嫌われるのが怖いということもある、人に嫌われた時に対処する方法


他の人に嫌われるのが怖いと思う時もあるもの。誰しも人に好かれたいと思って暮らしていて、わざわざ嫌われようとすることは滅多にありません。

嫌われるのが怖い人物というのは、誰からも嫌われないよう八方美人とも言える振る舞いで、偽りの自身を演じ気疲れすることに。

本来の自身の気持ちを抑え過ぎるので、良好な人間関係も築きにくく、ストレスばかりが溜まってしまいます。こうした状態が続けば、人付き合いも楽しいものから苦しいことばかりを感じるように。

そうしたことを避けるためには、他人の気持ちを推し量ることと、自らを思い遣ることのバランスを取ることが必要。嫌われ恐怖症から抜け出すには診断も有効ですが、自分自身を生きていくことが大切です。

ここでは、嫌われるのが怖いということもある、人に嫌われた時に対処する方法を紹介しています。

 

 

 


嫌われるのが怖いということもある、人に嫌われた時に対処する方法


 

| 1.悩みも他者は変えられないと思い直すと気が楽になるもの

相手の考え方を変えようと試みるのをやめるということ。現在生きている人々の悩みの多くは、人間関係によるものとされています。ただ、どういった人間関係に関する悩みも、他者は変えられないと思い直すと気が楽になるもの。

何処かでこうすれば良かったなど、何らかの行動により他者を変えられると思うと、瞬く間に苦しくなることに。他の人間は自分ではないので基本的にコントロールできず、嫌われたとしても自身の力では変えられないこと。

 

| 2.返って逆効果で関係性を悪くする可能性があるので要注意

苦手な人物に好かれようとすることをやめるということ。多くのケースでは苦手な人物に好かれようとして、上手くいかず苦しくなるもの。

自分が苦手としている人に無理矢理に好かれる必要はなく、相手としても強制的に好きになる必要はありません。また、嫌われたくないので苦手な人を避けようとすることがありますが、返って逆効果で関係性を悪くする可能性があるので要注意。

自然体で向かい合うことが大切で、人から嫌われたくないというより、自分を好きになる事を指針に行動します。

 

| 3.基本的に自分自身の問題ではなく、相手側に争点があると

嫌われることは、自らの問題だと考えることをやめるということ。自分が駄目だったからなどと、自らの責任を問うこともあるもの。

明確に常識外れだったり思い遣りがなかったりした場合、直した方が良いのは当たり前。嫌われるのは基本的に自分自身の問題ではなく、相手側に争点があると考えます。

嫌う相手の考えに起因しているのであり、こちらの振る舞いに原因があるのではありません。そう思うだけで楽になります。

 

| 4.自ら自身を評価するという意識を持ち行動すると前向きに

他の人に依存することをやめるということ。そうした場合は相手側にどう思われるか気になり、好意を持たれるよう行動してしまうもの。

頭に浮かんだ嫌われたくないという思いは、日々日々増していくので段々と息苦しくなることに。大人の人間は個人として自立するのが当然で、自らの判断基準で行動できる芯の強さが必要。

他者の期待に応じよう考えず、自ら待望むことに沿うのが重要で、自ら自身を評価するという意識を持ち行動すると前向きに。

 

 

 


嫌われるのが怖いと思う中には彼氏も入っているもの、そんな原因面


 

| 1.自ら受ける納得感より他の人の好感度を気にかけてしまう

人からどう見られるか気になるということ。自意識が高過ぎる人は他者の視線が気になり、嫌われるのを怖れ良い印象を与えようと意識し行動するもの。

公の場所における自己認識を公的自己意識と呼び、この意識が高い人ほど行動や判断基準を他の人に委ねることに。自ら受ける納得感より他の人の好感度を気にかけてしまい、嫌われないように振舞うがついています。

 

| 2.己を認められない人物は周囲の評価を求めてしまうことに

自尊心が低くて自信がないということ。高い自尊心に自信を持っている人物は、無理矢理に他人に合わせたりはしないもの。

逆に嫌われたくないと感じている人は、自尊心も低く自信がない傾向があり、他人の評価を気かけ周りに合わせようとします。自らを認め尊重できていれば自身の評価は他者に委ねませんが、己を認められない人物は周囲の評価を求めてしまうことに。

 

| 3.いじめられた体験、極端に嫌われることを怖がるように

過去のトラウマを引き摺っているということ。過去の段階で人に嫌われ酷く傷ついた体験がある場合、トラウマとなり絶対に嫌われたくないと思うもの。

学生時代などに嫌われた挙句、いじめられた体験などがあると、極端に嫌われることを怖がるようになります。いじめでなくても、陰口を叩かれたりするなど人間関係が上手くいかなかった体験があると、トラウマになるケースも。

 

 

 


後からでは間に合わないことも多い、嫌われるのが怖い心理や特徴面


 

| 1.言い訳は成功よりも嫌われたくない心理状態からくるもの

決断しないで先延ばしにするということ。意思決定を早くすると、それだけ準備の期間も長くなり、問題を解決できる可能性が高くなるもの。

そうした場合は、失敗するわけににはというプレッシャーも重くなってくるので、敢えて決断を先延ばしにし準備期間を失くします。

準備がきちんとできなかったので失敗しても仕方がない、そうした言い訳は成功よりも嫌われたくない心理状態からくるもの。

 

| 2.自らが嫌われてしまうのではないかと怖れることが理由

人の頼みを断れないということ。日本人に数多くみられるのが、他の人の頼み事を断れないお人よしタイプというもの。

他人の頼み事を断ると、それにより相手側が気分を悪くして、自らが嫌われてしまうのではないかと怖れることが理由の一つ。こうした人は無言の圧力にも弱く、自身よりも他の人を優先してしまい、無理して苦しい状況を招くことに。

 

| 3.告白できない人物も、嫌われたらどうしようと否定的に

ネガティブ思考になりやすいということ。極度に嫌われることを逃れる人物は、悲観的な考え方で被害妄想に陥りやすいもの。

好きな異性になかなか告白できない人物も、嫌われたらどうしようと否定的に考えてしまいます。こういった背景からネガティブ思考の人というのは、嫌われたくない余り積極的行動を避けるように。

 

| 4.意見を口にしなければ少なくとも嫌われる可能性は低く

自身の意見が言えず、周りの人に合わせてしまうということ。誰からも嫌われたくないタイプの人は、自らの意見を言わないもの。

発言すると意見が合わない人の反感を買ってしまう怖れがあり、意見を口にしなければ少なくとも嫌われる可能性は低く。自らの意見と違っていても、人の意見に合わせ摩擦を避けようとする、穏便に済ませたい人ということに。

 

| 5.好き嫌いは当然で、誰からも嫌われないというのは難しい

見栄を張るということ。人には個性があり相性もあるので好き嫌いは当然で、誰からも嫌われないというのはとても難しいもの。

多少は嫌われても致し方ないところがありますが、誰からも嫌われたくないという人物は無理に自分を偽ることに。本当は嫌なことも問題ないと答えるなど、本来の自らを曝け出すことはなく、見栄を張り偽りの自分を演じます

引き寄せの法則で、嫌われるのが怖いを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

誰しも人に好かれたいと思って暮らしをしている。ここでは、嫌われるのが怖いということもある、人に嫌われた時に対処する方法を紹介しています。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。