注意力散漫は病気かも知れない、その意味を詳しく知り改善に繋ぐ方法


ふとした瞬間に、注意力散漫を感じることがあるもの。他人と同じ時間働いたり勉強したりしているのに、何故か自分だけ結果がでるのが遅いと感じることも。

素早い行動を求められているときに、つい気が緩んで失敗することが多いのも、注意力が散漫になっていることが一つの理由。

ただ注意力というものは、人間の持って生まれた性質であり、とても注意深い人やどことなく気もそぞろで心許ない人のどちらもいます。ほかにも注意力散漫は病気から来ていることも考えられ、普段の不注意とは区別して考えることが必要。

一般に注意力などは鍛えられないと考えられていますが、実際には努力することで鍛えることができそのコツもあります。ここでは、注意力散漫は病気かも知れない、その意味を詳しく知り改善に繋ぐ方法を紹介しています。

 

 

 


注意力散漫は病気かも知れない、その意味を詳しく知り改善に繋ぐ方法


 

| 1.注意力散漫に陥ってしまうことが相当に軽減されることに

予定を立てる習慣作りということ。これはとても大切なものの一つで、一ヶ月や一週間の単位で予定を組み立てる習慣作りがポイント。

これをするだけでも、やるべきことが明確になり、注意力散漫に陥ってしまうことが相当に軽減されることに。注意すべきは予定を小まめにチェックすることで、この習慣を続けることで生活もかなり堅実なものに変わります。

 

| 2.少しでも不要だと思うものは、躊躇なく断捨離していく

身の回りの整理整頓をするということ。作業をするデスク回りだけでなく、自身の部屋も掃除してすべてきちんと片付けるというもの。

コツとしては少しでも不要だと思うものは、躊躇なく断捨離していくこと。できる限り身の回りにあるものが少なくなるだけで、それにつられ思考自体も吹っ切れて注意力も増すことに。

 

| 3.集中して仕事をした方が気持ち良く、達成感も違うものに

作業をしている最中は、それだけに集中するということ。最初は難しくても時間を決め、実行している作業にだけ集中する癖をつけるというもの。

当然何時間も集中できる人はいないので、その時間の間だけ集中するという訓練を行うことで、かなりの上達が見込めます。実際に時間をかけて仕事をするより、リズムをつけて集中して仕事をした方が気持ち良く、達成感も違うものに。

 

| 4.自分が決めたことを守り制御することで改善に繋げます

自分なりのルールを作り、自らを管理するということ。何でもいいので自らの気になるところを管理する、自分自身のルールを作るというもの。

元来、注意力散漫な人物は、自分をコントロールするのが不得手な傾向にあります。身の程を知らないルールではなくシンプルな規則で良く、自分が決めたことを守り制御することで改善に繋げます。

 

| 5.何でもできてしまう便利なものの代表がスマホというもの

スマートフォンを身近に置かないということ。機器一つでネットサーフィンやアプリなど、何でもできてしまう便利なものの代表がスマホというもの。

手放すのは流石に厳しいですが、仕事中はロッカーに仕舞っておいたり、仕事用のガラケーと区別したりと対策はとれることに。

ほかにも敢えてデータ通信の容量を小さくしたり、強制的に触れることができる時間を減らすなど、注意力散漫の改善に繋げます。

 

 

 


注意力散漫とは何かを把握することから、注意力を鍛え長所に導くコツ


 

| 1.論理的思考力も身に、ビジネスの場でも活用でき一石二鳥

普段の生活から、考えて行動することを意識するということ。生まれながらに注意力が散漫な人物は、何となくという感覚で生活している人が多いもの。

普段から自らがする振る舞いについて、理由付けをしながら生活することで、注意力はある程度が鍛えられます。そして論理的思考力も同時に身につくので、活用はビジネスシーンに於いてもでき一石二鳥。

 

| 2.少々のことではメンタル面は揺れず、注意力も鍛えられる

メディテーション(瞑想)を行うということ。普段が忙し過ぎて心に余裕がなくなってしまう場合、努力しても注意力が散漫になってしまうもの。

なので、リラックスする時間を1日15分ほど作ることで、相応に心もリフレッシュされます。メディテーション(瞑想)は習慣付けて続けると、少々のことではメンタル面は揺れなくなり注意力も鍛えられます。

 

| 3.遊びを堪能することで頭がリフレッシュ、注意力も向上

ONとOFFのけじめを付けるということ。休日だからと目的もなく過ごすこともありますが、仕事と生活のリズムをきちんとつけるというもの。

単調に過ごしていると集中力の欠如をもたらすので、休日などは自らの趣味に没頭して大いに遊びます。こうした遊びを堪能することで頭がリフレッシュする上、注意力も向上し人生の満足度に繋がることに。

 

 

 


注意力散漫はテストなどにも表われる、気にしておきたい病気との関係


 

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは発達障害の病気の一つで、年齢に見合わない不注意さがあります。ほかに好きなことの他は集中力が欠け、関心や興味を示さない多動性。そして思いつきを考えることなく、即座に行動に移す衝動性が見られます。

現在でも詳しい原因は判明していませんが、脳に生まれついて何らかの機能異常があるとされています。ADHD(注意欠陥・多動性障害)の症状は以下の通り。

 

| 1.仕事ができないなどのレッテル貼りをされてしまうことも

重要な事柄でも期限を守れないということ。子どもでは日々の宿題をはじめ長期休暇の課題、大人になると重要な業務を期限内に仕上げることができないなど。

これには育ちが悪いとか、仕事ができないなどのレッテル貼りをされてしまうことも。

 

| 2.上手く計画を組み立てることができず、仕事が溜まって

順序立てて物事を組み立てたり、完遂できないということ。子どもでは宿題の最中なのにTVやゲームなど、ほかのことに気を取られ一つの物事に集中できないなど。

大人では複数の仕事が回ってくると、上手く計画を組み立てることができず、仕事が溜まっていくというもの。これは期限内に仕上げることができないに繋がります。

 

| 3.仕事上やプライベートで約束したことをを忘れたりします

忘れ物が多く、必要なものを失うということ。子どもでは持って学校にいくものを家に忘れたり、親に渡さなくてはならない物を渡し忘れたりするなど。

大人では日常使うものや化粧品などをすぐ失ったり、仕事上やプライベートで約束したことをを忘れたりします。

 

 

 


注意力散漫に急になると仕事に影響も、意味をしっかり掴むその理由


 

| 1.何かをしている途中に次の予定を思い浮かべてしまうので

予定を上手く立てられないということ。注意力散漫に陥る原因として、予定を組み立てるのが不得手ということが挙げられるもの。自らの予定をきちんと立てられる人は、やるべきことが頭に入っていて雑念も生じにくい状態。

予定が立てられない人物は、何かをしている途中に次の予定を思い浮かべてしまうので、作業に集中できないことに。

 

| 2.次に何をすべきか迷ってしまい、結果的に注意力散漫に

物事の整理が不得手ということ。前述の予定を上手く立てられないと似ていますが、明確にすべきことを見つけ出すのが不得手というもの。

頭の中の整理整頓ができないタイプの人物は、次に何をすべきか迷ってしまい、結果的に注意力散漫になってしまいます。そもそもデスク回りが汚い人は、作業中につい視界に入るものも多く、目がいってしまうので余計に散漫に。

 

| 3.音楽を聴きながらなどは、稀にいい結果をもたらすケース

ながら作業ということ。ながら作業はメインの何かの作業をしながら、他方の作業を並行して行うというもの。

ただこれは意識的にできる人でないと、注意がそれてしまうのでメインの業務の効率が低下してしまうことに。音楽を聴きながらなどは、稀にいい結果をもたらすケースもありますが、基本的には注意力散漫に繋がる原因になります。

 

| 4.いじりたくなったので、少し休憩しようということにも

スマホの存在ということ。現代社会で注意力散漫の原因を見た場合、間違いなく上位に入ってくるのがスマホというもの。

手の届くところにあれば、ついスマートフォンが気になり、いじりたくなったので少し休憩しようということに。スマホは人間の生活を向上させた便利な機器ですが、その分中毒性も高く上手に付き合っていく必要も。

引き寄せの法則で、注意力散漫を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

不注意とは区別して考えることが必要。ここでは、注意力散漫は病気かも知れない、その意味を詳しく知り改善に繋ぐ方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。