羨望の眼差しとは何かをきちんと把握、羨む気持ちが生じた際の対処法


ふと気がつくと、羨望の眼差しで見ている人がいるもの。普段の生活ではさまざま人たちと接し、優雅な振る舞いや楽しそうな雰囲気の人を前にすると素敵と感じることも。

人間は一人一人が違った境遇や状況で暮らしているので、素敵な人柄を目にして自分自身と並べてみるのは仕方のないこと。こうした気持ちが更に進んでいくと、羨望の眼差しを送るということにも繋がっていきます。

この羨望というのは読んで字のごとく、うらやんだりのぞんだりということなので、自身もそうであれば良いという憧れを含んだ感情。

ほかにも羨ましい限りという言葉もありますが、こちらは意味合いは同じでも、とても及ばないほど恵まれた環境にいる人への思いを含んでいます。

ここでは、羨望の眼差しとは何かをきちんと把握、羨む気持ちが生じた際の対処法を紹介しています。

 

 

 


羨望の眼差しとは何かをきちんと把握、羨む気持ちが生じた際の対処法


 

| 1.己が前向きになれれば他人を気にする必要もなくなること

楽観的思考を意識するということ。人を羨ましく感じるのはたまにあることでも、落ち込んでしまうのは、思考が悲観的になっているケースがほとんどというもの。

職場で仕事の整理が早い人を羨望の眼差しで見たとして、その際自らの仕事ぶりが遅いと考えるのは自己卑下のもと。逆転の発想から自分は仕事が丁寧だと楽観的に入れ換えてみるようにすると、誰かを羨んで気が滅入ったりはし難くなるもの。

何事にも考え方次第ということが言えるので、己がポジティブになれれば他者を気にする必要もなくなることに。

 

| 2.先ず自らを労わって、自然体の心を取り戻すことが先決

休息をとり好きな事に没頭するということ。他人を羨んでばかりになっている最中は、精神的なゆとりもないので休憩をとり、心身のリフレッシュに努めるというもの。

心理的な余裕がなければ視野も狭くなる上、悲観的な思考に陥りがちなので、心身の疲れを感じる時は仕事などを休みゆっくり過ごします。

また精神的な行き詰まりを強く感じているときは、好きな事に没頭したり、普段は我慢していることをすると疲労回復に繋がります。さまざまな面で誰かと比較してしまう時は、先ず自らを労わって、自然体の心を取り戻すことが先決。

 

| 3.羨望の気持ちを認識し、自分自身も目的に邁進できれば

己の気持ちに真正面から相対するということ。羨望の眼差しに満ちているときは、気持ちそのものを全否定してしまうことがあるもの。

人を羨むのは悪いことと、感情の昂りを押さえ込むのではなく、素直にそんな胸の内と相対することも大事。いつもいつも沸き起こる感情を抑えつけていると、ストレスも蓄積して心も疲れ切ってしまいます。

羨ましい人を見て奮い立つ人物もいるので、羨む気持ちを理解した上で、自分自身も目的に邁進できれば良いことに。

 

| 4.先ず自身が置かれた状況や、抱えているものを振り返る

自らの魅力や状況などを見つめ直すということ。羨望の眼差しが生じるときは、先ず自身が置かれた状況や抱えているものを振り返るというもの。

そうすると何がしか他人にないものを持っていたり、恵まれていたりする部分があることに気付きます。そうしたことが判明すると、気分も前向きになり感謝の気持ちも起こるので、誰かに対して羨ましいとは思い難くなるもの。

また羨ましい気持ちが続く際は、恵まれている点や長所をリストアップ、第三者の視点で見ればさほど悪くないことに。

 

| 5.楽しい事柄や嬉しいことだったりのアピールが多いもの

スマホなどのSNSチェック頻度を減らすということ。一般的にSNSの投稿内容は、楽しいことや嬉しいことのひけらかしが多いもの。

なので、一旦見てしまうと他の人と自らの状況を比べずにはいられなくなる、そんなことになる可能性が大きく。投稿を見る度に羨望の眼差しが湧き起これば、SNS疲れしてしまうことになるので、仲のよい友人でもいつも繋がる必要はありません。

特に気分が沈んでいる時は、SNSから離れることは必要なことの一つで、余計な情報を遮断するのも対処法。

 

 

 


思いがけず訪れるときもあるもの、羨望の眼差しで見るときの瞬間など


 

| 1.成功しているのを目撃した時、羨望の眼差しで見ることが

成功した人を目の当たりにしたとき。自分以外の人間が成功しているのを目撃した時、羨望の眼差しで見ることがあるもの。

誰しもが成功したいという気持ちは多少なりとも抱いていますが、人間はすべてが成功できるわけではありません。成功した人というのは様々な困難を乗り越え、幸運にも恵まれたということで、そんな人物を羨望の眼差しで見ることに。

 

| 2.勝ち負けを付けたがるところも、勝者に対し羨望の眼差し

悔しい気持ちが起きるとき。誰かが関心を集めたり絶賛されたりしたとき、嫉む気持ちと合わせ悔しいと感じるもの。

こうした人物は虚栄心が強く負けず嫌いという部分があり、勝ち負けをはっきりするところもあって、勝者に対し羨望の眼差しを送ることに。

この負けず嫌いな性質が前向きに働けば、自身の成長の切っ掛けにもなりますが、嫉妬に変わることもあるので注意が必要。

 

| 3.生まれ落ちた環境や家族の経済力によるところも大きく

生活環境が違うと感じたとき。他人の生活に富裕なところや素晴しさを感じたとき、羨望の眼差しを送ることがあるもの。

値段を気にしないでショッピングを楽しむ知人や、休暇ごとに海外旅行へと出掛ける友人などがいれば、どうしても自らと比べることに。自分次第で生活スタイル自体は変えられますが、生まれ落ちた環境や家族の経済力によるところも大きく羨望の眼差しに。

 

| 4.望む生活を手にしても、羨望の眼差しからは離れられない

日常生活に満足感がないとき。自らの日々の生活に満足感がない人ほど、不遇だと嘆き他人を羨ましいと感じるもの。

こういった人物は何をしても満足感を得られない可能性が高く、恵まれていても何かを誰かと比較し不平不満を募らせます。自分自身と誰かとを比較し続ける限り、望む生活を手に入れた後も、羨望の眼差しからは離れられません。

 

 

 


羨望の眼差しで見られる人物になりたいもの、覚えておきたいその特徴


 

|  1.悲観的な思いに陥っているときは、ポジティブさが眩しく

終始明るく振る舞うということ。こんなタイプは多くの人たちに好かれ、盛り上がった輪の真ん中にいることも多く笑顔が絶えないもの。

ポジティブな考え方ができることも明るいタイプの良いところで、失敗した時は反省もしますが、何時までも引き摺ったりはしません。悲観的な思いに陥っているときは、こんなポジティブさが眩しく見え羨望の眼差しに。

 

| 2.正反対のタイプを、羨望の眼差しで見つめることがある

自身とスタイルが異なるということ。毎日の生活で自らと全く正反対のタイプを、羨望の眼差しで見つめることがあるもの。

人間というのは自分にないものを強く欲求する傾向があり、同調できないと考えても、そうしたところにさえ羨望を抱くケースも。己と違うという部分に羨ましさを覚えるのは、置かれている状況や環境などに、充分に満足していないためかも知れません。

 

| 3.こうした人たちをみると、エネルギッシュで羨望の眼差し

仕事だったり趣味が充実しているということ。仕事に全力で取り組んでいる人物は、生き生きと目に映り有能な人物というイメージ。

一方で、趣味を充分に楽しんでいる人物は、ストレスも少なく精神的に安定していて、仕事と私生活のリズムが明確な印象。味気なさを毎日の暮らしで感じている人からこうした人たちをみると、エネルギッシュで羨望の眼差しに。

 

| 4.友人がいなかったり、人付き合いが苦手な人には羨望の的

交流の輪が広いということ。友人や知り合いが沢山いる名うての人物は、普段の生活自体が充実感に溢れているイメージを与えるもの。

沢山の人たちでイベントを楽しんだり、SNSなどで休日の度に外出をする様子を知れば、愉快そうで羨望の眼差しになる人も多くいます。交流関係が広いと緊急時の助けも期待でき、信じれる友人がいなかったり、人付き合いが苦手な人には羨望の的。

引き寄せの法則で、羨望の眼差しから脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

優雅な振る舞いの人物を素敵と感じる。ここでは、羨望の眼差しとは何かをきちんと把握、羨む気持ちが生じた際の対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。