メンタルの不調は心からの叫びかも、不安な気持ちを落ち着かせる方法


日常の暮らしの中でも、ふとした瞬間に不安な気持ちを感じるときがあるもの。全く不安を感じない人はいないと言っても良く、誰しもが持っている感情。

心の何処かに渦巻いている不安を放置しておくと、苛立ったりや憂鬱な気持ちに繋がって、日々を元気に過ごすことができなくなることに。

更にそうしたことが続いていくと、心や身体が上手く動かなくなり、うつ病などの精神的な病気にを生じることにもなります。これは誰しもが感じる程度を遥かに超える不安を抱き、上手く対処できなくなると発生する不安障害という病気。

全般性不安障害と社会不安障害に分別され、全般性不安障害は不安が強過ぎ物事に集中できなくなり、頭痛や不眠などの日常生活に支障をがあるもの。

社会不安障害は群衆を目の前に話したり、見知らぬ人物と会話をする状況を想像すると、普通の人よりも強く不安感が湧き上がります。

ここでは、メンタルの不調は心からの叫びかも、不安な気持ちを落ち着かせる方法を紹介しています。

 

 

 


メンタルの不調は心からの叫びかも、不安な気持ちを落ち着かせる方法


 

| 1.呼吸に意識を集中、雑念を取り除き自らを肯定する効果

先ずは呼吸を整え、自らと向き合うということ。不安な気持ちのときは、気付かない間に呼吸自体が浅くなっているもの。

ヨガなどで行われている、息を口からゆっくりと長く吐き出し、鼻から時間をかけて吸う呼吸法で精神をリラックスさせます。呼吸に意識を集中させることは、雑念を取り除き自らを肯定する効果も期待できるということに。

 

| 2.肯定的な言葉を自分に投げかけることで落ち着くことに

自らに大丈夫と言い聞かせるということ。押し潰されそうな不安な気持ちが湧き上がるのは、認められたいという願望や劣等感に起因するもの。

そんな感情に突き動かされるときは、現状の自らを強く抱き締めて認めることが必要。なので、今のままで大丈夫とか良く頑張っているなど、肯定的な言葉を自分に投げかけることで落ち着くことに。

 

| 3.頭の中に思い浮べ、不安感を断ち切るようなイメージを

頭の中に不安を払拭するイメージを思い浮べるということ。巻き起こってくる不安感は、そうそう簡単にかき消せないもの。ただ、それをどんどんと膨らませることなく、断ち切っていくことはできます。

苦しい時にはフタを閉じたりドアを閉じるなどの動きを頭の中に思い浮べ、不安感を断ち切るようなイメージを強く抱くこと。

 

| 4.お風呂に浸かってしっかり身体を温め、眠るための環境を

眠れずとも焦りは禁物ということ。不安な気持ちが生じていると、寝付こうとしてもなかなか眠れないことがあるもの。そういう時はなぜ眠れないのか、眠らなければなど、焦燥感が募るほど眠れなくなってしまうことに。

早寝をしようと思った日は、お風呂に浸かってしっかり身体を温め、眠るための環境を調整することも大切。

 

| 5.自信を持っている人物は、不安な気持ち自体が関係ない

自信を無理に持とうとしないこと。自らに自信を持っている人物は、不安な気持ち自体が関係ないように見えるもの。ただ、自信のある人物に不安がないというわけではなく、不安感が生じないほど一つの物事に集中したりします。

無理して自信を持とうとはしないで、自らを認め目の前のできることから、一つ一つ積み上げていくよう心掛けます。

 

 

 


不安な気持ちは恋愛にも多くあるもの、知っておきたい病気との関連性


 

動悸がして心細かったり、気持ちが落ち着かないなどの症状は、緊張や不安と呼ばれるもので普通に抱く感情。

気掛かりなことがあったり心配事がある時や、初対面の人や目上の人に会う時、試験前などにこんな病状を感じても、それは正常な反応で特段病気ではありません。後に原因となる心配事などが解消すれば、病状も自然に消えてしまうもの。

 

| 1.精神的だったり身体的だったりの疾患の徴候であるもの

問題は理由なく症状が発生する事例。動悸がして心細かったり、気持ちが落ち着かないなどの症状が理由なく起こる場合、病的な不安という可能性。

これは正常な不安と異なっていて、理由なく発生したり、あっても不釣り合いに強かったり、要因を失くしてもいつまでも続くなどが特徴。こうした病的な不安は、何らかの精神的だったり身体的だったりの疾患の徴候であるというもの。

 

| 2.交感神経や副交感神経などの働きは、脳内で密接に関連

精神医学的に対象のない恐れの感情。似た言葉に恐怖というものがありますが、こちらは対象がある場合に用いられるもの。

不安は身体症状を伴うことも多く、身体が震えたりもその一種ですが、ほかにも動悸がしたり冷汗が出たり、胸が締め付けられるなど。

これらは主に交感神経などの働きによるもので、感情と交感神経や副交感神経などの自律神経の働きは、脳内で密接に関連しています。

 

| 3.発作が繰り返された場合、そのことが予期不安に繋がる

突発性の強い不安、パニック発作。パニック障害の人にとっては、絵に描いたようにみられる不安症状というもの。

理由もなく唐突に強い不安感に襲われ、動悸がしたり脈が速くなったり、息苦しさやめまいなどが同時に襲ってきます。

今にも死に至るほどの強力な発作ですが、時間が経てば自然消滅してしまいます。更に発作が繰り返された場合、そのことが予期不安に繋がることも。

 

| 4.強くない不安が継続的に続くタイプの不安症状もあるもの

慢性的に続く全般性不安。前述のパニック発作と違い、さほど強くない不安が継続的に続くタイプの不安症状もあるもの。

全般性不安障害の人に典型的にみられるのが全般性不安ですが、継続的に襲ってくるのが特徴の一つ。ほかにも不安症状はPTSDや強迫性障害にも見られ、それぞれが特徴的なものとなっています。

 

 

 


不安な気持ちを落ち着かせる言葉というのもある、知っておきたい事例


 

| 1.多くの人がいる中、話しかけづらい感じが表情に現れて

皆と違うという不安を感じたときの言葉。自身だけ皆とは違っていて、浮いてる気がする時もあるもの。学校や職場など多くの人がいる中、話しかけづらい感じが表情に現れていないかなど、そういう考えが浮かぶときは脳が緊張状態に。

この緊張は脳内から緊張ホルモンが分泌され、血糖値の上昇が引き起こす状態。なので、「血糖値の調整」と唱えると落ち着くことに。

 

| 2.なぜ認めて貰えない、反対感情が湧き上がってくることに

否定されているかも知れないという、不安を感じたときの言葉。頑張っていても他人の評価を気にし過ぎ、落ち込んでしまうことも多いもの。

人間は身体の中でバランス調整機能が働くため、落ち込んだ際はなぜ認めて貰えない、そんな反対感情が湧き上がってくることに。

マイナスとプラスの感情の釣り合いを取り、心の苦しみを軽くするために、「真実の釣り合い」と唱えると落ち着くことに。

 

| 3.気持ちが振り子のように、行き来して不安が渦巻くとき

かまって貰えないという、不安を感じたときの言葉。友人や恋人などにLINEを送り、既読スルーされたり返信が遅かったりということもあるもの。

そんな時は、嫌われたかも知れないという気持ちと、連絡などしないという強気の感情に揺れ動くことに。こんな2種類の気持ちが振り子のように、行き来して不安が渦巻くときは、「人間の優しさ」と唱えると落ち着くことに。

 

| 4.他に好きな人がいるかもなど、マイナス思考になることも

他人の胸の内を考え過ぎ、不安を感じたときの言葉。好意を持っている人物の言葉を振り返り、他に好きな人がいるかもなど、マイナス思考になることもあるもの。

自己暗示に陥ってしまい、いつしか現実になると不安な気持ちになりがち。そんな時には、「自らの解放」と唱えると落ち着くことに。

すると人の気持ちを推察することから解放され、本来の自らの感覚も戻るので、あの人に気がなくても興味ないと不安な暗示も解消。

引き寄せの法則で、不安な気持ちを解消。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

放置すると苛立ったりや憂鬱に繋がるもの。ここでは、メンタルの不調は心からの叫びかも、不安な気持ちを落ち着かせる方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。