周りの比較ばかりは役に立たない、見下される意味を知り対処する方法


職場や学校など普段の暮らしの中で、見下されることがあるもの。身近に見下す人がいるとうんざりし、プライベートに繋がってテンションも下がります。更にこうした見下すパターンの人物は、常に自分が正しいと思い込んでいて、万事に興味関心が強く手を出さずにはいられないことに。

大人の中に多くいるのが、他人を学歴や容姿で差別するような言い方をしたり鼻先で笑ってみたりと、見下される方は正直なところ非常に不愉快になります。

元来見下すの意味は読んで字のごとく、上から下を見下ろすの意味ですが、人間関係では相手を侮ったり、馬鹿にしたりというもの。

見下されるのが嫌いなうちは良いのですが、自分に自信がないネガティブな人だと昂じると、見下されるのが怖いということにもなりかねません。

ここでは、周りの比較ばかりは役に立たない、見下される意味を知り対処する方法を紹介しています。

 

 

 


周りの比較ばかりは役に立たない、見下される意味を知り対処する方法


 

| 1.適当に聞き流していると、相手側も別のターゲットを探す

逐一真に受けないで、話半分で聞くようにするということ。真面目に受け止めて自分が駄目だと思う好人物、そんな人に目をつけてくるのが人を見下すタイプ。

自身が傷ついて破滅的になれば、周りにいる本当に大切な人が悲しむので、スルースキルを身に付けるようにします。話を適当に聞き流していると、相手側も別のターゲットを探すようになるので、決してストレートに取り合わないように。

 

| 2.相手より自身の方が立場が上で、嫉妬心から見下している

見下されても、自らが上の立場にいると思って接するということ。自らに至らない部分や悪いところがあるのかも知れない、そんな思いは相手の思う壺というもの。

すると更に見下す振る舞いに出るので、つけ入る心の隙を見せないよう、深く取り合わないことがポイント。見下された際も相手より自身の方が立場が上で、嫉妬心から見下していると思うようにします。

 

| 3.それほど立場が変わらない同等の地位にいる人ということ

立場が非常に高い人物は、自信より目下の人間を見下さないことに気づくということ。本当に高い地位にいる人物は、他人を馬鹿にすることはしません。

なので見下してくる人は、こちらとそれほど立場が変わらない同等の地位にいる人ということに。そんな人物には胸の内で、絶対に上の立場には出世しないと考えると、特段に気にしないで済みます。

 

| 4.何度も標的ににしてきたり、酷い時にはエスカレートする

相手にして欲しいアピールに反応しないということ。他人を見下す人物は内面が幼稚なので、何度も標的ににしてきたり、酷い時にはエスカレートするもの。

なので、相手をして欲しいアピールをしてくる人はスルーすることが大切で、敢えて無表情になったりと反応を薄くするのが効果的。相手に対してちゃんとした反応はせず、考えている以上に淡泊な対応をすることがベター。

 

| 5.一度でもすると、それが気持ち良くなり何度も繰り返す

できる限り近づかないようにするということ。見下した行動や発言を一度でもすると、それが気持ち良くなり何度も繰り返すことになるもの。

自信が気持ち良くなることで、人を見下すことに依存しかねません。そう言う訳で、物理的な距離感を離して見下される局面を自然と減らします。

相手が同僚などで距離が取れないケースでは、精神的な距離感を離すため、スルーしたり冷たい態度を敢えて取ったりするのが効果的。

 

 

 


見下されるとむかつくのが当たり前の人情、見下す側の心理や理由など


 

| 1.被害者という立場で、行動を正当化することで他人を攻撃

周囲を下げることで、自己肯定感を高めるということ。自らに自信が不足しているからと、周囲の人たち下げ自己肯定感を高めるというもの。

自己愛が高い人に多く見られる傾向ですが、他者への信用度や自己肯定感が低いので、他の人間は敵と考えています。心の傷を負っている事例もあり、自身は被害者という立場に身を置き、行動を正当化することで他人を攻撃します。

 

| 2.本気を出せば、自分はできるに決まっているというもの

自らを過大評価しているということ。自分自身を客観視することができない、未熟な精神の持ち主というもの。やたらと自慢話を多くしたり、謝るべき局面で謝ることができなかったりと、自尊心の強さを覗かせるような人物。

この手のタイプの心理状況は、己の方が他の人より素晴しいと思っていたり、本気を出せば自分はできるに決まっているというもの。

 

| 3.結果的に周りの評価も変化せず目的に近づいてもいない

日頃のストレスの吐け口にしているということ。自分が上手くいかないことがあったりすると、ストレスの行き場にしても怒らない人物に向けて攻撃するというもの。

他人も人生に辛いことがあるとは考えられず、自分だけではなく相手も同様に苦しまないと公平ではないと思っています。見下すことで瞬間的に満たされますが、結局は周りの評価も変化せず目的に近づいてもいないので、再度ストレスの行き場にされる可能性が大。

 

| 4.自分は凄いとナルシズム的な幻想に嵌まり込むことにも

他人と比べることにより快感を得ているということ。他人と比較しがちな人物は、自信より上ばかりを見つめていると、非常に苦しい状況になるもの。

人間というものは自身より下の立場がいると思うと、安心することに繋がるので、探さずにはいられなくなることになります。こうした行為が慢性化した場合、他人と比べ自らが勝っていると思い、自分は凄いとナルシズム的な幻想に嵌まり込むことにも。

 

| 5.嫉妬している人を見下すことで精神の平衡を保とうとする

能力に嫉妬しているということ。 自らにはない能力を持っている人物に対し、嫉妬している可能性があるというもの。何故これほど否定してくるのか、どうして見下してくるのかというケースでは、強烈な対抗意識があり嫉妬をしているのかも知れません。

自らが自信を抱いている分野で優れている人物がいることに我慢できず、その嫉妬している人を見下すことで精神の平衡を保とうとすることに。

 

 

 


見下される職業というのも巷で噂されるもの、他人を見下す人の特徴面


 

| 1.プライドが高く素直に他人の意見は聞き入れないのが特徴

素直に他人の意見を聞き入れないということ。自分の至らないところや現実認識を拒否している人物も、人を見下す傾向にあるもの。

何かと理由をつけて負けず嫌いは対抗意識が沸き上がりますが、プライドが高く素直に他人の意見は聞き入れないのが特徴の一つ。こんな理由から他者を敵視し見下してきますが、負けたとしてもプライドが高いので認めないことに。

 

| 2.意外と頼りないところがあり反発を買うと大人しくなる

他者と比べ白黒をつけるということ。自己の軸がない故、比較して己より下を見て安心しようと、見下してくる事例が多いもの。自身の優れた部分を誇示し勝敗を決めようと、やり込めるべく風上に立つことに。

但し、意外と頼りないところがあり反発を買うと大人しくなるのは、他人の評判に掛かっているので咎めや非難に弱いという理由。

 

| 3.絶えず他の人から好意的な評価が得たくて仕方ありません

自慢話が多く、己の話ばかりするということ。承認欲求がかなり強く自らを認められたくて、武勇伝を聞いて欲しいと思っているもの。

現実の自分に自信がないので、こうしたタイプは絶えず他の人から好意的な評価が得たくて仕方ありません。更に、自分を持ち上げるだけでなく、他人を下げることで承認欲求を満たそうとし見下す態度に。

 

| 4.自らが思ったことを気にせず言葉や態度にし、見下して

精神的不安定で、心にゆとりがないということ。心に余裕を持っていないので、自らの行動がコントロールできていないというもの。一般的な人間は、自らが思ったことを言葉にしたり態度に表す前に、相手はどう思うかと考えるのが普通。

心に余裕がないタイプは相手を思い遣ることもなく、自らが思ったことを意識しないで言葉や態度にし見下してしまいます。

引き寄せの法則で、見下されることを回避。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

身近に見下す人がいるとうんざりするもの。ここでは、周りの比較ばかりは役に立たない、見下される意味を知り対処する方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。