会話ができない人というのもいる、困った時の話題や話下手の克服法


人見知りなどもあり、会話ができないという人もいるもの。飲み会などの集まりで、何か話したいと考えていても、初めから話題が思い浮かばないということも。会話ができないと感じている男性や女性などは思ったより多くいて、ランチの時間の雑談が辛いなどと言う声も上がっています。

ほかにも、緊張しすぎていつも面接が上手くいかなかったり、セールストークが上手くできず座が白けてしまうなど、仕事上の会話ができなくて悩んでしまうことに。

人間関係でも自分から積極的に話し掛けられなかったり、いつも話しあうのは表面的なことばかりで、何でも打ち解けて話せるような仲の良い友人が作れないなど。

プライベートは無論のこと仕事を円滑に進めたり、他の人と親密になったりするため会話は非常に重要ですが、特別じゃないのが苦手とする人。ここでは、会話ができない人というのもいる、困った時の話題や話下手の克服法を紹介しています。

 

 

 


会話ができない人というのもいる、困った時の話題や話下手の克服法


 

| 1.安心して話しができるメッセージを伝える、会話が弾む

笑顔で相槌を打つということ。会話ができない夫や彼氏なども口ごもりながら話している時には、聞き手から良い反応が返ってくると嬉しいもの。

相手の話に笑顔で相槌を打つことにより、私は貴方の話を好意的に聞いていますというニュアンスが伝わります。そうした安心して話しができるメッセージを伝えることで、会話が弾むことも多くなることに。

 

| 2.テンションが高めの人にはこちらもテンションを上げて

相手の使う言葉やテンポに合わせるということ。ゆっくりと話す人物には、合わせて少しゆっくり目に会話するというもの。

ほかにも敬語を使って話す人には敬語で返してみたり、テンションが高めの人にはこちらもテンションを上げて話すということ。つとめて自然に相手側の会話の特徴やテンポに合わせると、自然に心を開いて貰いやすくなることに。

 

| 3.繊細な内容でなければ興味を抱いて貰えるのは嬉しいもの

会話を広げる問いを心掛けるということ。会話を続けられないで悩んでいる人は、いつも自身がどんな質問をしているのか振り返るというもの。

YesやNoで答えられるものより、どうやってとかそれからなど、先方の会話を引き出せるような問いを選ぶのがベター。踏み込み過ぎは迷惑と不安になるかも知れませんが、よほど繊細な内容でなければ興味を抱いて貰えるのは嬉しいもの。

 

| 4.途中から相手の話していることを奪ってしまう人もいます

途中で話の腰を折ったり、否定しないということ。会話ができない子供相手のときも多く見られますが、会話の中途で割り込んだりすることもあるもの。

それは駄目と相手を否定するほか、私もなどと途中から相手の話していることを奪ってしまう人もいます。悪気もなく自覚していないことがほとんどですが、相手側の話の腰を折らないようにして最後まで聞くことが大切。

 

| 5.そんなチェックをすると話を引き出すことが楽になるもの

相手の話を聞くことを意識するということ。場を盛り上げることや上手く話すことに気を取られ、自身の話ばかりをしてしまう人がいるもの。

これは反対方向で、自らの話で盛り上げるより、先方の話をきちんと聞くことの方が喜ばれやすいということに。相手に関心を持って体調を伺ったり、好みはどんなものでどういったことがしたい人なのか、そんなチェックをすると話を引き出すことが楽になるもの。

 

 

 


会話ができない彼氏や夫もいるもの、困った時の間違いのない話題など


 

| 1.間違いのない話しの基本で、宗教や政治にジェンダー等は

鉄板の天候や季節に関する話題ということ。最近は暖かくなりましたねや、今年は海水浴に行きましたかなど、天候や季節の話題は相手を選ばず使えるもの。

その時々のニュースなども悪くはありませんが、相手側の価値観に否定的にならないよう配慮が必要なことに。また相手を傷付けないことが間違いのない話しの基本なので、宗教や政治にジェンダー等の話題は避けた方が無難。

 

| 2.敵対しているチームの場合、不快感を露わにする人もいる

相手方の好きな話題を掘り下げるということ。子どもやペットに趣味など、先方の大事にしているものを話題にするというもの。

自身の好きなことについて話をしている際、人間は非常に良い気分になり、引き出してくれた相手に好印象を抱くため親密度もアップ。

ただ、サッカーや野球などチームの応援に関しては、敵対しているチームの場合、不快感を露わにする人もいるので注意が必要。

 

| 3.知らない土地などの場合はおすすめのスポットや雰囲気を

住んでいる地域や場所ということ。住んでいる場所の話題も万人に共通して使えるもので、出身や住まいなどを相手に質問するというもの。

地域について知っていれば地元の話を広げれば良く、知らない土地などの場合はおすすめスポットや雰囲気を、聞いてみることで話のテーマも広がることに。こういった住んでいる地域や場所の話題は、相手のことをよく知る切っ掛けにもなるもの。

 

 

 


見ておきたいコミュ障、会話ができないことには障害も関係している


 

コミュニケーション障害と一般的に言われる時は、一方がコミュニケーションが不得意ということを示す、俗称として使用されるケース。他方が医学上の診断基準に照ら合わせた疾患として分類される場合。

ネット上から生じたコミュ障は、コミュニケーション障害の略語ですが、独特のニュアンスで使用されるが多くなっています。

それは他の人と意思疎通を図ることをはじめ、気持ちを推し量ることが苦手である状態。その他の医学的な状態も見ておきます。

 

| 1.結び付けていくことが難しいので会話をする能力が制限

言語障害ということ。いわゆる言語の習得や使い方に持続的困難がある状態というもの。使用する語彙と構文の種類が限られていたり、文章を結び付けていくことが難しいので会話をする能力が制限されます。

 

| 2.コミュニケーションが制約されるため、社会生活的にも

語音障害ということ。神経学的な意味でも身体的にも差し障りがないにも関わらず、明瞭に言葉を発すること自体が、難しい状態というもの。話し合いによるコミュニケーションが制約されるため、社会生活的にも仕事上でも障りが出ている状態です。

 

| 3.途切れたり延長するなど、スムーズな会話が難しい状態

小児期発症流暢障害(吃音:きつおん)ということ。音節や音声が頻繁に繰り返されたり、途切れたり延長するなど、スムーズな会話が難しい状態というもの。

いわゆる吃音とされていて話している中途で無言になったり、喋りづらい言葉を避けて回りくどい言い方になることもあります。

 

| 4.意味合いではない言葉や曖昧な雰囲気の理解が苦手な傾向

社会的コミュニケーション障害ということ。言葉をはじめ声色や表情、姿勢に表情など、状況に応じた非言語的コミュニケーションの使い分けが難しいというもの。

社会生活などに支障も生じていて、比喩やユーモアなど、文字通りの意味合いではない言葉や曖昧な雰囲気の理解が苦手な傾向。

 

 

 


会話ができない男の人もいるもの、知っておきたいそうした人物の心理


 

| 1.会話に対して、圧力を感じ過ぎているのかも知れません

上手く話そうというプレッシャーが強いということ。真面目で責任感が強い人物ほど、しっかり話しをしないとなど、自らに圧力を掛け空回ってしまうもの。

緊張して早口になったり、自らのことばかり話している人物は、会話に対して圧力を感じ過ぎているのかも知れません。

 

| 2.相手側に誤解されやすく会話が弾みにくくなることがある

リアクションが小さいということ。自身では興味を持ち話を聞いているつもりが、周囲から見るとさほど関心なく見える人がいるもの。

この手のタイプは、相手側に誤解されやすく会話が弾みにくくなることがあります。自身の表情は直接見ることができず自覚しにくいですが、心当たりのある人はで自らの表情をチェック。

 

| 3.相手の反応が気にかかる余り何も話せなくなり、苦手意識

相手側の反応を気にし過ぎるということ。こんなことを言うと嫌われないだろうかなど、先方の反応を気にし過ぎるのも会話ができない人の特徴というもの。

優しくて遠慮しやすいタイプに多い傾向ですが、相手の反応が気にかかる余り何も話せなくなり、会話に苦手意識を持つことに。

 

| 4.どれほど踏み込めば良いのか判らず、会話が弾みにくく

自己開示が苦手ということ。自らに自信を持てず警戒心が強い人物は、自己を開示するのが不得手な傾向にあるもの。

但し、あまりに自身を隠してしまうと、先方もどれほど踏み込めば良いのか判らず、会話が弾みにくくなることに。

 

| 5.その場が白けないよう善意からでも、不自然な会話となる

沈黙に耐えられないということ。会話が途切れてしまったとき沈黙に耐えきれず、無理矢理に会話を続けようとする人もいるもの。

その場が白けないよう善意からでも、不自然な会話となるぐらいであれば、沈黙はあまり気にしない方が良いことに。

引き寄せの法則で、会話ができないを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

話題が思い浮かばないということもある。ここでは、会話ができない人というのもいる、困った時の話題や話下手の克服法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。