度も聞いてくる人物を相対するのは疲れるもの。

例を挙げると、会社の後輩がこの手合いだったら、自らの業務にまで影響が及ぶことに。3回目位から呆れ始め、5回目以降はきちんとメモをしろと、怒ってしまうことに繋がります。

 

| 5.最低限度の思い遣りがなければ、一緒にいるのが苦痛に

気が遣えないということ。周囲に対して気を遣う気持ちが全くない人間にも、うんざりさせられるもの。して欲しいことは全然察してくれなかったり、平気で嫌がっていることをしてきたりすることも。

どんなことにも気を遣えとは言わないものの、必要最小限の思い遣りがなければ、一緒にいるのが苦痛になりかねません。

 

 

 


辟易するとは言いえて妙なところがあるもの、うんざりしてしまうとき


 

| 1.結婚願望がそれほどない人にとって、まさに大きなお世話

親から結婚の催促をされたとき。実家に帰省する度に親から、良い人はいないのとか他の人の結婚話を聞かされるというもの。

良い人ができればすぐに紹介するというのが普通の言い方で、余りに催促されるとウンザリしてしまうことに。現在のところ、結婚願望がそれほどない人にとっては、まさに大きなお世話になります。

 

| 2.嫌気が出てうんざりされる可能性が非常に高くなることに

元の恋人と比べられるというとき。これは恋愛中の話しで、現在の恋人に以前の恋人の話を持ち出すことは、基本的にタブーというもの。

以前の恋人と比べられてよい気持ちになる人は珍しく、嫌気が出てうんざりされる可能性が非常に高くなることに。特に以前の恋人が勝るような言い方は、なおさら相手を傷付ける可能性が高く戒めたいもの。

 

| 3.事後の応対で大きく関係性が揺れ動くので、謝らないは

お礼を言わないし謝らないとき。例え夫婦や恋人といえど、親しき仲にも礼儀ありの言葉があるように、マナーということは基本中の基本。

誰でも過ちや失敗を犯すことはありますが、事後の応対で大きく関係性が揺れ動くので、謝らないというのは良くない行動の一つ。ほかにもして貰ったことに関し感謝の気持ちを現すのは当然で、それがなければ嫌気を出てうんざりされることに。

 

| 4.忘れないようスケジュール調整をしておくことがポイント

記念日を毎回のように忘れるということ。女性でも男性でも、記念日をその度に忘れられるのは相手にとっては悲しいもの。

始めの頃は悲しい感情が溢れますが、毎回ともなればうんざりして嫌気が出てくることに。二人の関係を壊さないよう、記念日は忘れないようスケジュール調整をしておくことがポイント。

引き寄せの法則で、うんざりから脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

心底嫌になり不快に思う様子を指します。ここでは、先ずはしっかりと特徴を掴むことが大事、うんざりする人への対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。