ありがた迷惑は何かをしっかりと把握すること、上手に付き合う対処法


日常生活では、ありがた迷惑な人に出会うこともあるもの。もちろんこれは良かれと思いしてくれていることが、場合により迷惑になってしまうこと。

相手の親切や好意に対し、ありがたいと感謝の気持ちを感じていながら、その差し出がましさが鬱陶しく、返って迷惑だと感じるという意味です。

そんな訳で、ありがた迷惑の意味合いを聞かれた場合は、ありがたいという感謝の気持ちよりも、迷惑である気持ちの方が強いということになります。

ただ、ありがた迷惑な人は、その行動が親切心から出ているだけに断りにくく、関わってこられること自体をストレスに感じてしまう人も多くいます。この一見矛盾した有難迷惑な人という言葉ですが、職場はもちろん近所など至るところにいるので対応を知っておくことが大切。

ここでは、ありがた迷惑は何かをしっかりと把握すること、上手に付き合う対処法を紹介しています。

 

 

 


ありがた迷惑は何かをしっかりと把握すること、上手に付き合う対処法


 

| 1.早い段階で感謝の言葉を口に、自分でやると明確に伝える

不要な場合は優しく断るということ。ありがた迷惑だと思っても、伝えないで曖昧なままにしておけば、相手はこれで良かったと誤解するもの。

なので我慢しないで早い段階で感謝の言葉を口にし、これは自分でやると明確に伝えます。厳しい言い方をした場合は、傷付けてしまったり反発されることもあるので、優しい言い方を心掛けます。

 

| 2.自らの考え方と違っていれば無理にそうする必要はない

助言は一旦受け止めるということ。求めていないのにアドバイスをしてきたときは、そういう考えもありますねと肯定して受け止めるというもの。ありがた迷惑な人は、自身の言い分を聞いて貰えたと思い満足します。

但し、助言を受け止めることと、受け入れることは別物なので、自らの考え方と違っていれば無理にそうする必要はありません。

 

| 3.迷惑な振る舞いを、そのままさせて上げることも良い手段

満足させてあげるということ。さほど困らないことなら、満足するまでありがた迷惑な振る舞いを、そのままさせてあげることも良い手段の一つ。

もし、迷惑な振る舞いを断るのであれば、他の案を出して別のことで満足させるようにします。どんな方法であっても、先方の優越感を満たすことができれば、ありがた迷惑な振る舞いは少なくなるもの

 

| 4.心配性な人物の場合、黙ってを聞くことが最適な対処法

話を最後まで聞くということ。ありがた迷惑な人の話に適切に対処したいのなら、最後まで話を聞くというもの。特に悲観的に物事を考えてしまうタイプや心配性な人物の場合、黙ってを聞くことが最適な対処法。

悪い妄想や心配に感じていることを聞いて安心させることで、ありがた迷惑な行動を幾分抑えることに。

 

| 5.こちらの仕事なのでしないで欲しいとはっきり伝えます

迷惑であると断言するということ。気安い間柄の関係者の場合、迷惑であると断言した方が、これからのためになるというもの。

この迷惑であると断言する方法は、先回りして仕事を片づけてしまうタイプの人に有効。先回りして何事かの行動を起こそうとしたとき、こちらの仕事なのでしないで欲しいとはっきり伝えます。

 

| 6.感謝の言葉はシンプルにして、淡白な反応をしておくのが

オーバーに喜ばないということ。いい大人ならありがた迷惑でも、気にかけて貰った礼儀としてお礼は欠かせないもの。

但し、気を遣ってオーバーなリアクションをしてしまうと、凄く嬉しかったんだと勘違いさせることに。なので、感謝の言葉はシンプルにして、淡白な反応をしておくのがベター。

 

 

 


ありがた迷惑な人は職場にもいるもの、覚えておきたい有難迷惑な特徴


 

| 1.あれこれ世話を焼きがちなのがありがた迷惑な人の特徴

望んでいないのにアドバイスをしてくるということ。多少の不満があることは、軽い気持ちで相談することもあるもの。

そうした場合、こうしろああしろと何回も言ってくるなど、こちらのためを思ってと助言を繰り返すことに。仕事上の悩みやプライベートの恋愛関係など、あれこれお節介を焼きがちなのがありがた迷惑な人の特徴。

 

| 2.考えている際、先日頼んだ品物が美味しかったという話

メニューを勝手に決定するということ。ありがた迷惑な人物は迷っている人を見て、勝手に答えを決定することがあるもの。

例を挙げると、ランチに出かけ何を食べようかと考えている際、先日頼んだ品物が美味しかったという話しに。迷うならそれにしたらという話しの挙句、自分勝手にそのメニューを注文してしまったりすることに。

 

| 3.待ちきれずに自分が片づけてしまい、もう終わったからと

他人の仕事を先回りしてやってしまうということ。ありがた迷惑な人は短気で待つことが苦手で、他者の業務を先回りしてすることがあるもの。

やっておいてと誰かに頼んだ物事があっても、他の用事でどうしても後になることがあります。そんなすぐにやって貰えない場合は、待ちきれずに自分が片づけてしまい、もう終わったからと言ってくることも。

 

| 4.世話好きなところがあり、邪魔ともいえるひと言がある

ひと言余計に付け加えるということ。一方でありがた迷惑な人物は世話好きなところがあり、邪魔ともいえるひと言があるもの。

身内という訳でもないのに、お金をそんなに使って大丈夫とか、そんなに食べたら太るなど余分なことを言ってきます。相手のことを思ってのことですが、プライベートな部分に踏み込んだ発言をすることが多いのも特徴の一つ。

 

 

 


煙たがられるケースも多くあるもの、ありがた迷惑な人の詳しい心理面


 

| 1.もう少し真ん中に置いたらと余計なひと言を言ってくる

優越感に浸りたいということ。適切な声掛けしてくる人は気の利く人ですが、ありがた迷惑なタイプは優越感に浸りたいため口出ししてくるというもの。

例を挙げると、デスクに置いてある書類が落ちかかっている場合、気の利く人なら落ちそうですよと一声掛けて真ん中の方へ寄せてくれます。

但し、ありがた迷惑な人は落ちそうになってるので、もう少し真ん中に置いたらと余計な指図を言ってきます。

 

| 2.先回りして他人の役割や仕事を奪ってしまうことも多い

自らの主観でしか物事を見られないということ。ありがた迷惑なタイプの人は、自らの目線でしか物事を見ることができないもの。

誰しもしようとしていた役割や業務を奪われてしまうと、不愉快な気持ちが沸き起こることに。ありがた迷惑な人は、相手側の不快な気持ちが理解できないので、先回りして他人の役割や仕事を奪ってしまうことも多いもの。

 

| 3.先方はこう思っているはずだと考えていることが多いもの

自身の考えが一番正しいと思い込んでいるということ。ありがた迷惑な人は、自分自身がすることがすべてが正しいと考えているもの。

自分の範疇だけで判断し、他者がその範囲から外れていると、頼んでなくても修正しようとしてきて、ありがた迷惑な振る舞いに繋がることに。

相手が欲してもいないのに身勝手に行動してしまう人は、先方はこう思っているはずだと考えていることが多いもの。

 

| 4.してくれたことに対し、返礼を気に掛けなければならなく

断られると怒りだすということ。ありがた迷惑な人物の中には、食事を奢ってくれたり、物をくれる人も沢山いるもの。

一度や二度なら誰しも嬉しく感じますが、回数が増えてきたりすると、してくれたことに対し、返礼を気に掛けなければならなくなります。

迷惑に感じるようになりますが、ありがた迷惑な人はそんな気持ちも分からず、断ると怒ってしまうことも多く対応に困ることに。

引き寄せの法則で、ありがた迷惑を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

差し出がましさが鬱陶しく迷惑なことも。ここでは、ありがた迷惑は何かをしっかりと把握すること、上手に付き合う対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。