具体的に対処することが必要になる、うるさい人を静かにさせる方法



日々の生活のなかで、うるさい人がいるもの。注意していいものかと迷うことになりますが、結局は我慢してしまうことになりがち。

こんなうるさい人がいると静かな人と違って、気が散って苛立たされることも多くストレスが溜まることになりかねません。更に自覚があってうるさいのか無自覚なのかは、音の発信源であるうるさい人物の本人にしか分かりません。

ただ中には端から見て自覚があり五月蠅くしている人もいて、口うるさいという場合には、男性よりも女性の方に多くいたりします。自分のストレスも考えうるさい人が嫌いな場合、その心理や特徴を知って黙らせることがポイント。

ここでは、具体的に対処することが必要になる、うるさい人を静かにさせる方法を紹介しています。

 

 

 


具体的に対処することが必要になる、うるさい人を静かにさせる方法


 

| 1.相手の知識や興味がなさそうなこと、黙らせる方法として

話に水を差して強制的に話題を変えるということ。喋りまくる人は、一旦話し始めると途中で入り込む隙がないもの。なので、相手が熱く語りそうな話題になった際は、少々強引でもテーマを変えるのも効き目がある対処法。

話は変わると前置きすれば話題転換したことに咎められることもなく、相手の知識や興味がなさそうなことなら、黙らせる方法として一層効果的。

 

| 2.無自覚で生じている場合は、素直に聞いてくれることも

声のボリュームを低くするようお願いするということ。地声が大きくてうるさいだけの人物は、当人の意志で小さくして貰うしかないもの。なので、もう少し声のトーンを下げてくださいと直接お願いします。

周りの人たちがうるさいと感じる声量で喋ってるなら、ほかでも注意されたことがあるはずで、無自覚で生じている場合は素直に聞いてくれることも。

 

| 3.聞いているのかと、逆にボルテージが上がることもある

相槌を打ちそのまんま聞き流すということ。話題の内容に反論した場合、相手方も声を大にして意見を述べてくることがあるもの。

なので、相手が気持ちよく話しいて我慢できるときは、相槌を打ち受け流していた方がより穏やかに済ませられることに。

ただ同じ態度で頷いているだけだと、聞いているのかと逆にボルテージが上がることもあるので、相槌のバリエーションは沢山持っておくことがポイント。

 

| 4.挨拶などを除き、会話を避けて物理的に近づかないように

距離をとりなるべく会話をしないということ。何度も繰り返して言う口うるさい人や声が大きい人物でも、ある程度の距離をとってしまえば直接的な被害は防げるもの。

具体的には、必要最小限の挨拶などを除き、できるだけ会話を避けて物理的に近づかないようにします。コミュニケーションをさほどしなければ、先方が気軽に近寄ってくることなく、うるさい人との会話の頻度を減らすことで静かにさせる対処法。

 

| 5.この台詞を言えば大抵の人間は恥ずかしくて話が止まる

うんちくなどを延々と話す、うるさい人を一言で黙らせる方法。要点をまとめて伝える話し振りではなく、ただの自慢話を延々とする人がいるもの。

これは自分をアピールしていることが多く、そんなときに効果的な一言が、結局何が言いたいのと尋ねてみるということ。

詰まらない話題や長引きそうな内容なら質問形式が有効で、この台詞を言えば大抵の人間は恥ずかしくて話が止まります。

 

 

 


うるさい人は病気かも知れない、覚えておきたい詳しいその心理的な面


 

| 1.武勇伝や自慢話を語るときは、多くの人に聞いて貰いたい

周りの人たちに注目されたいということ。うるさい人は大きな声を出すことにより、自らのことをアピールしようとする傾向があるもの。周りから目を向けられることが、目立ちたいや認めて貰いたいに繋がっていることがその理由の一つ。

特に武勇伝や自慢話を語るときは、より多くの人たちに聞いて貰いたい気持ちが強くなるので、より一層うるさくなることに。

 

| 2.理解しているかは横に置き、伝えたい気持ちが大きいほど

自らの意見を相手に伝えたいということ。相手に伝えたいことや分かって欲しいことがある人は、声がうるさくなる傾向にあるもの。

激論を交わしている時など、自らの話を全く聞かない相手側には、強調し声を大きくするのがシンプルで実行しやすい対応。現実に相手が理解しているかは横に置き、伝えたい気持ちが大きいほど、音量も高くなるのがうるさい人の心理状態。

 

| 3.普段の話し振りより声を大きくしたり、叫んだりと威嚇

周りの人たちに見下されたくないということ。特にプライドの高い人物は、周囲の人たちから馬鹿にされたり、見下された態度を嫌うもの。

威勢よく自身が振舞うため、普段の話し振りより声を大きくしたり、更には叫んだりと威嚇することに。自分が見下した人物に嫌味を言ったり、あら捜しをして相手より優位に立とうとする、そんな生理的な心理からうるさい人に。

 

| 4.適切な声量が分からず思った以上にうるさくなってしまう

他人とコミュニケーションする際は、明るく振る舞おうと考えているということ。他の人から根暗なキャラと思われたくないというもの。

大人しいとされる人は活発な人物と見られたい思いを持っていて、そんな自身の胸の内を隠そうと意識的に騒がしくしています。

なので、できる限りだけ元気一杯に喋ろうと意識するので、適切な声量が分からず思った以上にうるさくなってしまうことに。

 

 

 


寂しがり屋な一面ということも、テンションが高いうるさい人の特徴面


 

| 1.デリカシーがなく空気の読めない発言、騒がしく感じる

無神経で空気が読めないという特徴。その場の雰囲気やシーンによっては、普通に喋っているだけでうるさいと思われるというもの。

これは声の大きさに限らず、デリカシーがなく空気の読めない発言などで、騒がしく感じることに。相手のことは何も分かってないのに、適当な発言が多いのはうるさい人に繋がります。

 

| 2.正しいと思っている意見は、声も大きく明瞭な話し方に

自己肯定感が高いという特徴。常識的に正しいと思っている意見を述べる際は、声も大きく明瞭な話し方になるもの。なので、自分に自信を持つ人は、他の人が話すのに比べ自然とうるさく感じることに。

特に自らの主張をぜひ通したいときや、正しいと思っている意見を否定された際は、より強く喋りうるさくなります。

 

| 3.五月蠅くしていると思ってなく、改善されることは少ない

純粋に話し声が大きいということ。元来の声量が大きい人物は、普通に喋っているだけでもうるさく聞こえるもの。但し、自らの声の大きさに慣れ親しんでしまっているので、さほど騒音になっているという自覚はありません。

周囲から注意を受けても本人の中で五月蠅くしていると思ってなく、改善されることは少ないのも特徴の一つ。

 

| 4.何気ない一言についてでも力が入りうるさくなることに

負けず嫌いな性格をしているということ。他の人に対し負けず嫌いな気持ちが強い人物は、つい大きな声で喋ってしまうもの。

普段の生活から他人を意識して過ぎていて、何気ない一言についてでも力が入りうるさくなることに。特に勝負事や言い争いになったりしたときは、相手を威嚇する意味合いもあり余計に声が大きくなります

 

| 5.うるさい人物はどれほど周りに人がいても気にしません

電車やバスなど、公共の場所でも大きな声で話すということ。周りの迷惑をほとんど考えず、大きな声を出して喋っているのもうるさい人。

特に電車やバスなど人が多く集う公共の場所だと、普通に喋っているだけにしても声は大きく感じるもの。人が乗ってない時なら問題もありませんが、うるさい人物はどれほど周りに人がいても気にしません。ルールやマナーを守れない人に多い特徴。

引き寄せの法則で、うるさい人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

口うるさいという場合は男性よりも女性。ここでは、具体的に対処することが必要になる、うるさい人を静かにさせる方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。