人間関係が苦手な人もいるもの、原因を正確に把握し克服に繋げる方法


社会生活において、人間関係が苦手という人もいるもの。どうして人間関係が上手くいかないと悩んでみたり、人との交際が苦手と自覚していたり。

できるものなら一人で行動していたいとも思いますが、生きていれば仕事にしても恋愛にしても、他の人達との交わりは避けられません。

この人間関係のストレスは考えている以上に心身に負担を与え、仕事や勉強が好きな人でも疲れがとれずやる気もでないということに。このことは恋人や家族の間にもあり、愛情の問題もありますが、過度に干渉することに繋がります。

これは人間関係に苦手意識がある原因の一つにもなっていて、病気などと伴に抑えておく必要も。ここでは、人間関係が苦手な人もいるもの、原因を正確に把握し克服に繋げる方法を紹介しています。

 

 

 


人間関係が苦手な人もいるもの、原因を正確に把握し克服に繋げる方法


 

1.しっかりと挨拶を、良好な人間関係を築く潤滑油にします

挨拶をきちんとするということ。相手方の目を見てきちんと挨拶するだけでも、印象は大きく変わるもの。仲の良い人だけでなく、苦手な人物でもしっかりと挨拶をし、良好な人間関係を築く潤滑油にします。

これは基本的コミュニケーションの成立に必要なもので、挨拶により最低限の人間関係を維持できることに。

 

| 2.自らのペースを守っていれば具体的な理由を言って断れる

自らのペースを守るということ。自らのペース配分を維持することができれば、心も平穏になり他の人への応対も優しくできるもの。周囲の人達との人間関係にストレスを覚えてしまったときこそ、マイペースを保つことが大切。

何かに誘われた場合、断る理由もなくいくこともありますが、自らのペースを守っていれば具体的な理由を言って断れるもの。

 

| 3.一時の気分で関係が壊れてしまうのはもったいないもの

会話では聞き役に回るということ。疲れを感じているケースで仲良くなった人と、一時の気分で関係が壊れてしまうのはもったいないもの。

そんな人間関係に疲れたた時は、話の聞き役に回ることも良いことで、相手も話を最後まできちんと聞いて貰えると嬉しい気持ちに。聞くことに意識を集中できるようになると、自然と聞き上手になり心地よい人間関係が構築できます。

 

| 4.一緒にいることが窮屈に、自己アピールをして仲を深める

自己アピールをしっかりするということ。人間関係を苦手とするタイプの人は、周りの人たちに必要以上に気を遣っているもの。

自然体でいられない場合、人間というものは段々とに一緒にいることが窮屈になるので、自己アピールをして仲を深めます。そんな際に良いのが失敗談や悩み事などを話すことで、ネガティブな情報は先方の共感を得やすい傾向。

 

| 5.付き合い始めの頃の気持ちを思い起こし、何事も忘れずに

感謝の言葉を伝えるということ。長い付き合いの人には、感謝の気持ちを現わすのが恥ずかしくなってしまうもの。

但し、恋人やパートナーなど、いつも一緒なので分るだろうといった甘い考えは、関係を悪化させる原因になることも。当初の付き合い始めの頃の気持ちを思い起こし、何事かあれば忘れずに感謝の気持ちを伝えます。

 

 

 


人間関係の苦手意識の克服に知っておくと役にたつ、そうした人の心理


 

| 1.自分を上手く出せずストレスを感じてしまうことになる

傷つきやすいということ。他人が言った何気ない一言に傷付いてしまう性格は、人間関係に苦手意識を抱きやすいもの。

傷付きやすい人物は周りの空気を敏感に察知、期待に応えようとして先方の気持ちに寄り添う傾向。なので、自分を上手く出せずストレスを感じてしまうことに。繊細で敏感な自身を受け入れることも大切です。

 

| 2.自信が持てず、他の人とのコミュニケーションに苦手意識

引っ込み思案ということ。積極的になれなくて、自ら行動を起こすのが苦手というのが、引っ込み思案な性格というもの。こういったタイプの人は自分に自信が持てず、苦手意識が他の人とのコミュニケーションににある傾向。

誰かと仲良くなりたくても、自身から行動を起こすことができないので、滅多に友達ができないと悩む人が多いことに。

 

| 3.気がついたら周囲の人たちから孤立していた、そんな状況

真面目な性格ということ。真面目な性格と呼ばれる人物は、責任感が強く何でも自分一人でこなそうとするもの。なので、気がついたら周囲の人たちから孤立していた、そんな状況に陥ってしまうことも珍しくありません。

また、相手の話を真正面から受け止めてしまう傾向もあり、人間関係が上手くいかずストレスを溜めることも。

 

| 4.親しくない人物に対しては、冷淡な態度を取ってしまう

警戒心が強いということ。無意識に近寄るなという雰囲気を感じさせ、人間関係に嫌悪感がある人も多くいるもの。また、自身の領域に土足で侵入するのを嫌うため、さほど親しくない人物に対しては、冷淡な態度を取ってしまうことも。

慎重な性格ため、誰とでも仲良くなることはなく、自然と交友関係が狭くなりがちというのも見受けられるところ。

 

| 5.他者の態度や反応を気にするあまり、時間を無駄にして

他者の評価を気にし過ぎるということ。他の人の評判を気にし過ぎる人には、周りの空気が読める優しい人物が多いもの。

相手側の気持ちを考え過ぎて自らの意見を主張できず、人の意見に左右されてしまう危険性も。他者の振る舞いや反応を気にするあまり、自己嫌悪に陥ったり無駄な時間を過ごすのはもったいない話。

 

 

 


人間関係が苦手なことは仕事的には辛いところ、覚えておきたい特徴面


 

| 1.人間関係を築くには、コミュニケーションが欠かせない

他人との会話が得意じゃないということ。そもそも良好な人間関係を築くには、人とのコミュニケーションが欠かせないもの。

なので、誰かと話をするのが不得手という人は、人の繋がり自体に苦手意識を持つことに。会話が下手と思っていても、多くの場合は相手側は何とも感じていないので、自らの意識改革が大切。

 

| 2.自然と一人で過ごす時間が多く、人間関係が苦手なことに

単独行動が好きということ。何でも一人で行動するのが好きなタイプは、他の人のペースを合わせるのが不得手なな傾向にあるもの。

無理をして誰かと一緒に行動するくらいなら、単独行動した方が楽と考えます。こんなタイプの人は孤独が苦にならないので、自然と一人で過ごす時間が多くなり人間関係が苦手なことに。

 

| 3.自身とは馬が合わないと思うのは、ある意味当然のこと

価値観が人と違うということ。世の中を見渡せば、さまざまな考え方や価値観を持った人がいるもの。なので、自らと価値観が異なる人物に出会い不快感を覚えたり、自身とは馬が合わないと思うのは、ある意味当然のこと。

ただこんなことで自らの殻に籠ってしまうと、人の繋がりを苦手に感じる要因の一つに。

 

| 4.一人一人の友人を大切にできるというメリットもあります

深く狭い関係を好むということ。親しい少人数の仲間と付き合いをするタイプの人も、人の繋がりが不得手な傾向にあるもの。こういった人は心地よい付き合いを、必要最低限の人達としていきたい、そんな風に考えます。

狭く深い関係が好きな人は、一人一人の友人を大切にできるというメリットもありますが、初対面の人などには苦手意識を持つことに。

 

| 5.予定なども自らのプランと同様でなければ仲良くなれない

自己中心的な一面があるということ。互いに対等な関係でないと良好な人間関係が築けませんが、思い通りでなければという自己中心的な人物も人間関係は苦手なもの。

休日の予定なども自らのプランと同様でなければ仲良くなれない、そんな考えに陥りがちで上手く人間関係を築けません。思い通りにいかない関係は不要と考えるのが理由で、周囲の人に対して関心や興味を持つことが大切。

引き寄せの法則で、人間関係が苦手を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

他の人達との交わりは避けられません。ここでは、人間関係が苦手な人もいるもの、原因を正確に把握し克服に繋げる方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。