父親が嫌いな子供の理由を掴むことが大切、解消していくための対処法


最近巷で言われているのが、父親が嫌いすぎるというもの。父親が嫌いだというケースでは、何となく距離感が家族ともできてしまい困ることもあります。

固い絆で家族は結ばれているというのも隔世の感があり、父親が嫌いな息子や父親が嫌いでたまらない娘は多くいます。しかし何故こんな風に父親嫌いになってしまったのか、じっくり考えたことのある人は多くはありません。

父親が嫌いなまま、日々を過ごしてもさほど具体的な害はありませんが、負の感情を帯びていると自分はもちろん父親や周りの家族までストレスを溜め込むことに。

更に、父親嫌いに弾みがついた場合、女性なら男嫌いに発展してしまい、悪い影響を恋愛にまで及ぼしかねません。ここでは、父親が嫌いな子供の理由を掴むことが大切、解消していくための対処法を紹介しています。

 

 

 


父親が嫌いな子供の理由を掴むことが大切、解消していくための対処法


 

| 1.この世からいなくなると少しは寂しい感情が起こるはず

父親がいなくなった時をイメージしてみるということ。如何に独善的で嫌いな父親でも、いざいなくなってしまうと悲しい気持ちになるもの。

父親なんて居なくなれば良いとか、父親が嫌いと頭に思い浮かべてしまう時は、いなくなった時をイメージ。嫌いな父親であっても、この世からいなくなると少しは寂しい感情が起こるはずで、現在までより父親に対して温かい態度がとれるはず。

 

| 2.漠然と避け続けては何時まで経っても関係は改善しない

直して欲しいところを素直に伝えるということ。父親を嫌うあまり、漠然と避け続けていては何時まで経っても関係は改善しないもの。直して欲しいところが父親にある場合は、こうしたところを直して欲しいと直接伝えます。

子供のために何かしたいと考えている父親なら、反省点を指摘することで、これまでより良い父親になってくれるかも知れません。

 

| 3.良い面も目に見えてくるので、苦手意識も段々と薄れる

父親に対し感謝すべきことをリストアップするということ。どれほど父親が育児に関係しない人でも、少しは自分を成長させるため頑張ってくれたはず。

父親が嫌いな思いばかりになる時は、これまでして貰ったことをリスト化してみます。これまで父親が自分自身のためにしてくれたことを意識すれば、父親の長所も目に見えてくるので、苦手意識も段々と薄れることに。

 

| 4.育ててくれた親に対して、過大な期待を抱いてしまいがち

父親も一個の人間であることを考えるということ。娘にしても息子にしても、これまで育ててくれた親に対して、過大な期待を抱いてしまいがち。

但し、父親も一人の人間で神様と言う訳にはいかず、完璧に仕事や家事に育児などをこなせるはずはないもの。どうしても父親の欠点が目にとまることもありますが、人間だから欠点があって当然と思うことで、嫌いな感情も落ち着くことに。

 

| 5.離れて暮らすことで一人の時間をきちんと確保するように

精神的に酷く辛い場合、離れて住むことを一考するということ。色々試したけど、やはり父親と上手くいかないという場合、距離を置くのも方法の一つ。

特に嫌い過ぎる父親と同居しているケースでは、嫌悪感ということもあり多大なストレスを抱えることになります。対処法を試しても嫌悪感が拭い去れないときは、父親と離れて暮らすことで一人の時間をきちんと確保するようにします。

 

 

 


父親が嫌いなのは30代過ぎということも、そうなった詳しい理由など


 

| 1.気持ちを考えていないと感じるようになり、嫌悪感を抱く

意見を押し付けてくるということ。父親と自らは違う人間なので意見が違うのは当然ですが、その違いを理解せず考えを一方的に押し付けてくることもあるもの。

少しであればその押し付けもアドバイスと前向きに受け入れられますが、何回も続くと父親は独善的な人物ということに。自身の意見ばかりで、子どもの気持ちを考えていないと感じるようになり、父親に嫌悪感を持ってしまいます。

 

| 2.自立に対して邪魔をしてくる父親に、苦痛を感じることも

何時までも子供扱いしてくるということ。子どもを可愛がる過程で、男の子や女の子が何歳になっても子供扱いする父親は結構多いもの。

愛情表現の一環として子供扱いを許容できればいいのですが、ずっとそんな扱いが続けば、大人として認められていないと失望し父親を避けることに。

特に向上心を高く持っている人の場合、自立に対して邪魔をしてくる父親に、苦痛を感じることも珍しくありません。

 

| 3.なかなか自宅でゆっくり過ごし会話することもないもの

家庭にいる時間が少なく、構って貰えないということ。父親の仕事が多忙であれば、なかなか自宅でゆっくり過ごし会話することもないもの。

特に幼少の頃に父親に会えない時間が長ければ、本当は構って欲しいのに仕事ばかり優先と、不満を父親に抱くことに。

また成人してからも長期間に渡って父親に会えないと、いざ対面したときに何を話せばいいか分からず、苦手意識を父親に持つことも珍しくありません。

 

| 4.若い世代の人たちから見て理解不能な存在、抵抗感を持つ

頑固で思惑通りにならないと、すぐに怒り出すということ。人間的に尊敬できないということで、父親が嫌いな人は珍しくないもの。

また人の話を聞かず直ぐ怒り出す父親は、若い世代の人たちから見て理解不能な存在で、抵抗感を持つ人はかなり多いことに。多くの人は父親に対し理想像を抱いているものの、感情まかせで怒る独善的な父親を尊敬できず、嫌いになってしまいます。

 

| 5.苦手意識を持つのは当然で、成人後も父親に会いたくない

愛情を感じないということ。男性や女性を問わず子供が育っていく上で、父母などの保護者からの愛情は必須というもの。

但し家庭にほとんど父親がいなかったり、居てもいつも無視されていたなどの状況では、愛情深さを感じられず父親嫌いになることに。

特に暴力などを父親から受けていたケースでは、苦手意識を持つのは当然で、成人後も父親に会いたくないと感じます。

 

 

 


嫌われてしまったのは可哀そうなところも、父親側から見る心理面など


 

| 1.父親を嫌う感情は、きちんと言わなくても父親に伝わる

子供に対しどう接すれば良いか分からず、悩んでいるということ。息子だったり娘が父親を嫌う心情は、きちんと言わなくても父親に伝わるもの。

なので自身は子どもに嫌われていると自覚した父親は、これから先どうやって距離を縮めていいか分からず悩んでしまうことに。

子どもから嫌われても気にしないという父親もいますが、心優しい父親であるほど再度子供と仲良くしようと思い悩みます。

 

| 2.嫌われる理由が明確でないと改善方法も判らないことに

何処を改善すれば良いか分からないということ。息子だったり娘の方から、わざわざ父親が嫌いな理由を伝えることは非常に稀なもの。

嫌われてしまった父親は、何がいけないや何処が悪かったなど思い悩み、大きなストレスを抱えることに。嫌われる理由が明確でないと改善方法も判らないため、父親としては何度も繰り返して悩み続けます。

 

| 3.真正面から対話し大きなトラブルになることを避ける傾向

今以上に近づき嫌われたくないということ。自らの子どもに嫌われていると知り、これからは話をする機会を増やそうと思う父親もいるもの。

一方で、これ以上子どもに嫌われるのが怖いという気持ちから、関りを避けてしまう父親も珍しくありません。子供を大事に思う父親ほど、真正面から対話し大きなトラブルになることを避ける傾向にあり、嫌われる恐怖から距離を置くことに。

 

 

 


父親嫌いを放置した場合、将来に渡って考えられる詳しいデメリット


 

| 1.嫌いな人がいては自宅で過ごすのも嫌気がさしてしまう

家庭が居づらい場所になってしまうということ。父親と同居しているケースでは、嫌いな人物と一緒に過ごすのも嫌気がさしてしまうもの。

嫌いな父親と会うとき以外は明るく過ごせればいいのですが、一緒に住んでいれば日々顔を合わさざるを得ません。こうしたことが続くと父親だけでなく、家庭全体が嫌いになってしまい、決して心地良い場所ではなくなることに。

 

| 2.プライベートな話である、恋愛についてはしにくいもの

恋人ができた際に紹介しにくいということ。父親を嫌っているケースでは、自身のプライベートな話である恋愛についてはしにくいもの。なので結婚を前提として交際している恋人ができたとき、父親に紹介するのを躊躇ってしまうことに。

父親に恋人を紹介するのは何れ必要になることで、嫌っているままだと結婚や恋愛にも悪影響が出てしまうかも知れません。

 

| 3.ストレスを溜めた儘、日々を過ごすことにもなりかねない

娘の場合、男嫌いになってしまう恐れがあるということ。娘にとり父親は最も身近な異性ということもあり、そうしたことを基に異性への認識ができるもの。

なので父親を極端に嫌ったり過剰に避けていると、異性そのものが信頼きなくなり男嫌いになってしまうことに。生きている人間の半分は男性なので、一旦男嫌いになれば大きなストレスを溜めた儘、日々を過ごすことにもなりかねません。

引き寄せの法則で、父親が嫌いから脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

距離が家族とできてしまい困ることも。ここでは、父親が嫌いな子供の理由を掴むことが大切、解消していくための対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。