口下手とはどういう状態か把握が大切、改善して会話上手になる方法


身の回りにも意外と、口下手な人物がいるもの。そういう人は感情を露わにするのが不得手なため、口数も多くなく積極的にコミュニケーションもとりません。

もちろん口下手の意味合いからすれば、思うことを上手く人に言えないことで、他人と仲良くなるまでにかなりの時間が掛かることに。また友人や知り合いを増やすチャンスも避ける傾向にあるため、孤独に陥りやすいかも知れません。

ただ口下手な女性や口下手な男性というのは、人の会話中に無理をして割り込むこともなく、他人を邪魔だてすることはありません。

似ている言葉に無口というものがありますが、こちらは意識的に言葉数を少なくしている人で、自らが考えていることを少ない言葉で表現できます。

ここでは、口下手とはどういう状態か把握が大切、改善して会話上手になる方法を紹介しています。

 

 

 


口下手とはどういう状態か把握が大切、改善して会話上手になる方法


 

| 1.緊張感や苦手意識から、話す際に早口になってしまいがち

落ち着いてゆっくり話すということ。口下手な人物は会話への緊張感や苦手意識から、話す際に早口になってしまいがち。

当たり前ですが相手の関心を惹きつけるには、ゆっくりと落ち着いて話すことが大切で、早口だと伝わりにくく話しも盛り上がりません。

どうしても話すことに自信がない場合、前もって口下手ですと告げておくのも効果的で、ゆっくりした話しも違和感がなくなることに。

 

| 2.話し方を工夫するだけでも、相手が抱くイメージが変わる

大きな声を意識するということ。会話を盛り上げていくには、大きな声や調子を意識することも大切というもの。話し上手とされる人は声の抑揚が強く、その気持ちが広く伝わりやすい話し方をしています。

会話に自信がない人物ほど声が小さくなりがちで、話し方を工夫するだけでも、相手が抱くイメージが大きく変わります。

 

| 3.表情を柔らかくしてみたり、大きなジェスチャーを言葉に

非言語コミュニケーションを組み込むということ。言葉が上手く出てこない人は、言葉以外のコミュニケーションを合わせるというもの。表情をはじめ身振りや手振りなどの大きさにより、相手側の受ける印象が変わることに。

表情を柔らかくしてみたり、大きなジェスチャーを言葉に合わせるなど、意識してできることからやってみます。

 

| 4.自分から積極的にさまざまな人たちに話しかけてみます

会話の機会を多くして成功体験を増やすということ。会話は筋トレや勉強などと同様に、日々の訓練でで鍛えられるもの。

コミュニケーションスキル等に自信がなくても、会話の機会を積極的に増やすことで段々と上手くなっていきます。初めは上手く話せなくても気にしないで、自分から積極的にさまざまな人たちに話しかけてみます。

 

| 5.始まりから終わりまでを、簡単に頭の隅に入れておくこと

よくある質問の答えを用意しておくということ。会話を盛り上げていくためには、相手の質問にテンポよく答えることも大切というもの。

質問されてもすぐ思い浮ばないという人は、休日の過ごし方や趣味など、前もってよく聞かれる質問の答えを用意おくことがベター。話の始まりから終わりまでを、簡単に頭の隅に入れておくことで、落ち着いて会話ができることに。

 

 

 


口下手な人に向いた仕事もあるもの、知っておきたい陥る詳しい原因面


 

| 1.更に口下手になるという、負のスパイラルに陥ることに

会話の機会が少ないということ。話をすることそのものが少なく口下手になる場合で、上手く気持ちを伝えられずコミュニケーションを避けてしまいがち。

そうするとありそうな結果として他人との会話自体の機会が減り、更に口下手になるという負のスパイラルに陥ることに。話すことに苦手意識を抱いてしまうと、人と上手く会話をするスキルが身に付きません。

 

| 2.他の人とのコミュニケーションをとるのが徐々に嫌になる

自らに自信がなく、意見を言えないということ。自身の発言に対し、人と意見が違ったらとか馬鹿にされたくないなど、ネガティブに捉える傾向があるもの。

口下手とされる人物は自らに自信がなく、なかなか意見を言えないことが原因で、マイナス思考に陥ってしまうことに。結果的に自尊心も低くなり、他の人とのコミュニケーションをするのが段々と嫌になることで口下手に。

 

| 3.他の人に心を開けないという人も口下手になってしまう

過去の何かのトラウマを引き摺っているということ。過去に生じた衝撃的な事柄が原因で、口下手になってしまう事例もあるもの。

学生時代に他の人たちから受けた、いじめなどの体験がトラウマになり、人間不信に陥っていたりもします。こうした過去のトラウマが消えず、なかなか他の人に心を開けないという人も口下手になってしまうもの。

 

| 4.周囲の人たちと馴染めず友達ができにくい傾向があるもの

幼少期から一人遊びが好きだったということ。こうした人物は集団生活を営む上で、周囲の人たちと馴染めず友達ができにくい傾向があるもの。

大人になるに連れ集団生活に慣れていくのが一般的ですが、時には年齢を重ねても変われずにいる人もいます。単独行動に慣れたまま成長することで、社会人になってからもコミュニケーションに苦手意識を持ち口下手に。

 

 

 


口下手な彼氏というのも良く見かけるもの、覚えておきたいその特徴


 

| 1.結果的に、口ごもりながらの話になることも多くなるもの

人見知りということ。本当は周りの人たちと関わりを持ちたいのに、上手くコミュニケーションできないのが人見知りな人物というもの。

特に初対面の人に対し、何を話せばとか余計なことを言って嫌われたらなど、そんなことを考えてしまいます。結果的に、口ごもりながらの話になることも多く、口下手な人と周りの人間に受け取られることに。

 

| 2.自己主張が苦手なことも多く、口下手と言われることに

穏やかな性格ということ。一般的に穏やかな人物は平和な状況が好きで、周りの人たちとの協調性を大切にするもの。なので、自分に意見があっても、他の人の意見を優先させていく傾向が強くあります。

優しく裏表のない印象がある穏やかな性格の人物は、自己主張が苦手なことも多く、口下手と言われることに。

 

| 3.ちょっとした言葉や振る舞いにもダメージを受けやすい

繊細なタイプということ。自身の考えを否定されたり馬鹿にされたりを、極端に怖れる繊細な人は口下手であることが多いもの。

こういった人物は他人と関わる際、傷付きたくなかったり嫌われたくないなどと考えがち。他人のちょっとした言葉や振る舞いにもダメージを受けやすいことから、繊細な性格の人は口下手に。

 

| 4.ポジティブになれない自身が嫌になったりとストレスを

引っ込み思案ということ。自ら進んで人前に出たり、行動を起こすのが苦手な人が引っ込み思案というもの。こうした人物は意見を口にするのが苦手なので、口下手なタイプと思われることになります。

当人は思うことを伝えられず不満を感じたり、ポジティブになれない自身が嫌になったりとストレスを溜め込みがち。

 

 

 


口下手なひとは恋愛に向かない?思わぬところにある数多いメリット面


 

| 1.普段から、相手の振る舞いや顔色等に気を配っているもの

観察力が優れているというということ。口下手な人は普段から、相手の振る舞いや顔色等に気を配っているもの。これは長所の一つで、人をよく観察している分、相手が欲していることを敏感に感じとれます。

 

| 2.とても大切なことで、ビジネスシーンでも大きな強みに

人の話を聞くのが上手いということ。自ら話しをするのが苦手なので、自然と聞き役に回ることが多いもの。人との信頼関係を構築する上で、相手の話をきちんと聞けるのはとても大切なことで、ビジネスシーンでも大きな強みに。

 

| 3.意識を向けない、生産性も上がり周囲の信頼も得やすい

集中力があるということ。無理に会話に入ろうとしない口下手な人物は、集中力を途切れさせず自らの作業に没頭できるもの。余計なことに意識を向けないので、生産性も上がり周囲の信頼も得やすいメリットが。

 

| 4.言葉を慎重に選びコミュニケーション上の失敗が少ない

意思疎通における失敗が少ないということ。感情的になるタイプの人は、怒りや不満などの感情を表に現わして出してしまう時があるもの。口下手な人は周囲の反応を気にするので、言葉を慎重に選びコミュニケーション上の失敗が少ないのも長所の一つ。

引き寄せの法則で、口下手から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

感情を露わにするのが不得手なためなど。ここでは、口下手とはどういう状態か把握が大切、改善して会話上手になる方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。