嫌われる人を診断チェック、してはいけないタブーとされる話し方など


自分の身近なところにも、嫌われる人がいるもの。プライベートはもちろん職場や学校などでも、意識しないで人を不愉快にさせていたり、嫌われていたりするかも知れません。その原因はさまざまですが、悩みの尽きない人間関係の一つの出発点にも結び付きます。

嫌われる人の特徴は、人によって態度を変えるというものが大きな点になりますが、自分では上手くやっていると思っても、意外に周りには簡単に分ってしまいます。

もちろん職場や恋愛関係などにおいても、コミュニケーションはプラスに運びたいもので、話し方や喋り方は重要。なので自分を良く見せたい場合、我が身を振り返ってそういったことに気を配ります。

ここでは、嫌われる人を診断チェック、してはいけないタブーとされる話し方などを紹介しています。

 

 

 


嫌われる人を診断チェック、してはいけないタブーとされる話し方など


 

|  1.「Yes」or「No」で回答、悩んだ際は直感で答える

 

①他人の不幸話は大好物だ
②自身の身の回りには嫌いな人が多い
③考え方はどちらかというとネガティブ
④言いたいことを我慢するのは身体に悪そうで嫌だ
⑤行動を起こすときに気になるのは損
⑥他人に自慢をするのは気持ちがいい
⑦自身の身の回りにはたいしたことがない人が多い
⑧他人の評価や反応は気にしても仕方がない
⑨苛立ったり不機嫌が態度に出がちだ
⑩でもやだけどなど、否定の接続詞が口癖だ

 

「Yes」の数が6つ以上あった場合は、嫌われる人物の資格充分です。後述するタブーとされる話し方や好かれる人になるテクニックなどを参考に直していきます。

 

| 2.話し上手は聞き上手と言うように、話を熱心に聞く人物

自らの自慢話ばかりするということ。ときに自分自身の好きなことのみを、一方的に喋り続けてしまう人がいます。特に自分にとって誇らしい事柄があるケースでは、聞いてもらいたかったり、褒めてもらいたかったりするのは人情。

ただその場合は先方は退屈してしまうもで、話し上手は聞き上手と言うように、話を熱心に聞く人物は好意を持たれることに。

 

| 3.話相手の側に立てば無視されているように感じる人もいる

自己アピールが強い発言をするということ。相手の話をきちんと聞かず、己が全面に出過ぎると確実に嫌われるもの。

自己アピールが強過ぎると、先方の存在を顧みないことが多くなり、話相手の側に立てば無視されているように感じる人もいるもの。なので、黙って聞いて欲しいなどの自己アピールが強い話し方には注意します。

 

| 4.元凶を作ってしまった際は、素直に謝ることが重要なもの

自身の誤りを認めず、いい訳ばかりするということ。ミスを犯したり、トラブルの元凶を作ってしまった際は、素直に謝ることが重要なもの。

例え、直接的原因が自身にはなかったとしても、相手サイドに迷惑をにかけたのであれば、謝罪をするのが社会人としての常識。

自分の誤りを認められない人は、人間として評価されることはなく、誰からも愛されることがないどころか嫌われることに。

 

| 5.自らの会話を録音して聞いてみるのが、良い方法の一つ

曖昧な語尾の使い方ということ。人が喋る言葉の印象は、その会話の際に語尾によって大きく変わるもの。語尾部分を強く喋れば威圧的なイメージになりがちで、語尾の発音が小さければ自信のない印象を相手に与えることになります。

自らの会話を録音して聞いてみるのが良い方法で、威圧感が丸出しの語尾にならないよう注意することがポイント。

 

| 6.ただ儀礼的な感謝の言葉をなおざりに使うと効果も半減

感謝の伝え方が充分でない話し方ということ。周りの人たちに対しきちんと感謝の意を示さないと、段々と人が離れていくもの。

ごめんなさいやありがとうなど、親しい関係の仲では疎かになりがちですが、大事なシーンで忘れると相手の心が離れていくことに。ただ儀礼的な感謝の言葉をなおざりに使うと効果も半減で、言わないよりは程度にしか伝わらないので要注意。

 

 

 


嫌われる人生は当然避けていきたいもの、好かれる人になるテクニック


 

| 1.挨拶によって先手を打つということも、交際関係に重要

自ら率先して挨拶するということ。これから先の良い人脈作りを考えた場合、なにを横に置いても自身が先に挨拶することがポイント。これが習慣になっていないと、他の人たちには好かれないので、知り合いなどに出会った際は先に挨拶すべきは当然。

相手のことをちゃんと覚えているという好意が現れ、先に自分が好意を見せると、先方も多くは好意で返してくれるもの。挨拶によって先手を打つということも、交際関係にとっては重要性が高くなるもの。

 

| 2.感謝したくないと考えることは相手に主導権を渡している

嫌いな人物にも感謝の気持ちを持つということ。揉めた人物や嫌いな人に対し、感謝したくないと考えることは相手に主導権を渡している状態。

そうした感情を取り除いて好かれる人間になるためには、その日のうちに気分をリセットすることが大切。誤解が生じているだけかも知れず、昨日の敵は今日の友という諺もあり、出会った際は自ら笑顔で先に挨拶をします。

 

| 3.直球で喋るからで、分かりやすい言葉は誤解もされにくい

皮肉は言わないということ。会話をキャッチボールに例えて言えば、皮肉な言葉というのは変化球とも呼ばれるもの。当人は気の効いたことや知的なことを言ったつもりでも、先方は会話に小手先の技を求めていないことも。

好かれる人物はコミュニケーション能力が高いとされ、理由は直球で喋るからで、分かりやすい言葉は誤解もされにくいことに。皮肉は判りにくいことも多く忌み嫌われることにも繋がるので、言葉はシンプルな方がベター。

 

| 4.好かれる人物になるためには、夜の習慣も決め手になる

眠る直前に感謝をするということ。色々な物事を根に持たない好かれる人物になるためには、夜の習慣も決め手になるもの。その日の終わりに、感謝の気持ちで締めくくる習慣を持つことが重要。

現実にチャンスに恵まれているのに、感謝の気持ちがないケースでは、目の前にあるはずの幸運にも気付かないことに。

自分自身の足元に貴重な宝が埋まってる、そんなことの察知ができないのを避けるため、眠る直前に今日を感謝すること。

 

 

 


覚えておくと将来的に役立つもの、詳しい嫌われる人の特徴や心理面


 

| 1.求められた際、自身の意見を述べることはとても有益な

解決策の考え方は言わず、批判だけするという姿勢。フィードバックを求められた際、自身の意見を述べることはとても有益なもの。これが良くなければこんな案はなどの提案もなく、批判だけする姿勢に終始する人は嫌われることに。

 

| 2.相手にしてくれない人物には、早々と周囲に人は集まらず

友情を育てようとしないということ。同僚などが意思疎通を図ろうとしても、毎回のように冷たい姿勢を見せれば、なかなか友人はできないことに。話し掛けた際、相手にしてくれない人物には、早々と周囲に人は集まらず嫌われることになるもの。

 

| 3.職場環境にも悪影響を及ぼし、充実感や生産性が伸び悩む

ネガティブな態度を取りがちということ。悲観的な姿勢の人の側には、早々いたがる人などいないもの。こうした態度は職場環境にも悪影響を及ぼし、充実感や生産性が伸び悩む要因になり、嫌われることに繋がります。

 

| 4.働いている人の多くは、有意義なことのために労働したい

自らの利益ばかり考えるということ。自分自身の利益のみを追求している人物は、周りの人たちにもそれが感じられるもの。

働いている人の多くは、有意義なことのために労働したいと考えているので、独善的な態度が表面に現れると嫌われることに。

こちらもご覧ください。嫌われる人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

悩みの尽きない人間関係の一つの出発というもの。ここでは、嫌われる人を診断チェック、してはいけないタブーとされる話し方などを紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。