自分らしく生きるには何が重要かを理解すること、選択するための方法


世の中では自分らしく生きるということが、叫ばれることがあるもの。そうできれば自らの人生を楽しむことにも繋がりますが、自分らしく生きたいと考えても、現代社会では制約も多くなかなか思うようにはいきません。

それは他者からの批判や論評を気にせず、自分がしたいと考えることや楽しいと感じることを、選んでいくことこそ自分らしく生きることに。

ただ、現在過ごしている人生が自分らしくないと感じている人も多くいて、自分らしく生きるための本や名言などが広く親しまれています。本来の自分らしさの意味合いは、その人物が持つ独特の個性や考え方に加え、長所や短所など。

ここでは、自分らしく生きるには何が重要かを理解すること、選択するための方法を紹介しています。

 

 

 


自分らしく生きるには何が重要かを理解すること、選択するための方法


 

| 1.どんな生き方が自分に向いているのか探すことができない

自分自身がどういう人間かを知るということ。自らの選択基準や性質が判らないままの場合、どんな生き方が自分に向いているのか探すことができないというもの。

自らの価値観や性格面を把握することで、似合った行動や振る舞いが選択ができるようになります。どうしても分からないときは友人や家族に尋ねるのも方法で、客観的に眺めた自分自身を知ることが、自分らしく生きることを知る手掛かりにも。

 

| 2.楽しむ人生こそ、もっとも自分らしい生き方に近付ける道

物事に対して好き嫌いを明確にするということ。自分らしく生きるなら、自らが嫌いなことはなるべく回避して生きていきたいもの。好きなことに持てる全ての力を傾け楽しむ人生こそ、もっとも自分らしい生き方に近付ける道の一つ。

物事に対する好き嫌い明確にしておくことで、嫌いなことはなるべく避け好きなことに集中する、自分らしい生き方を選ぶことができます。

 

| 3.理想とする人物の生き様は自分の憧れの人生とも言える

理想とする人物の生き方を真似するということ。思い立って自分らしい生き方を急激にしようとしても、具体的に何をすれば良いか分からないもの。

そんなときは、これまで出会った自らが理想とする人物、そんな人の生き方を真似してみることがポイント。理想とする人物の生き様は自分自身の憧れの人生とも言えるので、その生き方を真似ることで自分らしく生きることに一歩近くことに。

 

| 4.合わせるのでなく、自分の心のなかにあるものに従うべき

常識という概念に囚われないようにするということ。常識というのは多数の人間が共通して持っている、考え方や価値観のことを指すもの。

但し、そんな常識が自分に当て嵌まるとは限らないので、そうしたコンセプトに縛られないことが大切。自分らしく生きたいと思えば常識的な考え方や価値観に合わせるのでなく、自分の心の内から溢れるものに従うべき。

 

| 5.全く知らない土地なら更に自身の意思決定で行動を選択

一人旅に出かけてみるということ。一人旅は団体旅行と違って、自らの意思で決定をして行動をする必要があるもの。自分自身の意思により行動を選択をすることで、将来的に自分らしく生きていくための訓練を積むことにもなります。

行ったことのない海外の一人旅も良く、全く知らない土地なら更に自身の意思決定で行動を選択するので、自分らしく生きる力を育むことに。

 

 

 


自分らしく生きるのは仕事にも好影響、そうしたところのメリット面


 

| 1.自分らしく生きていると他人の評価や見方は気にならなく

ストレスが蓄積しにくいということ。多くの人間は他の人の視線や評価を気にして、選択や行動が制限されてしまうもの。

こうしたことは非常にストレスが溜まるもので、自分らしい生き方は他人の評判や見解は気にならなくなることに。他人の関心や評価は気にしないで、自らの好きなことやしたいことに取り組んでいると、ストレスが溜まりにくくなります。

 

| 2.自らの気持ちを最優先に行動する、更に生き方が明確に

自分の生き方が明確になるということ。物事を判断していくときは、他の第三者的視点からの意見を聞くことは大事なもの。

但し、人の考えばかりを謙虚に聞いてると、自らの本来の気持ちを見失ってしまうことに。自分らしい生き方は気持ちを最優先して行動することができ、その生きる意味が明確になります。

 

| 3.本質的に、自らを深く理解してくれる人たちと関われる

本当の自分を理解してくれる人たちと関われるということ。等身大の自分で生きるということは、関わる人物が時には限られてくることもあるもの。

ただ、自分らしく生きている、そんな自分を理解した上で関わってくれる人たちは、本当のところを把握している人たちとも。そう言う訳で、自分らしく生きていれば、本質的に自らを深く理解してくれる人たちと関われるというメリットが。

 

 

 


らしくない生き方は捨て去りたいもの、陥ってしまう詳しい原因など


 

| 1.評価を期待することをやめ、自身の気持ちに真っ直ぐに

他人からの評価を期待するということ。人の評判を気にした振る舞いや選択をすることは、己の人生ではないもの。

自分らしく生きるという意味は、人の評価などは気にしないで、自らが思った行動や選択をすること。自分らしく生きるためには、ひとまず人の評価を期待することをやめ、ストレートに自らの気持ちに行動します。

 

| 2.自信を失ってしたいと考えていることにもチャレンジが

コンプレックスを気にしているということ。人間というものは誰しもが自身に対して、コンプレックスを抱いているもの。

こういったことを気にし過ぎていると自信を失い、したいと考えていることにも挑戦ができません。自分らしく生きるためには、劣等意識を問題にしないで積極的になることが大切。

 

| 3.安定しているいう理由で、仕方なしに続けている人も多く

将来に不安を抱えているということ。多くの人たちがこれから先のことに不安感を抱き、本当に挑戦したいことに対し躊躇っているというもの。

本来はやりたくない仕事でも、将来を考えると安定しているいう理由で、仕方なしに続けている人も多くいます。自分らしく生きるためには、将来に対する不安感は問題にしないで、チャレンジしたいことに向い合うことが大切。

 

| 4.意見に流される自分自身を捨て基準は己のものにします

人の意見に流されるということ。物事の判断基準を他の人の意見に頼る生き方は、自分らしい生き方ではないもの。

人の意見を聞くことも時には大事なものですが、それは物事を判断していく上の一つの材料にすぎません。自分らしく生きるためには、意見に流される自分自身を捨て基準は己のものにします。

 

| 5.真っ直ぐになれないのは、自分らしい生き方とは言えない

過去のトラウマを気にしないということ。過去に発生したトラウマに囚われると、選択や行動に制限がかかるもの。

こうした過去のトラウマのせいで、自らの気持ちに無我夢中になれないのでは、生き方自体も自分らしいとはなりません。自分らしく生きるためには、自らを縛る過去のトラウマを忘れることが大切というもの。

 

| 6.自らの気持ちに対して嘘を吐いているのと同じということ

言い訳する自分ということ。様々な面で言い訳をし行動に繋がらない人物は、心の片隅で自らの人生は自分らしくないと感じているもの。

でもやだってなどの否定形の言い訳は、自らの気持ちに対して嘘を吐いているのと同じということ。自分らしく生きるためには、言い訳を一切しないことが重要で、自身の気持ちに素直になることに繋がります。

引き寄せの法則で、自分らしく生きる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

できれば自らの人生を楽しむことにも。ここでは、自分らしく生きるには何が重要かを理解すること、選択するための方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。