必要とされない人生から脱却することが大事、感謝される人になる方法


世の中には、必要とされないと考えている人もいるもの。実際問題、その人物がいると場が掻き乱され、いない方がよかったなどと言う必要とされない人もいます。

ただ多くの場合は、必要とされないと不安が生じるというように、社会生活の中で不必要とされることに怖れを感じているもの。

人間には承認欲求というものがあり、自身の居場所が存在することを確認したかったり、自分を認めてもらいたいなどの理由があるから。

一方で、必要とされない人は圧倒的な受け身スタイルの人がが多く、自らを必要としていると他人に行動してもらいたいと考えています。但し困難なのは本当の人間の胸の内を知ることで、そこまで気の回る人は多くありません。

ここでは、必要とされない人生から脱却することが大事、感謝される人になる方法を紹介しています。

 

 

 


必要とされない人生から脱却することが大事、感謝される人になる方法


 

| 1.馴染みになると誰かに必要とされていると感じることが

自らの逃げ込む場所を作るということ。誰からも必要とされないと感じたとき、自らの居場所や逃げ込む場所を作ることも重要。自室も逃げ込むスペースという点では同じですが、それでは結果的に一人になり孤独を感じてしまいます。

先ずは行きつけのお店を作ることが大事なことで、こじんまりした喫茶店やバーなど、馴染みになると誰かに必要とされていると感じることができるもの。

 

| 2.話した相手とは合わなくても違う人を紹介されることも

自ら発信するということ。自らのことを必要とされない人物と考えている人の多くは、まだ自身を必要とする人に出会っていないもの。

自身を必要としてくれる人たちと出会うためには、普段の会話の中に自らの情報を盛り込んでいくことが大切。話が合うかどうかは横に置き、雑談の中で自然と自身の趣味を挟んで発信すると、話した相手とは合わなくても違う人を紹介されることも。

 

| 3.先ずは自分からの行動を心掛けるようにするというもの

他の人を信用してみるということ。必要とされない人間を抜け出すには、先ずは自分からの行動を心掛けるようにするというもの。

必要とされない人の多くは受け身のスタイルで、常識やルールに囚われたり誰かの意見を待ったりすることに。必要とされる人に変わっていきたいのであれば、自らが無条件で他の人を信頼する力を持つことがポイントの一つ。

 

| 4.先ずは自身ができることや知っていることを伝えること

感謝される人になるということ。必要とされる人物になる理由はさまざまですが、最終的に感謝したくなる人は重宝されるもの。

感謝されるには何かをしてあげるのが一番ですが、的はずれな振る舞いをするのはただのお節介と受け取られてしまいます。

先ずは自身ができることや知っていることを伝え、やって来た依頼には全力で応じる癖をつけると、感謝が増え自然に必要とされる人になるもの。

 

| 5.認めて貰っている実感が欲しいという回答に辿り着きます

必要とされない自分を認めるということ。誰からも必要とされないと感じた時、自分がそうであるということを認めることも大切というもの。

何故自らが誰かに必要とされたいのか自問自答したとき、自身を認めて貰っている実感が欲しいという回答に辿り着きます。

他の人間に認められたいのなら先ずは自分からで、必要とされていない己を認めることからスタートし自分自身を必要にします。

 

 

 


必要とされない人間など滅多にいないもの、不必要と感じる原因など


 

| 1.両親から評価を落とす言葉を掛けられる、恥ずかしい思い

幼少期の家庭環境ということ。幼少期に過ごした家庭環境も、自身が誰からも必要とされない感覚を抱く原因の一つ。

例を挙げると、優秀な兄弟姉妹を持つと比べられ、信頼している両親から評価を落とす言葉を掛けられると、恥ずかしい思いをするもの。言っている親からすればたった一言かも知れませんが、こうした体験は価値のない人間と思う切っ掛けにも。

 

| 2.自らの価値感を、無意識のうちに下げることに繋がります

自らの受け止め方ということ。誰からも必要とされないと考える原因の一つに、自身の受け取り方があるというもの。仕事や恋愛を必死に頑張っても、自身は必要とされないのではという思いが頭の中にあると、何故だか上手くいきません。

これが自らの価値感を、無意識のうちに下げることに繋がります。認識を反転させて受け止め方を変えないと、誰からも必要とされないと思う原因に。

 

| 3.平均的なランクを下回ってしまう、誰にも必要とされない

ランク付けする社会の影響ということ。学校に通い始めると勉強にしても運動にしても、評価がテストの点数や授業態度などで決められるようになるもの。

更に社会の一員になればもっと幅広いさまざまな角度から、自らが評価されランク付けされるようになります。こうした評価は社会生活を送る上で必要な材料ですが、平均的なランクを下回ってしまうと、誰にも必要とされないという原因に。

 

 

 


誰しもが役割を持って生きているもの、必要とされない人に見る特徴面


 

| 1.他の人に関心や興味を持ってみるなど変わることが重要

自らのことしか考えていないということ。誰からも必要とされないというタイプ人は、自身のことしか考えていないという特徴があるもの。

自らを愛してくれる異性や信頼してくれる人物を、ただじっと待っているだけということが多くあります。誰かに必要とされたいという思いがあるのなら、他の人に関心や興味を持ってみるなど自分自身が変わることが重要。

 

| 2.ネガティブ思考に陥ると、周囲にもその雰囲気を伝える

自らに自信がないということ。内面的な部分もそうですが、外見に自信がないというタイプも必要とされない人の特徴の一つ。

頑張ってるのに認めて貰えないなどネガティブ思考に陥ると、周囲にもその雰囲気を伝えることになってしてしまいますそうすると何だか暗くてこっちまで落ち込む、そんな風にも感じさせ周囲の人たちに敬遠されてしまうことに。

 

| 3.話が詰まらないのではなく、リアクションや相槌がない

コミュニケーションをとるのが苦手ということ。コミュニケーション能力は、仕事だけでなく恋愛などにも大切なスキルの一つ。

この人物とはあまり話したくないと思われることは、必要とされない人の第一歩言っても過言ではないもの。会話が続かないのは先方の話が詰まらないのではなく、リアクションや相槌がないからという可能性もあります。

 

| 4.自らの情報発信することもなく、会話が曖昧になったり

自分の意志がないということ。自らの考え方や意志を明確に持った、いわゆる自分がある人には主体性があるもの。

常識に縛られてばかりの敷かれたレールに沿って生きている自分がない人は、自らの意志ではなく他の人から借りた考え方ばかり。自らの情報発信することもなく、会話が曖昧になったり意見が何度も変わったり、魅力的な人物とは言えません。

 

| 5.そんな事を頭に入れた姿勢がないと必要とされない人に

家庭の居場所ということ。家庭内にも役割というものがあり、果たさなければ家の中でも必要とされない人になるというもの。家事の邪魔をする人物や、家族が寝ているところに寄った勢いで同僚を連れてくるなど。

家族が現在どんな状況で自身はどう動けば心地よく過ごせるか、そんな事を頭に入れた姿勢がないと段々と必要とされない人に。

引き寄せの法則で、必要とされない人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

社会生活の中で不必要なことに怖れを抱くもの。ここでは、必要とされない人生から脱却することが大事、感謝される人になる方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。